YouTubeショートを消す方法! 見たくないShorts動画を非表示にしよう

スポンサーリンク
YouTube

この記事では、YouTubeショートのアイコンYouTubeショートを消す方法を解説します。

「邪魔」・「気持ち悪い」と感じていれば、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

YouTubeショートを消す方法

前提:YouTubeショートとは?

TikTokのアイコンTikTokやInstagramのアイコンInstagramのような、縦長の短い動画を視聴できる機能です。

YouTubeのアイコンYouTubeの「ショート」タブや、関連動画の1つとして表示されます。

YouTubeショートの説明

例えば、赤枠箇所のように表示される。

本パートでは、これらYouTubeショートのアイコンYouTubeショートに関連する表示の消し方を紹介します。

YouTubeのアイコンYouTube標準機能では提供されないため、別途ブラウザの拡張機能を用意します。

ChromeのアイコンChromeブラウザが必要となるので、事前にコチラから導入してください。

なお記事中ではWindows PCの画面で説明しますが、Macも同様です。

別ブラウザ(FirefoxのアイコンFirefox)の手順は、記事後半に紹介しています。

方法:Chrome拡張機能No YouTube Shortsを使う

No YouTube Shorts
No YouTube Shorts
開発者: 不明
金額: 無料

No YouTube ShortsのアイコンNo YouTube Shortsをインストールします。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方1

Chromeに追加する。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方2

拡張機能を追加する。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方3

無事、追加されればOK。

準備はこれだけ。

YouTubeショートのアイコンYouTubeショートに関連する表示がオフになれば成功です。

表示が変わらない場合、ページを更新(再読み込み)してください。

▼サイドバーから消える例

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方4

適用前。赤枠の箇所に表示される。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方5

適用後。表示が消える。

▼サイドメニューから消える例

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方6

適用前。赤枠の箇所に表示される。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方7

適用後。表示が消える。

▼関連動画から消える

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方8

赤枠箇所の表示が、適用後は消える。

▼急上昇から消える

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方9

赤枠箇所の表示が、適用後は消える。

元の状態に戻す方法です。

一時的に無効化したい場合、「拡張機能を管理」よりNo YouTube ShortsのアイコンNo YouTube Shortsをオフにします。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方10

①拡張機能を開く→②拡張機能を管理

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方11

No YouTube Shortsをオフにする。

または完全にやめたい場合、拡張機能No YouTube ShortsのアイコンNo YouTube Shortsを削除すればOK。

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方12

①拡張機能を開く→②メニューを開く→③Chromeから削除

Chrome拡張機能No YouTube Shortsの使い方13

削除を確定する。

参考:その他の方法について

No YouTube ShortsのアイコンNo YouTube Shortsに類似する拡張機能として、Youtube-shorts blockのアイコンYoutube-shorts blockもオススメです。

Youtube-shorts block
Youtube-shorts block
開発者: 不明
金額: 無料
Youtube-shorts blockの使い方1

Chromeに追加する。

Youtube-shorts blockのアイコンYoutube-shorts blockを開き、下記にチェックを入れて機能を有効にします。

左メニューの"ショート"タブを非表示
ショート動画を非表示

YouTubeショートのアイコンYouTubeショートに関連する表示がオフになれば成功です。

表示が変わらない場合、ページを更新(再読み込み)してください。
Youtube-shorts blockの使い方2

①拡張機能を開く→②Youtube-shorts blockを選択

Youtube-shorts blockの使い方3

赤枠をクリックして、さらにメニューを開く。

Youtube-shorts blockの使い方4

赤枠にチェックを入れて、有効にする。

またStylebotのアイコンStylebotなど、カスタムCSSを登録して非表示にする方法もあります。

少しCSSコードの知識が必要となりますが、興味があれば合わせてお試しください。

Stylebotの使い方

拡張機能のインストール画面。

 

補足:Firefoxの設定方法

Youtube-shorts block
Youtube-shorts block
開発者: itachi_doma
金額: 無料

FirefoxのアイコンFirefoxの場合、Youtube-shorts blockのアイコンYoutube-shorts blockがオススメです。

下記にチェックを入れて機能を有効にすれば、YouTubeショートのアイコンYouTubeショートに関連する表示がオフになります。

左メニューの"ショート"タブを非表示
ショート動画を非表示
表示が変わらない場合、ページを更新(再読み込み)してください。
FirefoxでYouTubeショートを消す手順1

アドオンのインストール画面。

FirefoxでYouTubeショートを消す手順2

赤枠にチェックを入れて、有効にする。

ただ動作が不安定で、しっかり適用されないシーンを確認してます。

相性が悪い場合、別のアドオンを探してみましょう。

参考 Firedox – アドオン検索

“youtube shorts”と検索すると、いろいろヒットします。
FirefoxでYouTubeショートを消す手順3

Firefoxアドオンの検索画面。

 

〆:YouTube Shortsをブロックしよう!

以上、YouTubeショートを消す方法! 見たくないShorts動画を非表示にしよう の説明でした。

YouTubeショートのアイコンYouTubeショートの仕様上、無効にはできないため、記事中で紹介したようなブラウザ拡張機能が必要となります。

最初に設定すれば、あとは自動で非表示となり、YouTubeのアイコンYouTube画面が見やすくなりますよ。

ぜひ、どうぞ。

スマートフォン(Android/iPhone)の場合、拡張機能やカスタムCSSを組み合わせることで、同様にYouTubeサイトの邪魔な表示をオフにできます。が、YouTube公式アプリ上では実現できません。

参考 YouTubeヘルプ – YouTubeショートの利用を開始する

YouTube
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました