AndroidでYouTube広告を非表示にする方法! Adを自動でブロックしてアプリの宣伝をスキップしよう [root不要]

YouTube

YouTubeアプリを視聴していると、動画再生前に広告が強制表示されるケースが多いです。

広告には「スキップ」ボタンがありますが、数秒間は押せない仕様となっているため、待つのが面倒ですよね。

通常のYouTubeアプリの広告仕様。

そこで本記事では、YouTubeの広告をスキップする2つのAndroid向けアプリを紹介します。

  • YouTube Vanced
  • Cygery AdSkip for YouTube

YouTube Vanced」は改造版YouTubeアプリで、広告の非表示機能に加え、バックグラウンド再生もできます。

Cygery AdSkip for YouTube」は、広告自動スキップ機能を公式版YouTubeアプリへ追加できます。

好みに合わせてそれぞれお試し下さい。どちらのアプリもインストール手順が少し面倒ですが、root不要で導入できます。

YouTubeの広告にうんざりしている方は、ぜひご覧あれ。

photo by Wonder How To

 

スポンサーリンク

YouTube Vanced – 使い方

「YouTube Vanced」を使えば、改造版YouTubeアプリで、広告を完全に非表示とできます。さらにバックグラウンド再生も搭載されます。

機能や見た目は公式版YouTubeアプリと差異はないため、公式版の使用にこだわりがなければ、コチラのアプリが便利でオススメです。

アプリを入手する

このアプリはGoogle Playで配布されないため、apkからアプリのインストールが必要です。

ダウンロード YouTube Vanced – apk(No Root)

最新バージョンを選択してapkを入手して下さい。

apkによってテーマカラーが設定されます。いくつか試して好きな色を選んで下さい。

apkをダウンロードできたらインストールして下さい。

YouTube広告の非表示を検証する

インストール後、専用のアプリアイコンが追加されます。

初期設定不要ですぐ使い始めることができます。

見た目は公式版YouTubeアプリと同様ですが、動画を視聴開始してもまったく広告が表示されないことを確認できます。

YouTubeのバックグラウンド再生もできる

「YouTube Vanced」で再生する動画は、アプリを閉じてもバックグラウンドで流し続けることができます。

画面をロックしてスリープ状態になっても、BGMは止まりません。

「root不要」かつ「ほぼ完璧なバックグラウンド再生を実現」できるのは魅力的です。

Googleアカウント連携は追加アプリが必要

「YouTube Vanced」でGoogleアカウントにログインするとエラーが表示されます。

この問題を解消するには、追加アプリ「MicroG」が必要です。

「YouTube Vanced」と同じ配布サイトへアクセスし、apkを入手・インストールして下さい。

ダウンロード MicroG – apk

「MicroG」を導入すれば、「YouTube Vanced」でもGoogleアカウントにログインして、マイチャンネルなど公式版YouTubeと同様に使用できるようになります。

「MicroG」にアイコンはないためドロワーのアプリ一覧には表示されません。

 

Cygery AdSkip – 使い方

「Cygery AdSkip for YouTube」を使えば、公式版YouTubeアプリで見たくない広告の音声をシャットアウトし、さらにスキップを自動的に行なってくれます。

公式版YouTubeアプリの使用にこだわりがある方にオススメです。

このアプリはGoogle Playで配布されないため、apkからアプリのインストールが必要です。

ダウンロード Cygery AdSkip – apk

ただapkは「XDA Labs」で配布されるため、XDAアカウントを事前に作成する必要があります。

事前準備:XDAアカウントを作成する

リンク「Cygery AdSkip – apk」を開き、ダウンロードボタンをタップすると、XDAアカウントへのログインが求められます。

初めて「XDA Labs」を利用するなら、「JOIN XDA DEVELOPERS」へ進んで下さい。

「Login with Google」よりGoogleアカウントを連携すればカンタンに登録できてオススメです。

適当に「Username(ユーザー名)」を決め、「Authorize」を選択。

これでXDAアカウントの登録が完了です。

改めてリンク「Cygery AdSkip – apk」を開き、ダウンロードボタンをタップするとapkファイルのダウンロードが始まります。

アプリを初期設定する

apkをダウンロードできたらインストールして下さい。

続いて初期設定を行います。

「Cygery AdSkip」を開き、画面遷移に従って「ユーザー補助」→「Cygery AdSkip Service」と進み、

権限を有効にします。

以上で初期設定は完了。

「Cygery AdSkip」の設定画面は、2項目トグルのオン / オフができますが、どちらもデフォルトのオンのままでOKです。

YouTube広告の自動スキップを検証する

後は、YouTubeアプリで動画を視聴して、実際に広告が自動スキップすることを確認できればOKです。

広告が表示される数秒の間、動画の音声がミュートとなり、広告内容が何も聞こえなくなります(広告の動画自体は進みます)。

そしてスキップできるようになると、ユーザー自身の操作不要で、自動でスキップが実行され、目的の動画が再生され始めます(ここでミュートも自動で解除されます)。

「Cygery AdSkip」有効中のYouTubeアプリの広告仕様。

欠点:成功率は100%ではない

「Cygery AdSkip」の欠点として、たまに広告を自動スキップしてくれないケースがあります。

その場合は、通常の手順で「スキップ」ボタンをタップする必要があります。

 

〆:AndroidでYouTubeを視聴するなら必須アプリ

以上、AndroidでYouTube広告を非表示にする方法! Adを自動でブロックしてアプリの宣伝をスキップしよう [root不要] の説明でした。

今までYouTube広告がスキップできるまでイライラしていましたが、今回紹介したアプリのおかげでだいぶ改善されました。

Android上のYouTubeアプリを多用するなら、ぜひ導入を検討してみて下さい。

YouTube
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント