滞在国で見れないYouTubeコンテンツ規制を回避する方法! 日本でも非公開の動画を解除できる

スポンサーリンク

過去記事でも取り上げましたが、YouTubeを見ているとたまに「この動画は、お住いの国では公開されていません。」というメッセージが表示され、動画を見れないことがあります。

関連記事

YouTube region restriction checker – 動画規制コンテンツが厳しい非公開国が分かるサイト

上記記事では、非公開と設定している国別の規制状態をチェックできるサイトを紹介しましたが、もし日本を始め、現在動画にアクセスしている自国がその規制対象となっている場合、通常は動画の視聴は諦めるしかありません。

が、実はちょっとした工夫でこの非公開を回避することができます。

本記事では、自国のYouTubeで非公開となっている動画を見る方法を紹介します。

スポンサーリンク

YouTubeで非公開動画を見る方法

YouTubeが規制されているとは?

まず本記事で取り上げている「YouTubeの規制動画」について解説します。

具体的には下記のような状態を指します。

「この動画は、お住いの国では公開されていません。」と表示され、動画が再生できません。

YouTubeの公式ヘルプページにも下記の通り說明がされています。

一部の YouTube 動画は、次の理由によりお客様の居住国ではご利用できない場合があります。

動画の所有者が特定の国でのみコンテンツを利用できるように選択している(通常はライセンスや権利が原因)。
各地域の法律に準拠するために、YouTube 側で特定のコンテンツをブロックしている可能性がある。

引用 YouTube ヘルプ – 居住している地域で動画を再生できない

今回は、この状態になっていても、動画を無理やり見る方法を說明します。

手順①:規制されていない国を探す

例えば日本で見ようとしたYouTube動画が規制されていて見れないとき、YouTubeにアップされている以上、世界のどこかの国では見れるはずです。

そこで、海外サイト「YouTube region restriction checker」を使って対象動画が規制されていない国を探します。

具体的なサイトの使い方は下記記事をどうぞ。

関連記事

YouTube region restriction checker – 動画規制コンテンツが厳しい非公開国が分かるサイト

手順②:IPアドレスを偽造する

見たい動画が規制されていない国が分かれば、続いてその国へIPアドレスを偽造します。

こうすることで、日本にいながらもYouTube上はあたかも規制されていない国からの接続と認識され、動画が見れるようになります。

IPアドレスを偽造するサービスが様々ありますが、無料でカンタンに使用できる「TunnelBear」がオススメです。サービスの紹介や使い方については下記記事をどうぞ。

関連記事

TunnelBear – VPNでIPアドレスを好きな国へ偽造! 使い方も超カンタンな無料アプリの使い方

手順③:動画を見れるように!

当初はこの通り、ボクの滞在国ではSaturday Night Liveの「Bushwick, Brooklyn 2015 – SNL」という動画が見れませんでしたが、

この動画が見れる国を「YouTube region restriction checker」で探し、アプリ「TunnelBear」を使ってその国のIPアドレスへ偽造をすることで、

この通り、見れるようになりました!

補足:年齢によって動画が制限されている場合

本記事では「滞在国」によるYouTubeの制限動画を突破する方法を記載していますが、それ以外のパターンとして「年齢」による規制がかかっていることがあります。

この場合は、対象動画のURLを一部変更することで回避できる可能性があります。

詳細は別記事でまとめています。

関連記事

[YouTube] 動画のコンテンツに関する警告を年齢確認ログインなしで回避する裏ワザ

〆:見れない動画があれば試してみよう!

以上、滞在国で見れないYouTubeコンテンツ規制を回避する方法! 日本でも非公開の動画を解除できる の說明でした。

普段YouTubeを使っていて、めったに規制画面に遭遇することはありませんが、日本の場合、海外発のYouTube動画の中には、非公開となっている傾向が高いよう。

もしそのような見たい動画が日本では非公開で困っていたら、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい