Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Google Play Musicの曲をダウンロードする方法! スマホやPCで保存先からmp3ファイルをオフライン再生しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicはインターネットに接続できる環境であれば、どこでも好きな音楽をスマートフォンやパソコンで視聴できるサービスです。

視聴できる曲は3通りありますが、

曲の種類入手方法費用
アップロードした曲所有する楽曲ファイルをPCからアップロードする無料
個別購入した曲Play Storeから個別に楽曲を買う楽曲ごと異なる
定期購入した曲聴き放題のサブスクリプションを契約する月額980円〜

どれも共通して、デバイスへダウンロードできます(無料会員でも利用可能)。

デバイスに保存しておけば、オフライン再生できるため、ギガ(モバイルデータ通信量)を節約する意味でも、よく聴く楽曲ファイルはダウンロードしておくべきです。

そこで本記事では、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicのダウンロード手順とその特徴について、詳しく紹介します。

スマートフォンとパソコンでは、Play Musicダウンロード機能の違いが大きいため、それぞれ分けて解説しています。

Photo by Daria Dyachenko on Unsplash

 

  1. スマホ版Play Musicでオフライン再生向けにダウンロードする方法
    1. 重要:ダウンロードはあくまでオフライン再生向けの機能
    2. AndroidでPlay Musicから曲を保存する手順
    3. iPhoneでPlay Musicから曲を保存する手順
    4. ダウンロードした楽曲ファイルのみ表示する手順
    5. ダウンロードした楽曲ファイルをデバイスから削除する手順
  2. スマホ版Play Musicダウンロード機能のマニアックな情報まとめ
    1. 1曲ずつ個別/全曲まとめてダウンロードする方法
    2. 自動ダウンロードオプションとキャッシュについて
    3. モバイルデータ通信でダウンロードする方法
    4. SDカードへダウンロードする方法(Android向け)
    5. ダウンロードの進捗状況(キュー)を表示/管理する方法
    6. ダウンロードが開始されない場合
  3. スマホ版Play Musicで楽曲のmp3ファイルをダウンロードする方法
    1. 前提:Play Musicのダウンロード保存先について
    2. 方法①:保存先をSDカードへ変更してmp3ファイルを取り出す
    3. 方法②:Play Musicサイトから直接mp3ファイルをダウンロードする
    4. 方法③:内部ストレージから無理やりmp3ファイルを取り出す(要root)
    5. スマホでダウンロードするmp3ファイルの注意点まとめ
    6. 定期購入の楽曲をmp3でダウンロードする方法→規約で禁止
  4. PCからPlay Musicの曲をダウンロードする方法
    1. 重要:アップロード/購入した曲ならmp3でダウンロード可能
    2. ウェブプレーヤー(Google Play Musicサイト)からダウンロードする手順
    3. Google Play Music Managerからダウンロードする手順
  5. 補足:
    1. Play Musicに曲をアップロードできない場合
    2. スマホのPlay Musicアプリで楽曲が同期されない場合
  6. 〆:Play Musicの楽曲をオフラインでも楽しもう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ版Play Musicでオフライン再生向けにダウンロードする方法

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリのダウンロード機能について、基本情報を解説します。

パソコンからPlay Musicの曲をダウンロードする方法は後述しています(コチラをタップしてジャンプ)。

重要:ダウンロードはあくまでオフライン再生向けの機能

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでは、次の曲をダウンロードできます。

Android版・iPhone版で差分は(ほぼ)ありません。
ダウンロード対象ダウンロード可否
アップロード/購入した曲 – 1曲ずつ
アップロード/購入した曲 – プレイリスト単位
アップロード/購入した曲 – アルバム単位
アップロード/購入した曲 – すべて
定期購入しているプレイリスト
定期購入しているアルバム
定期購入しているラジオステーション
Play Musicで定期購入のアルバムやラジオステーションダウンロードする画面

定期購入しているアルバム(左)とラジオステーション(右)をダウンロードした例。

が、どの曲をダウンロードしても、mp3などのファイル形式で楽曲を保存することはできません。

スマホ向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリ最大の特徴です。ちなみにPC版であればmp3形式でダウンロード可能です。

スマートフォン向けのダウンロード機能は、ネットワークに繋がっていない環境でも、音楽を視聴するために用意される、いわば”オフライン再生専用”の機能です。

従って、例えば次のような操作には対応していません。

  • mp3ファイルで家族や友人に渡す
  • mp3ファイルで別デバイスに移す
  • 別のミュージックプレイヤーアプリで再生する
  • アラームや着信音として設定する
  • Play Storeで個別購入した楽曲をmp3ファイルで保存する
かなり面倒ですが、工夫すればスマートフォンでもmp3形式で楽曲をダウンロードする方法があります。詳細は後述します(コチラをタップしてジャンプ)。

以上を踏まえた上で、以降より基本的なダウンロード手順から、細かい仕様まで順番に解説します。

記事中では基本的にAndroidの画面で説明しています。一部iPhoneは該当しない箇所については、その都度触れています。

AndroidでPlay Musicから曲を保存する手順

iPhoneの手順はコチラをタップしてジャンプ。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードしたいプレイリストまたはアルバムを開き、Android版Play Musicのダウンロード開始アイコンアイコンをタップするとダウンロードが開始されます。

AndroidでPlay Musicから曲を保存する手順1

ダウンロード中のPlay Musicのダウンロード中アイコンアイコンをタップすればキャンセルできます。

Play Musicのダウンロード完了アイコンアイコンになればダウンロード完了で、通知にもその旨が表示されます。

AndroidでPlay Musicから曲を保存する手順2

iPhoneでPlay Musicから曲を保存する手順

Androidの手順はコチラをタップしてジャンプ。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードしたいプレイリストまたはアルバムを開き、iPhone版Play Musicのダウンロード開始アイコンアイコンをタップするとダウンロードが開始されます。

iPhoneでPlay Musicから曲を保存する手順1

ダウンロード中のPlay Musicのダウンロード中アイコンアイコンをタップすればキャンセルできます。

Play Musicのダウンロード完了アイコンアイコンになればダウンロード完了です。

iPhoneでPlay Musicから曲を保存する手順2

ダウンロードした楽曲ファイルのみ表示する手順

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでメニューより ダウンロード済みのみ を有効にすれば、保存済みの楽曲に絞ってライブラリを表示できます。

ダウンロードした楽曲ファイルのみ表示する手順

Android版Play Musicアプリの画面例(iPhone版でも手順は同様)。

オフライン再生したい楽曲を探すシーンで便利です。

ダウンロードした楽曲ファイルをデバイスから削除する手順

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードしたファイルを削除する方法は4通りあります。

  • 音楽ライブラリのプレイリストやアルバムから削除する
  • 設定のダウンロード管理一覧から削除する
  • Googleアカウントからログアウトする
  • 無料会員へ変更する(定期購入した楽曲のみ)
これら操作をしてもPlay Music上の楽曲ファイルは残るため、他デバイスに影響はありません(該当デバイス内に一時保存されるデータが消えるだけです)。

音楽ライブラリのプレイリストやアルバムから削除する

ダウンロード済みのプレイリストやアルバムではPlay Musicのダウンロード完了アイコンアイコンが表示されます。

これをタップすれば、ダウンロードしたファイルをデバイスから削除できます。

音楽ライブラリのプレイリストやアルバムからダウンロードした楽曲を削除する手順

Android版Play Musicアプリの画面例(iPhone版でも手順は同様)。

設定のダウンロード管理一覧から削除する

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの 設定ダウンロードの管理 と進み、各プレイリストやアルバムのPlay Musicのダウンロード完了アイコンアイコンをタップすれば、ダウンロードしたファイルをデバイスから削除できます。

設定のダウンロード管理一覧から保存した楽曲を削除する手順

Android版Play Musicアプリの画面例(iPhone版でも手順は同様)。

Googleアカウントからログアウトする

ダウンロードした楽曲ファイルは、Googleアカウントの紐付けが前提となります。

従って下記いずれかを実行して、デバイスからアカウント情報が削除されると、同時にダウンロードした楽曲ファイルも消えます。

  • Googleアカウントからログアウトする
  • 別のGoogleアカウントへ切り替える
Googleアカウントからログアウトしてダウンロードした楽曲を削除する手順

例えば、別のGoogleアカウントへ切り替えると警告メッセージが表示される。

無料会員へ変更する(定期購入した楽曲のみ)

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの会員区分が無料へ変わると、下記の変化があります。

  • 定期購入の楽曲はストリーミング再生できなくなる
  • 有料会員中にダウンロードした定期購入の楽曲はデバイスから削除される
無料会員へ変更してダウンロードした定期購入楽曲を削除する手順

定期購入しているアルバム(左)とラジオステーション(右)。ダウンロードはもちろん、ストリーミング再生も不可となる。

 

スマホ版Play Musicダウンロード機能のマニアックな情報まとめ

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリのダウンロード機能に関して、さらに細かい情報を解説します。

マニアックな内容も含まれるため、興味のある方はどうぞ。

1曲ずつ個別/全曲まとめてダウンロードする方法

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでは、プレイリストまたはアルバム単位の保存となるため、ダウンロード対象に次の制約があります。

  • 1曲ずつのダウンロードはできない
  • ライブラリの全曲をまとめてダウンロードできない

が、いろいろ工夫すれば、この課題を解決できます。

1曲ずつ個別に保存する手順

どうしても個別にダウンロードしたい場合、”1曲だけのプレイリストを作成する”という荒技もあります。

Play Musicアプリで1曲ずつ個別に保存する手順1

例えば「ダウンロード専用」など、分かりやすい名称にすると管理しやすいでしょう。

Play Musicアプリで1曲ずつ個別に保存する手順2

ライブラリの全曲をまとめてダウンロードする手順

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの仕様として、全曲ダウンロード機能が搭載されません。

すべての楽曲をオフラインで視聴したい場合、選択肢は下記2点です。

  • プレイリストまたはアルバム単位でダウンロード作業を繰り返す
  • PCから全曲をダウンロードして、デバイス内部ストレージに移す
後者の方法は、Android限定でiPhoneは非対応です。

スマートフォンの内部ストレージやSDカードに楽曲ファイルが保存されていれば、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリをミュージックプレーヤーとして使えます。

パソコンならライブラリの全曲をまとめてダウンロードできるので、スマートフォンのストレージに余裕があればオススメです。

Play Musicアプリでライブラリの全曲をまとめてダウンロードする手順

デバイス内に保存された楽曲は「ダウンロード済み」と認識される。

自動ダウンロードオプションとキャッシュについて

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでは、下記いずれかに該当する楽曲を自動でダウンロードする仕様となっています。

  1. ダウンロードしたプレイリストまたはアルバムに新しく追加された曲
  2. ストリーミング再生した曲

これは 設定自動ダウンロード が無効であっても機能します(詳細は後述します)。

ただし Wi-Fi接続時のみダウンロード が有効だと、Wi-Fiへ繋がるまでダウンロードは自動で開始されません。

逆に Wi-Fi接続時のみダウンロード が無効だと、 自動ダウンロード オプションに関わらずどんどんダウンロードが始まるため、パケ死(携帯プランの無料通信量の超過)するリスクが高まります。

自動ダウンロードの対象となる2条件について、それぞれカンタンに解説します。

条件①:ダウンロードしたプレイリストまたはアルバムに新しく追加された曲

すでにダウンロード済みのプレイリストまたはアルバムに新しい曲が追加された場合、特に操作せずとも自動でダウンロードが始まります。

プレイリストまたはアルバムに新しく追加された曲が自動ダウンロードされる画面

例えばプレイリスト「Mr.Children」をダウンロード対象としていると、曲の追加で自動保存される。

条件②:ストリーミング再生した曲

最近再生した楽曲はキャッシュ(一時データ)が残るため、ダウンロードせずともオフライン再生可能です。

見分け方として、表示対象を ダウンロード済みのみ へ切り替えた状態で、Play Musicのダウンロード完了アイコンアイコンではなくPlay Musicのダウンロード開始アイコンアイコンが表示されるプレイリストやアルバムが該当しています。

ストリーミング再生した曲が自動ダウンロードされる画面

これらはキャッシュ(一時データ)で再生しているに過ぎず、真の意味でダウンロードはされていません。

そのため 設定ダウンロードの管理 一覧にも表示されませんし、キャッシュの削除 を実行するとオフライン再生できなくなります。

ストリーミング再生した曲はキャッシュが残ってるだけでダウンロードはされてない

(左)ダウンロードの管理一覧 (右)キャッシュの削除

設定の「自動ダウンロード」オプションは関係ない?

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの 設定 には 自動ダウンロード というオプションが用意されており、デフォルトで有効になっています。

が、様々なパターンで検証した結果、このオプションを無効にした状態で下記いずれかの条件に合致した楽曲は、やはり自動でダウンロードする仕様となっていました。

  1. ダウンロードしたプレイリストまたはアルバムに新しく追加された曲
  2. ストリーミング再生した曲
「自動ダウンロード」を無効にしても自動でダウンロードが始まる画面

「自動ダウンロード」を無効にしても(左)、自動でダウンロードが始まる(右)。

「無効にしても結局は自動ダウンロードされる」ため、何のためにこのオプションが用意されているか分かりませんでした。。。

モバイルデータ通信でダウンロードする方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicのダウンロード機能は、デフォルトでWi-Fi接続時のみ可能となり、モバイルデータ通信(4G / LTE)だと次のメッセージが表示されます。

Wi-Fi接続なし
選択したアイテムは、次にデバイスがWi-Fiに接続したときにダウンロードされます。

これは 設定 より Wi-Fi接続時のみダウンロード をオフにすれば、モバイルデータ通信でも可能となります。

Play Musicアプリでモバイルデータ通信を使ってダウンロードする方法

Android版Play Musicアプリの画面例(iPhone版でも手順は同様)。

当然ですが、パケ死(携帯プランの無料通信量の超過)に注意しましょう。

SDカードへダウンロードする方法(Android向け)

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードした楽曲は、内部ストレージに保存されます。

ただ次の条件を満たしたデバイスであれば、SDカードへ保存先を変更できます。

  • Android OS 4.4以降が搭載されていること
  • SDカードに対応したデバイスであること

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの 設定 より 保存先外部 へ切り替えて下さい。

Play MusicアプリでSDカードへダウンロードする方法

条件を満たさないAndroidデバイスやiPhoneでは、設定項目が表示されません。

以後、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでダウンロードする楽曲はSDカードが保存先となります。

ファイル管理アプリを使えば、SDカードへ保存したmp3ファイルを取り出して別デバイスへ移すことも可能です。詳細は後述します(コチラをタップしてジャンプ)。

このように便利なSDカードですが、いろいろ注意点もあります。

  • 別デバイスにSDカードを挿し替えて使えない
  • Play Musicアプリ本体のデータは内部ストレージに保存されたまま

別デバイスにSDカードを挿し替えて使えない

楽曲を保存したSDカードを別のAndroidデバイスへ挿し替えても認識できません。

別デバイスにSDカードを挿し替えても使えない

従って、新しいデバイス側のPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで再度ダウンロードが必要です。

Play Musicアプリ本体のデータは内部ストレージに保存されたまま

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで保存先を変えても、アプリ本体のデータは相変わらず内部ストレージに存在します。

Play Musicアプリ本体のデータは内部ストレージに保存されたまま

保存先を外部としても(左)、アプリ情報としては内部ストレージを使用している(右)。

ストレージ容量の節約を目的とする場合、Play MusicアプリのアイコンPlay MusicアプリのあらゆるデータがSDカードに保存されるわけではない点を承知しておきましょう。

ダウンロードの進捗状況(キュー)を表示/管理する方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの 設定ダウンロード管理 へ進めば、ダウンロード機能に関する様々なデータを管理できます。

  • 進行中ダウンロード状況の確認
  • ダウンロードの一時停止
  • ダウンロード済み楽曲ファイルの一覧表示
  • ダウンロード済み楽曲ファイルの削除
  • ダウンロードによる内部/外部ストレージの消費量を確認
【ダウンロードキューとは?】 – ダウンロード待機中(待ち状態)のこと。

ダウンロードの進捗状況(キュー)を表示/管理する方法

「ダウンロードが終わらない」・「ダウンロード済み楽曲をオフライン再生できない」など困った場合、このメニューを確認すると参考になります。

ダウンロードが開始されない場合

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでダウンロードを実行しても、次のような通知が表示され、ダウンロード中のPlay Musicのダウンロード中アイコンアイコンが一向に進まない症状があります。

次回Wi-Fiに繋がったときにダウンロード開始します
音楽のダウンロードエラー
後でダウンロードを試行します。

Play Musicアプリで「音楽のダウンロードエラー」と表示される画面

メッセージは何も表示されない一方、同様にダウンロードが進まないケースもあります。

はっきりとした原因は分かっていませんが、次の操作が効果的です。

  • 一度ダウンロードをキャンセル(削除)してから再度試す
  • Wi-Fiをオフにしてから再接続する
  • 内部ストレージ容量不足を確認する
  • ダウンロード中は楽曲を再生しない
  • アプリやデバイスを再起動する

 

スマホ版Play Musicで楽曲のmp3ファイルをダウンロードする方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリからダウンロードした楽曲は、『基本的に』mp3などのファイル形式で取り出せません。

が、次の手段であれば、この課題を解決でき、

方法条件オススメ
①:SDカードから取り出すダウンロード先をSDカードへ変更できること★★★
②:Play Musicサイトから直接ダウンロードするPC版ブラウザへアクセスできること★★☆
③:内部ストレージから無理やり取り出すroot環境のあるAndroidを用意できること★☆☆

スマホ上の操作だけで、次の機能を実現可能です。

  • mp3ファイルで家族や友人に渡す
  • mp3ファイルで別デバイスに移す
  • 別のミュージックプレイヤーアプリで再生する
  • アラームや着信音として設定する
  • Play Storeで個別購入した楽曲をmp3ファイルで保存する
どの方法も操作手順はかなり面倒なので、どうしてもmp3形式で保存したい方向けの内容です。

それぞれ順番に解説します。

説明の流れ
  • 前提
    Play Musicのダウンロード保存先について
  • 方法①
    保存先をSDカードへ変更してmp3ファイルを取り出す
  • 方法②
    Play Musicサイトから直接mp3ファイルをダウンロードする
  • 方法③
    内部ストレージから無理やりmp3ファイルを取り出す(要root)
  • 参考
    スマホでダウンロードするmp3ファイルの注意点まとめ
  • 注意
    定期購入の楽曲をmp3でダウンロードする方法→規約で禁止
本項目の内容はすべてAndroid向けであり、iPhoneは対応していません。

前提:Play Musicのダウンロード保存先について

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードした楽曲は、内部ストレージの下記場所に保存されます。

data/data/com.google.android.music/files/music

この場所は通常のユーザーはアクセスできない領域のため、取り出すことができません。

また一部のネット記事では、内部ストレージの下記場所へ保存されると説明がありますが、

Android/data/com.google.android.music/files/music

次のように条件を変えて検証しても、全デバイスで確認できませんでした。

  • 複数のOSバージョン(Android 4.4〜10)
  • 複数の機種(例:Xperia / Galaxy)
  • 複数のPlay Musicアプリバージョン(ver 5.8〜8.22)

方法①:保存先をSDカードへ変更してmp3ファイルを取り出す

条件を満たせるなら、最もハードルが低くオススメな方法です。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードした楽曲は、内部ストレージに保存されます。

ただ次の条件を満たしたデバイスであれば、SDカードへ保存先を変更できます。

  • Android OS 4.4以降が搭載されていること
  • SDカードに対応したデバイスであること

この場合、次の場所へダウンロードしたmp3ファイルが保存されるため、ファイル管理アプリ等で取り出すことが可能です。

(SDカード)/Android/data/com.google.android.music/files/music/
通常のユーザーでもアクセスできる領域であるため、root権限も不要です。
説明の流れ
  • 説明①
    Play Musicでダウンロード保存先をSDカードへ切り替える方法
  • 説明②
    注意点:別デバイスにSDカードを挿し替えて使えない

Play Musicでダウンロード保存先をSDカードへ切り替える方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの 設定 より 保存先外部 へ切り替えて下さい。

Play MusicアプリでSDカードへダウンロードする方法

条件を満たさないAndroidデバイスやiPhoneでは、設定項目が表示されません。

以後、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでダウンロードする楽曲はSDカードが保存先となります。

SDにダウンロードした楽曲をファイル管理アプリで表示した画面

ダウンロードした楽曲がSDカード内にmp3ファイルとして確認できる。

注意点:別デバイスにSDカードを挿し替えて使えない

楽曲を保存したSDカードを別のAndroidデバイスへ挿し替えても認識できません。

別デバイスにSDカードを挿し替えても使えない

さらに別のAndroidへ挿した後、元のデバイスへ挿し戻した場合、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリ上はオフライン再生できる一方、ファイル管理アプリで次の場所を開いても認識できなくなりました。

(SDカード)/Android/data/com.google.android.music/files/music/
一度別デバイスでSDを挿すと元のデバイスでもファイル管理アプリで認識できなくなる

Play Musicアプリではダウンロードされているが(左)、ファイル管理アプリでは表示できない(右)。

なお挿し替えて使えないのは、Androidデバイスだけでした。

パソコンや、

macOSのFinder上でSDカード内に保存された楽曲を再生する画面

macOSのFinder上でSDカード内に保存された楽曲を再生した例。

iPadのSDカードスロットに挿した場合、ダウンロードした楽曲を再生できました。

iPadOSのファイルアプリ上でSDカード内に保存された楽曲を再生する画面

iPadOSのファイルアプリ上でSDカード内に保存された楽曲を再生した例。

iPadはiPadOS 13以降でないと認識できません。

方法②:Play Musicサイトから直接mp3ファイルをダウンロードする

操作が面倒ですが、どのデバイスでも条件を満たせる方法です。

パソコンであればブラウザ上のGoogle Play Musicサイトから、楽曲をmp3形式でダウンロード可能です。

逆に言えば、スマートフォンであっても、無理やりパソコン向けGoogle Play Musicサイトへアクセスできれば、同じようにmp3ファイルとしてダウンロード可能です。

説明の流れ
  • 手順①
    スマホでプレイミュージックサイトへアクセスする
  • 手順②
    プレイミュージックサイトからダウンロードする
  • 注意
    ダウンロードに失敗する場合

手順①:スマホでプレイミュージックサイトへアクセスする

通常、スマートフォンからブラウザ上のGoogle Play Musicサイトを開こうとすると、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリが強制起動するため先に進めません。

が、少し工夫すれば無理やり表示することが可能です。

記事中ではPixle 3a(Android 10)で動かすChromeアプリを例に說明します。

Google Play Musicサイトのリンク(←コレ)を長押しタップして、新しいタブで開く を選択。

真っ白な画面となったら、右上メニューを開き、

Androidでプレイミュージックサイトへアクセスする手順1

PC版サイト にチェックを入れれば、Google Play Musicサイトを表示できます。

Androidでプレイミュージックサイトへアクセスする手順2

同様のやり方で、iPhoneのブラウザでもGoogle Play Musicサイトを表示できます。が、その先のダウンロード作業がうまくいきません。。。

手順②:プレイミュージックサイトからダウンロードする

パソコン上の操作と同じ流れでダウンロードできます。

対象の楽曲を長押しメニューから ダウンロード を選び、

スマホでプレイミュージックサイトからmp3をダウンロードする手順1

直接ダウンロード今すぐダウンロード と進みます。

スマホでプレイミュージックサイトからmp3をダウンロードする手順2

ダウンロードが始まり、ブラウザで指定したダウンロード先フォルダへ保存されます。

スマホでプレイミュージックサイトからmp3をダウンロードする手順3

注意:ダウンロードに失敗する場合

次の症状が出て、ダウンロードに失敗するときがあります。

  • 「ダウンロード回数の上限に達した」と表示される
  • ダウンロードが開始されず画面に反応もない
「ダウンロード回数の上限に達した」と表示される

Google Play Musicサイトから直接ダウンロードする場合、(一部例外を除き)「1曲につき2回まで」という回数制限があります。

この仕様はパソコンから操作する場合も同じです。

ダウンロード回数によって表示されるメッセージにも変化があります。

スマホで「ダウンロード回数の上限に達した」と表示される画面

(左)ダウンロード回数残り1回のとき (右)ダウンロードの上限に達したとき

この場合、パソコンを用意の上、回数制限の影響を受けない方法でダウンロードが必要です。

ダウンロードが開始されず画面に反応もない

ダウンロードの回数制限に達していないにも関わらず、画面に反応がないときがあります。

この場合、次のような操作が有効です。

  • 「こちらをクリックしてください」より手動で再ダウンロードする
  • ページを更新してからダウンロードする

ダウンロードが開始されず画面に反応もないときの解決策

方法③:内部ストレージから無理やりmp3ファイルを取り出す(要root)

条件が非常に厳しい上、操作も面倒なため、マニアックなユーザー向けです。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードした楽曲は、内部ストレージの下記場所に保存されます。

data/data/com.google.android.music/files/music

この場所は通常アクセスできないため、取り出すことができません。

が、システム領域まで表示できるファイル管理アプリを使えば、この制約を突破できます。

本記事では例としてファイル管理アプリX-plore File ManagerのアイコンX-plore File Managerを使用します。

説明の流れ
  • 前提
    root環境のあるAndroidデバイスが必要
  • 説明①
    X-plore File Manager - mp3楽曲ファイルを保存する手順
  • 説明②
    X-plore File Manager - うまく動作しない原因と解決策
  • 参考
    そのほかシステム領域を表示できるファイル管理アプリ

前提:root環境のあるAndroidデバイスが必要

システム領域まで表示するにはroot必須となるため、まだ使用環境がなければ準備して下さい。

root化したAndroidは”メーカー保証の対象外となる”など様々なデメリットが生まれるほか、予期せぬエラーが発生し、最悪の場合Androidが動かなくなる恐れもあります。

くれぐれも自己責任でお試し下さい。

X-plore File Manager – mp3楽曲ファイルを保存する手順

X-plore File ManagerのアイコンX-plore File Managerのメニューから 設定 を開き、

X-plore File Managerでmp3楽曲ファイルを保存する手順1

「Rootディレクトリへのアクセス」で superuserとしてアクセス可能 となっているか確認します。

X-plore File Managerでmp3楽曲ファイルを保存する手順2

次にRoot領域を選択して、スーパーユーザー権限を許可して下さい。

X-plore File Managerでmp3楽曲ファイルを保存する手順3

後はRoot領域トップより下記ディレクトリを開けば、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでダウンロードした楽曲を確認できます。

/data/data/com.google.android.music/files/music

X-plore File Managerでmp3楽曲ファイルを保存する手順4

続いて、システム領域から内部ストレージの通常領域へファイルをコピーしましょう。

X-plore File Managerでmp3楽曲ファイルを保存する手順5

内部ストレージ直下「Music」フォルダへコピーする例。

これでスーパーユーザー権限に関わらず、全アプリが参照できる領域に楽曲ファイルが保存されました。

X-plore File Managerでmp3楽曲ファイルを保存する手順6

内部ストレージの通常領域へ保存した楽曲を、別ミュージックプレイヤーで再生する例。

X-plore File Manager – うまく動作しない原因と解決策

X-plore File ManagerのアイコンX-plore File Managerがうまく動作しない場合、次の2点を確認下さい。

  • スーパーユーザー権限を許可しているか
  • root済みの端末か
スーパーユーザー権限を許可しているか

root環境があっても、このアプリに対してスーパーユーザー権限が付与されていないとシステム領域を表示できません。

もし「スーパーユーザー権限を拒否されました」と表示される場合、権限状況を確認下さい。

X-plore File Managerがうまく動作しない原因と解決策1

「Magisk」でスーパーユーザー権限状況を確認した例。

root済みの端末か

root環境がなくても通常のファイル管理アプリとして機能しますが、非root端末にインストールしてもシステム領域を表示できません。

端末の環境を確認下さい。

参考:そのほかシステム領域を表示できるファイル管理アプリ

root権限を与えてシステム領域まで表示できるファイル管理アプリは、ほかにも「ESファイルエクスプローラー」や「Solid Explorer」があります。

が、それぞれ次のような欠点があるため、今回紹介したX-plore File ManagerのアイコンX-plore File Managerがオススメです。

ESファイルエクスプローラーセキュリティ関連の問題あり(2019年4月時点でGoogle Playより削除済み)
Solid Explorer無料で使える期間に限りがある

スマホでダウンロードするmp3ファイルの注意点まとめ

本項目で紹介した3つの方法すべてに共通する注意点です。

  • mp3ファイルの楽曲タイトル名が変わる
  • 定期購入の楽曲は再生できない
  • 楽曲のmp3ファイルが消える可能性がある

mp3ファイルの楽曲タイトル名が変わる

「方法②:Play Musicサイトから直接mp3ファイルをダウンロードする」であれば関係ありません。

ダウンロードしたmp3ファイルは、ID3タグが消されるため、タイトルがランダムな数字となります。

【ID3タグとは?】 – mp3ファイルの中に、アーティスト・作成年・曲名等の情報を書き込むための規格のこと 引用 Wikipedia – ID3タグ
SDにダウンロードしたmp3ファイルの楽曲タイトル名が変わる

例えばミスチルの「addiction」という曲は、mp3ファイル名が「1122」と変わる。

ダウンロードした曲数が多いと、管理が面倒です。

定期購入の楽曲は再生できない

定期購入のアルバムやラジオステーションなどは、DRMがかかっています。

【DRMとは?】 – Digital Rights Management(デジタル著作権管理)の略。ネット上の有料コンテンツの無制限な利用を防ぐために、オリジナルのデータを特定のソフトウェアあるいはハードウェアでしか再生できないようにする技術のこと。参考 Wikipedia – デジタル著作権管理

そのためmp3ファイルとして取り出しても、再生はできません。

定期購入の楽曲はSDに保存しても再生できない

例えば定期購入しているスピッツの楽曲は、ダウンロードしても再生できない。

なお次の楽曲であればこのような制限はないため、別デバイスで再生も可能です。

  • 自分でアップロードした曲
  • Play Storeから個別に購入した曲

楽曲のmp3ファイルが消える可能性がある

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで次の操作をすると、ダウンロードした楽曲が消えます。

  • 音楽ライブラリのプレイリストやアルバムから削除する
  • 設定のダウンロード管理一覧から削除する
  • Googleアカウントからログアウトする
  • 無料会員へ変更する(定期購入した楽曲のみ)

mp3ファイルとして取り出したい楽曲が見つからない場合、これら操作条件に合致した可能性があります。

それぞれの操作について、詳細は別項目で解説しています。

定期購入の楽曲をmp3でダウンロードする方法→規約で禁止

一部ネット上でも紹介されている通り、次の環境があれば、定期購入対象の楽曲もmp3形式でダウンロード可能です。

  • root済みAndroidデバイスでPlay Music Exporterというアプリを使う
  • 再生中の音楽を同時録音(キャプチャ)するパソコン向けソフトを使う

が、このようなDRM解除行為はGoogle Playの利用規約に違反するため、やめましょう。

当然ですが、有料会員中のみ聴き放題の楽曲を、個別にmp3ファイルとして保存すると解約後も視聴できるため、禁止されています。

なお、同時録音(キャプチャ)は厳密にはDRM解除ではなく、個人利用の範囲なら問題ないという意見もあります。

いずれにせよグレーゾーンであることに変わりはないため、推奨できません。

 

PCからPlay Musicの曲をダウンロードする方法

スマートフォンからPlay Musicの曲をダウンロードする方法は後述しています(コチラをタップしてジャンプ)。

重要:アップロード/購入した曲ならmp3でダウンロード可能

パソコンで動かすPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicでは、次の曲をダウンロードできます。

WindowsとMacで差分は(ほぼ)ありません。
ダウンロード対象ダウンロード可否
アップロード/購入した曲 – 1曲ずつ
アップロード/購入した曲 – プレイリスト単位
アップロード/購入した曲 – アルバム単位
アップロード/購入した曲 – すべて
定期購入しているプレイリスト
定期購入しているアルバム
定期購入しているラジオステーション

特にスマートフォン版と比較して、下記2点の違いが大きいです。

  • アップロード/購入した曲ならmp3ファイルでダウンロードできる
  • 有料会員でも聴き放題の曲をダウンロードできない

アップロード/購入した曲ならmp3ファイルでダウンロードできる

自分でアップロードした曲なら、会員区分(無料 / 有料)に関わらず、1曲単位やアルバム単位でmp3ファイル形式としてダウンロード可能です。

アップロードした楽曲を1曲ずつダウンロードする画面

アップロードした楽曲を1曲ずつダウンロードする例。

またPlayストアアプリのアイコンPlay Storeから個別に購入した楽曲も、同様にmp3として保存できます。

個別に購入した楽曲をダウンロードする画面

さらに下記いずれかの手法であれば、ライブラリにある全曲をまとめて保存することも可能です(詳細は別項目で解説しています)。

  • Google Play Music Managerでダウンロードする(その他のブラウザ向け)
  • Play Musicアプリでダウンロードする(Chrome向け)
PCで動かすPlay MusicアプリのアイコンPlay Music最大の特徴です。ちなみにスマホ版ではmp3で保存できません。

従って、パソコンにある音楽をオンラインストレージのようにクラウド上で管理する用途に向いています。

有料会員でも聴き放題の曲をダウンロードできない

たとえ有料会員であっても、定期購入している楽曲やラジオステーションはダウンロードできません。これは、定額制音楽配信サービスの仕様を考えると当然でしょう。

有料会員でも聴き放題の曲をダウンロードできない画面

定期購入している楽曲ではダウンロードメニューが存在しない。

定期購入している楽曲の中で、どうしても保存したい音楽がある場合、個別に購入するしかありません。

ネット上では、聴き放題の曲もmp3ファイル形式で保存する裏技が紹介されていますが、Googleの規約に違反しているため推奨できません。

以上を踏まえた上で、以降より基本的なダウンロード手順から、細かい仕様まで順番に解説します。

ウェブプレーヤー(Google Play Musicサイト)からダウンロードする手順

ブラウザ上のGoogle Play Musicサイトから、楽曲をmp3形式でダウンロード可能です。

使用しているパソコンのOS(Windows / Mac)やブラウザ種別(例:Chrome / Edge)に関わらず操作できます(一部機能はChromeのみ)。

目的別にダウンロード方法が2パターンあります。

  • アルバムまたは曲単位でダウンロードしたい
  • 全曲をまとめてダウンロードしたい(Chromeのみ可能)

アルバムまたは曲単位でダウンロードする方法

アルバムまたは曲単位でダウンロードしたいなら、Google Play Musicサイトでダウンロードしたいアルバムまたは曲を選び、Play Musicのメニューアイコンメニューより ダウンロード をクリック。

Play Musicウェブプレーヤーからアルバムまたは曲単位でダウンロードする手順1

ダウンロードが開始されます。

Play Musicウェブプレーヤーからアルバムまたは曲単位でダウンロードする手順2

全曲をまとめてダウンロードする方法(Chrome向け)

全曲をまとめてダウンロードしたいなら、Play MusicアプリをインストールしたChromeアプリのアイコンChromeを用意しましょう。

この方法はChromeのみ対応しています。もし他ブラウザで全曲ダウンロードしたいなら、Google Play Music Managerから操作下さい(詳細は後述の通り)。

Google Play Musicサイトで 設定 へ進み、

Play Musicウェブプレーヤーから全曲をまとめてダウンロードする手順1

ライブラリの ダウンロード をクリックします。

Play Musicウェブプレーヤーから全曲をまとめてダウンロードする手順2

保存先の場所を指定の上、今すぐダウンロード を実行。

Play Musicウェブプレーヤーから全曲をまとめてダウンロードする手順3

ライブラリにある全曲をまとめてダウンロードできます。

Play Musicウェブプレーヤーから全曲をまとめてダウンロードする手順4

なお、たまに次のようなメッセージが表示され、ダウンロードに失敗するケースがあります。

一度にダウンロードできるのは100曲までです。
選択する曲を少なくしてもう一度お試しください。

Play Musicで100曲以上のダウンロード時に表示されるメッセージ

この場合、ブラウザやパソコンの再起動すると改善することを確認しています。

ダウンロードの回数制限と解決策について

パソコンでは次の2条件どちらにも該当する場合、ダウンロードは「1曲につき2回まで」という制限があります。

  • ウェブプレーヤー(Google Play Musicサイト)からダウンロードする
  • 使用しているブラウザがChrome以外(例:Microsoft EdgeのアイコンEdge / SafariアプリのアイコンSafari)

1回目のダウンロードでは下記アラートが表示されます。

選択した曲をパソコンにダウンロードしてもよろしいですか?
ウェブ上でダウンロードできるのは1曲につき2回までです。
Music Managerを使用してライブラリ全体をパソコンにダウンロードする場合は、この制限はありません。

Play Musicダウンロードの回数制限で表示されるメッセージ(1回目)

2回目のダウンロードでは下記アラートが表示されます。

選択した曲をパソコンにダウンロードしてもよろしいですか?
「●●(曲名)」はダウンロードがあと1回のみです。
ウェブ上でダウンロードできるのは1曲につき2回までです。
Music Managerを使用してライブラリ全体をパソコンにダウンロードする場合は、この制限はありません。

Play Musicダウンロードの回数制限で表示されるメッセージ(2回目)

3回目以降のダウンロードでは下記アラートが表示され、実行できません。

選択した曲は既にダウンロード回数の上限に達しています。
ウェブ上でダウンロードできるのは1曲につき2回までです。
Music Managerを使用してライブラリ全体をパソコンにダウンロードする場合は、この制限はありません。

Play Musicダウンロードの回数制限で表示されるメッセージ(3回目以降)

検証したところ、たしかに複数回ダウンロードすると上限に達し、以後ダウンロードできなくなりました。

正確に2回までというわけではなく、カウントされるまで多少の時差があるため、短時間に5回ダウンロード、とかはできてしまう仕様でした。。。

すでに上限に達した楽曲を追加ダウンロードしたい場合、解決策は2パターンあります。

  • Google Play Music Managerで音楽をダウンロードする(その他のブラウザ向け)
  • Play Musicアプリで音楽をダウンロードする(Chrome向け)

なおややこしい仕様として、Play Musicアプリを使っているChromeアプリのアイコンChromeであっても、同様のアラートが表示されるケースがあります。

Play Musicアプリを搭載するChromeでもダウンロード上限のメッセージが表示される画面

Play Musicアプリを搭載するChromeでもメッセージが表示される例。

この場合、Chrome向けPlay Musicアプリを起動の上、ダウンロードを再試行すると回数制限に関わらず実行できます。

Play Musicのダウンロード上限に達していてもChromeなら実行できる画面

ダウンロード上限に達していてもChromeなら実行できる。

Google Play Music Managerからダウンロードする手順

この方法はChrome以外(例:Microsoft EdgeのアイコンEdge / SafariアプリのアイコンSafari)に対応しています。もしChromeアプリのアイコンChromeを使っているならウェブプレーヤー(Google Play Musicサイト)からダウンロードして下さい(詳細は先述の通り)。

Google Play Music Manager管理画面の ダウンロード タブから実行します。

Google Play Music Managerからダウンロードする手順1

保存先の場所を指定の上、ダウンロードを開始 をクリック。

Google Play Music Managerからダウンロードする手順2

ライブラリにある全曲をまとめてダウンロードできます。

Google Play Music Managerからダウンロードする手順3

なお、Google Play Music Managerではアルバムまたは曲単位のダウンロードに未対応で、ライブラリにある全曲が対象となります。

もし特定の楽曲だけ個別にダウンロードしたい場合、ウェブプレーヤー(Google Play Musicサイト)を使用して下さい。

また、たまに次のようなメッセージが表示され、ダウンロードに失敗するケースがあります。

●曲ダウンロードできませんでした
ダウンロードファイルの出力フォルダを作成できませんでした

Music Managerエラー「ダウンロードファイルの出力フォルダを作成できませんでした」

次の操作で直ることもありますが、ボクの経験上Google Play Music Manager自体の不具合のケースが多いため、復旧まで数日待つ必要があります。

  • Music Managerを再インストールする
  • アカウントに再ログインする
  • パソコンを再起動する

 

補足:

Play Musicに曲をアップロードできない場合

そもそもPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicに楽曲をアップロードできず困っている場合、次の原因をチェックして下さい。

  • 楽曲のファイル形式がPlay Musicでサポートされない
  • 楽曲を一度ライブラリから削除している
  • ChromeとPlay Musicでログイン中のアカウントが異なる
  • Play Musicのライブラリに問題がある
  • 楽曲ファイルのメタデータに問題がある
  • PCのネットワーク環境に問題がある

より詳細な情報は、関連記事【Google Play Musicに曲をアップロードできない問題の解決方法! PCから音楽を追加しよう】で解説しています。

Google Play Musicに曲をアップロードできない問題の解決方法! PCから音楽を追加しよう
この記事では、Google Play Musicに曲をアップロードできない原因を解説します。サポート外のファイル形式やライブラリの問題などを対処すれば、解決できます。

スマホのPlay Musicアプリで楽曲が同期されない場合

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで、ライブラリの楽曲が同期されず困っている場合、次の原因をチェックして下さい。

  • PC側のアップロード/編集作業の完了を確認する
  • アプリ側で「ダウンロード済みのみ」を無効にする
  • アプリ側で音楽ライブラリを手動更新する
  • ログイン中のGoogleアカウントが正しいか確認する
  • アプリ側で自動同期をオンにする(Androidのみ)
  • スマホのストレージ容量不足を確認する
  • アプリデータを初期化する

より詳細な情報は、関連記事【Google Play Musicが同期されない問題の解決方法! PCのプレイリスト更新をスマホに反映しよう】で解説しています。

Google Play Musicが同期されない問題の解決方法! PCのプレイリスト更新をスマホに反映しよう
この記事では、Google Play Musicの音楽ライブラリが同期されない問題の解決策を解説します。具体的に、PC・スマホそれぞれの設定状態を確認する手順を説明しています。

 

〆:Play Musicの楽曲をオフラインでも楽しもう!

以上、Google Play Musicの曲をダウンロードする方法! スマホやPCで保存先からmp3ファイルをオフライン再生しよう の説明でした。

かなりボリュームの多い内容となりましたが、それだけPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicのダウンロード機能は奥が深いです。。。

特にスマートフォンの場合、視聴する頻度の高い曲はダウンロードしておくことで、ギガ(モバイルデータ通信量)を節約できてオススメです。

ぜひ、ご参考下さい。

参考 Google Play Musicヘルプ – オフラインで聴けるように曲をダウンロードする

参考 Google Play Musicヘルプ – 定期購入または無料トライアルの解約

Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく管理人をフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. アンダマンナイト より:

    すいません、記事の主題とは違うのですが、教えてほしい事があります。
    以前、Google play ストアのライブラリでアプリ履歴を見れること知ったのですが、その前に全部消してしまいました。もうこれは二度と見ることはできないのでしょうか?

    • ボクの知る限り、一度消したPlay Storeのアプリ履歴を復元する方法はありません。

      (同じアプリを再インストールすることで、ライブラリに再追加はできると思いますが・・・)

タイトルとURLをコピーしました