Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Google Play Musicの音量を統一する方法! 曲ごとボリュームを自動調整しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicはインターネットに接続できる環境であれば、どこでも好きな音楽をスマートフォンやパソコンで視聴できるサービスです。

が、視聴する曲によって音量にバラツキがあり、その都度ボリューム調整した経験はないでしょうか?

本記事では、可能な限りこの問題を解決する方法を紹介します。

最初に結論ですが、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの標準機能として楽曲のボリュームを統一する設定は搭載されないため、残念ながらすべてのデバイスに共通する解決策は存在しません。

が、機種依存の機能や外部アプリケーションを使う代替策はあります。

方法AndroidiPhoneWindowsMac
デバイス標準の音量ノーマライズ機能を使う××
外部ミュージックプレイヤーで再生する〇(オススメ)〇(オススメ)〇(オススメ)
楽曲ファイル自体の音量を修正する〇(オススメ)

各項目について、デバイス種別(Android / iPhone / Windows / Mac)ごと解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AndroidでGoogle Play Musicの音量を統一する方法

方法は3パターンありますが、どれも課題があります。

方法課題
①:デバイス標準の音量ノーマライズ機能を使う一部機種しか対応していない
②:外部ミュージックプレイヤーで再生するPlay Musicの曲をダウンロードする作業が面倒
③:楽曲ファイル自体の音量を修正するPlay Musicの曲をダウンロードする作業が面倒
方法②が、どの機種に対しても共通してオススメできます。

方法①:Play Musicアプリのイコライザーを使う

Androidの場合、機種によっては「曲どうしの音量レベルをそろえる」機能が標準搭載され、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで再生する楽曲にも適用可能です。

定期購入の楽曲にも適用できる点が魅力ですが、機種によって対応していないケースが多い欠点があります。

まず、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの設定メニューより イコライザー を開きます。

【イコライザーとは?】 – 音質を調整する機能のこと。特定の周波数帯域を強調または減退させることで、全体的な音質を補正できる上級者向けの設定。

Play Musicアプリのイコライザーを使う手順

この先はデバイスごと純正のオーディオ設定を開くため、機種によって調整できる項目が異なります。

Pixel系列とGalaxy系列のイコライザー設定例

(左)Pixel系列のイコライザー設定 (右)Galaxy系列のイコライザー設定

このうち、最近のXperiaシリーズでは ダイナミックノーマライザー という機能が搭載され、有効にすれば曲どうしの音量レベルをそろえることが可能です。

Xperiaシリーズではダイナミックノーマライザー機能を有効にする手順

ダイナミックノーマライザーを有効にした後、Play Musicを再生すると音量の変化に気づく。

「ダイナミックノーマライザー」機能は、Play MusicアプリのアイコンPlay Music以外のアプリ(例:YouTubeアプリのアイコンYouTube)にも適用されるため、動画や楽曲の音量レベルの差を縮めたいシーンで便利です。

参考 Sony公式 – Xperia使いこなしガイド(ダイナミックノーマライザー)

このようにAndroidの機種によっては、純正のノーマライズ機能を利用することでPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲ボリュームを統一できます。

機種依存であるのが難点ですが、まずはお使いのデバイスでお試し下さい。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの設定に イコライザー が表示されない場合、次の2点が原因として考えられます。

  • そもそもイコライザーに対応していない機種を使っている(参考)
  • 一時的なバグが起きている→アプリの初期化等で解決できる場合あり

Androidでアプリをリセットする手順の詳細は、関連記事【Androidでアプリを初期化する方法! 設定をリセットしてゲームデータを削除しよう】で解説しています。

Androidでアプリを初期化する方法! 設定をリセットしてゲームデータを削除しよう
この記事では、Androidでアプリを初期化する方法を解説しています。設定をリセットしてゲームデータを削除したいシーンで便利です。

方法②:外部ミュージックプレイヤーで再生する

「曲どうしの音量レベルをそろえる」機能が搭載される外部ミュージックプレイヤーで再生すれば、音量レベルをそろえることが可能です。

操作の流れとしては次のようになります。

  1. Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでダウンロードする
  2. 外部ミュージックプレイヤーで再生する

ほんらいの趣旨からずれますが、この方法なら機種に依存せず対応できる魅力があります。ただ次の2点が欠点となります。

  • Play Musicの曲をダウンロードする作業が面倒
  • 定期購入の楽曲は対象外(保存できないため)

まずはPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでAndroidに保存して下さい。

mp3ファイルを用意できたら、さっそくPlayストアアプリのアイコンPlayストアよりアプリをインストールしましょう。

「曲どうしの音量レベルをそろえる」機能が搭載されるミュージックプレイヤーは、ほとんどが有料アプリとなり、例えば下記がオススメです。

参考 Powerampフォーラム – リプレイゲインってどう使うの?

これらアプリは他にも高度な機能が搭載されるため、音質にこだわりたい方にオススメです。

なおGalaxyシリーズをお使いなら、純正アプリGalaxy MusicのアイコンGalaxy Musicの スマートボリューム 機能もオススメです。

Galaxy Musicでスマートボリュームを有効にする手順

設定よりスマートボリュームを有効にすればOK。

方法③:楽曲ファイル自体の音量を調整する

専用アプリを使えば、音量が著しく高い or 低い楽曲を修正することが可能です。

操作の流れとしては次のようになります。

  1. Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでダウンロードする
  2. 専用アプリでボリュームを修正する

ほんらいの趣旨からずれますが、この方法なら機種に依存せず対応できる魅力があります。ただ次の2点が欠点となります。

  • 1曲ずつ音量を編集する作業が面倒
  • 定期購入の楽曲は対象外(保存できないため)

まずはPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでAndroidに保存して下さい。

mp3ファイルを用意できたら、さっそくPlayストアアプリのアイコンPlayストアよりアプリをインストールしましょう。

例えばMP3 Music Amplifier & Sound BoosterのアイコンMP3 Music Amplifier & Sound Booster – Audio Gainがオススメです。

使い方はカンタン。

Select より音量を修正したい楽曲ファイルを内部ストレージから選び、

MP3 Music Amplifier & Sound Boosterで音量を統一する手順1

メーターを動かして音量を調整後、Apply よりファイル名と保存先を決め、DONE で完了です。

PREVIEWで楽曲を再生しながらだと調整しやすいです。

MP3 Music Amplifier & Sound Boosterで音量を統一する手順2

保存先はデフォルトで下記ディレクトリとなりますので、

/Mp3Amplifier

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで再生する場合は、内部ストレージやSDカード直下の Music フォルダへ移して下さい。

Mp3Amplifier フォルダのままだと、編集した楽曲ファイルを認識できませんので注意。

ボリューム調整に特化したアプリとなるため、シンプルで使いやすいです。一方、広告が多いのが欠点です。

その他にも着メロメーカーのアイコン着メロメーカーというアプリもオススメですので、合わせてどうぞ。

補足:Play Musicアプリ全体のボリュームを固定する方法

Androidの音量は5種類に大別されます。

  1. 着信・通知の音量
  2. メディアの音量
  3. アラームの音量
  4. イヤホンの音量
  5. 受話音量

それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動しません。

このうちPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリは「メディアの音量」に該当しますが、アプリ全体で一括設定となるため個別に音量値を定めることはできません。

例えばYouTubeアプリのアイコンYouTube視聴中にボリュームを上げ、その後Play MusicアプリのアイコンPlay Musicを起動すると、高い音量の状態が維持されます。

そこで便利なのがApp Volume ControlアプリのアイコンApp Volume Controlで、アプリごと指定した音量値を記憶して、そのアプリを開くと自動でボリューム変更してくれます。

App Volume Control
App Volume Control
Developer:SpyCorp
Price:Free
今回の目的である「楽曲ごとの音量を統一」はできませんが、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリ専用のボリューム値を自動設定したいならオススメです。

App Volume ControlアプリのアイコンApp Volume Controlの使い方について、詳細は関連記事【Androidの音量をアプリごと調整/記憶する方法! メディア機能個別に自動でボリュームを変更しよう】で解説しています。

Androidの音量をアプリごと調整/記憶する方法! メディア機能個別に自動でボリュームを変更しよう
Androidの音量は5種類に大別されます。 着信・通知の音量 メディアの音量 アラームの音量 イヤホンの音量 受話音量 それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動...

 

iPhoneでGoogle Play Musicの音量を統一する方法

方法は2パターンありますが、どれも課題があります。

方法課題
①:外部ミュージックプレイヤーで再生するPlay Musicの曲をPCから移す作業が面倒
②:楽曲ファイル自体の音量を修正する音量の修正はPCで作業する必要あり

iPhoneにもデバイス標準の音量ノーマライズ機能は搭載されますが、iOSミュージックアプリのアイコンミュージックアプリ専用となり、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで再生する楽曲には適用できません。

どの方法も課題がありますが、強いて言えば、方法①がオススメです。

方法①:標準のミュージックアプリで再生する

iPhoneの場合、標準のiOSミュージックアプリのアイコンミュージックアプリに「曲どうしの音量レベルをそろえる」機能が搭載されます。

‎Apple Music
‎Apple Music
Developer:Apple
Price:Free

操作の流れとしては次のようになります。

  1. Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでパソコンにダウンロードする
  2. パソコンからiPhoneへ楽曲を移す
  3. iOSミュージックアプリのアイコンミュージックで再生する

ほんらいの趣旨からずれますが、この方法が一番マシだと思います。ただ次の2点が欠点となります。

  • Play Musicの曲をダウンロード&iPhoneへ移行する作業が面倒
  • 定期購入の楽曲は対象外(保存できないため)

まずはPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでパソコンへ保存して下さい。

続いてiTunes等でパソコンからiPhoneへ楽曲を移して下さい。

ここまで用意できたら、iOS設定アプリのアイコン設定より ミュージック を開き、音量を自動調整 を有効にすればOK。

参考 Appleサポート – iPhoneで音楽のサウンドを変更する

方法②:楽曲ファイル自体の音量を調整する

専用のソフトで音量が著しく高い or 低い楽曲を修正してから、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで再生する方法です。

ただ下記2点を理由にパソコンが必要となります。

  • iPhone単体でPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでダウンロードできない
  • 楽曲ファイルの音量を編集できるiPhone向けアプリが乏しい

操作の流れとしては次のようになります。

  1. Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでパソコンにダウンロードする
  2. パソコンで楽曲ファイルの音量を編集する
  3. 編集した楽曲をパソコンからPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicへアップロードする

ほんらいの趣旨からずれますが、この方法ならPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリ上で再生できます。ただ次の2点が欠点となります。

  • 1曲ずつパソコンで音量を編集してアップロードする作業が面倒
  • 定期購入の楽曲は対象外(保存できないため)

次の2点はそれぞれ関連記事で解説しています。

  • Play Musicの楽曲をmp3ファイルで保存する方法
  • Play Musicへ楽曲をアップロードする方法
Google Play Musicの曲をダウンロードする方法! スマホやPCで保存先からmp3ファイルをオフライン再生しよう
この記事では、Play Musicのダウンロード機能を徹底的に解説します。無料会員でも楽曲を保存してオフライン再生可能です。またスマホ上の操作でmp3ファイルを取り出す手順も説明しています。
Google Play Musicの使い方! クラウドで曲を保存/再生して音楽専用のオンラインストレージにしよう
この記事では、Google Play Musicの基本と使い方を解説します。無料版・有料版の違いから、実際に楽曲をアップロードする手順、有料サブスクリプション音楽を再生する手順など説明しています。

パソコンで楽曲ファイルの音量を編集する方法は、本記事の後半で解説しています(コチラをタップしてジャンプ)。

 

パソコンでGoogle Play Musicの音量を統一する方法

方法は3パターンありますが、どれも課題があります。

方法課題
①:デバイス標準の音量ノーマライズ機能を使うWindowsのみ対応
②:外部ミュージックプレイヤーで再生するPlay Musicの曲をダウンロードする作業が面倒
③:楽曲ファイル自体の音量を修正するPlay Musicの曲をダウンロードする作業が面倒
方法③なら、修正後の楽曲をアップロードすればスマホのPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでも視聴できるため、オススメです。

方法①:OS標準のラウドネス等化機能を使う(Windows向け)

Windowsの標準機能である「ラウドネス等化(Loudness Equalization)」を使えば、楽曲の音量レベルをそろえることが可能です。

タスクバーの音量アイコンを右クリックして、サウンドの設定を開く へ進み、

Windows標準のラウドネス等化機能を使う手順1

出力デバイスに関して、デバイスのプロパティ を開きます。

Windows標準のラウドネス等化機能を使う手順2

拡張(Enhancements)タブより ラウドネス等化(Loudness Equalization) にチェックを入れ、適用 すればOK。

Windows標準のラウドネス等化機能を使う手順3

「ラウドネス等化(Loudness Equalization)」機能は、Play MusicアプリのアイコンPlay Music以外(例:YouTubeアプリのアイコンYouTube)にも適用されるため、動画や楽曲の音量レベルの差を縮めたいシーンで便利です。
Macには同様の機能がありません。

方法②:外部ミュージックプレイヤー(iTunes等)で再生する

「曲どうしの音量レベルをそろえる」機能が搭載される外部ミュージックプレイヤーで再生すれば、音量レベルをそろえることが可能です。

パソコン向けソフトはいろいろありますが、本記事ではApple社が提供するミュージック(iTunes)のアイコンミュージック(iTunes)アプリを例に説明します。

操作の流れとしては次のようになります。

  1. Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでパソコンにダウンロードする
  2. ミュージック(iTunes)のアイコンミュージック(iTunes)で再生する

ほんらいの趣旨からずれますが、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をパソコンでしか視聴しないならオススメの方法です。ただ次の2点が欠点となります。

  • Play Musicの曲をダウンロードする作業が面倒
  • 定期購入の楽曲は対象外(保存できないため)

まずはPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでパソコンへ保存して下さい。

mp3ファイルを用意できたら、さっそくミュージック(iTunes)のアイコンミュージック(iTunes)アプリで再生しましょう。

Macの画面を例に説明します。

メニューバーより 環境設定 を開き、

Appleミュージックで「曲どうしの音量レベルをそろえる」手順1

音量を自動調整 を有効にすればOK。

Appleミュージックで「曲どうしの音量レベルをそろえる」手順2

参考 Appleサポート – Macの「ミュージック」で音量を調節する

自動調整の品質に不満がある場合、iVolumeのアイコンiVolumeというMac向けソフトの組み合わせもオススメです(使い方の詳細は割愛します)。

方法③:楽曲ファイル自体の音量を調整する

専用ソフトを使えば、音量が著しく高い or 低い楽曲を修正することが可能です。

操作の流れとしては次のようになります。

  1. Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの楽曲をmp3ファイルでダウンロードする
  2. 専用ソフトでボリュームを修正する
  3. 編集した楽曲をパソコンからPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicへアップロードする

ほんらいの趣旨からずれますが、この方法ならスマートフォン側でも音量調整後の楽曲を再生できます。ただ次の2点が欠点となります。

  • 1曲ずつ音量を編集する作業が面倒
  • 定期購入の楽曲は対象外(保存できないため)

次の2点はそれぞれ関連記事で解説しています。

  • Play Musicの楽曲をmp3ファイルで保存する方法
  • Play Musicへ楽曲をアップロードする方法
Google Play Musicの曲をダウンロードする方法! スマホやPCで保存先からmp3ファイルをオフライン再生しよう
この記事では、Play Musicのダウンロード機能を徹底的に解説します。無料会員でも楽曲を保存してオフライン再生可能です。またスマホ上の操作でmp3ファイルを取り出す手順も説明しています。
Google Play Musicの使い方! クラウドで曲を保存/再生して音楽専用のオンラインストレージにしよう
この記事では、Google Play Musicの基本と使い方を解説します。無料版・有料版の違いから、実際に楽曲をアップロードする手順、有料サブスクリプション音楽を再生する手順など説明しています。

mp3ファイルを用意できたら、さっそく楽曲の音量を編集しましょう。

Windows向けではMP3GainのアイコンMP3Gainというソフトが有名で、その他MP3 Volume ChangerAudacityも同様の機能があるのでお試し下さい。

Windows向けMP3Gainソフトの画面

Windows向けMP3Gainソフトの画面。

Mac向けにもMP3GainのアイコンMP3Gainは存在しますが、バージョンが古いためうまく動作しない可能性もあります。その他の代替ソフトはコチラのサイトにてまとめられています。

補足:Windows Media Playerの音量自動調整について

標準ソフトWindows Media PlayerのアイコンWindows Media Playerにも、音量の自動調整機能が搭載されます。

Windows Media Playerで音量自動調整を設定する手順

が、楽曲ファイルの形式等、適用条件がいくつかあり、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicから保存した楽曲向けではありませんでした。

 

〆:快適なボリュームでPlay Musicを視聴しよう!

以上、Google Play Musicの音量を統一する方法! 曲ごとボリュームを自動調整しよう の説明でした。

課題はありますが、どのデバイスも共通して「曲どうしの音量レベルをそろえる」機能が搭載される外部ミュージックプレイヤーの使用がオススメです。

またWindowsの場合、音量を調整するソフトが豊富なので合わせてチェックしてみて下さい。

参考 Google Playヘルプ – フォーラムの質問と回答

スポンサーリンク
Google Play Music
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました