Floating for YouTube – ChromeでYouTubeをピクチャ・イン・ピクチャできる無料拡張機能

スポンサーリンク

macOS Sierraの目玉機能の1つに「ピクチャ・イン・ピクチャ」がありますが、SafariやiTunes等、特定のアプリでのみ対応がされており、Google Chromeで再生している動画に対しては使うことができません。

実は以前、MacのGoogle Chromeで擬似的に「ピクチャ・イン・ピクチャ」を使えるようにする拡張機能「Picture in Picture Viewer」を紹介しましたが、使用するのに必要な試験運用機能「パネル」がGoogle Chromeから削除されたため、代替サービスを探していました。

関連記事

Picture in Picture Viewer – MacのGoogle Chromeでピクチャ イン ピクチャできる無料拡張機能

そこで本記事では、Google ChromeでYouTubeをピクチャ イン ピクチャできる無料拡張機能「Floating for YouTube」を紹介します。

動画サイトはYouTubeに限定されますが、Windows・Macに対応しています。

スポンサーリンク

Floating for YouTube – できるコト

ChromeでYouTubeをピクチャ イン ピクチャできる

「Floating for YouTube」を使えば、どんなYouTube動画もピクチャ イン ピクチャのように、画面上のミニプレーヤーとして再生可能です。

設定場所は画面内どこでもOK

さらに本家のピクチャ イン ピクチャは画面内四隅いずれかに場所が限定されますが、「Floating for YouTube」はそのような制約はなく、どこでも設置できます。

Chromeでピクチャ イン ピクチャしたいならオススメ!

以前紹介した「Picture in Picture Viewer」はYouTubeに限らず、ニコニコ動画にも対応していたため、YouTubeのみという点は残念ですが、Google ChromeのYouTubeでピクチャ イン ピクチャをしたいなら、「Floating for YouTube」は有力な候補となりそうです。

Floating for YouTube – 使い方

手順①:アプリと拡張機能を入手

まず、Google Chrome アプリ「Floating for YouTube」をインストールします。

インストール Floating for YouTube

さらにより使い勝手を良くするために、拡張機能「Floating for YouTube Extension」も合わせてインストールします。

インストール Floating for YouTube Extension

インストールできたら、特に初期設定は不要で、すぐに使い始めることができます。

手順②:YouTubeでピクチャ イン ピクチャ!

さっそくYouTubeでピクチャ イン ピクチャしてみましょう。

まずYouTube で任意の動画を開き、追加した「Floating for YouTube Extension」のアイコンをクリックします。

すると開いているYouTube動画のフレームのみが、ミニプレーヤーとして浮き出て表示されるようになります。

手順③:フレームを調整する

表示されたミニプレーヤーに用意された主な調整項目を紹介します。

位置を変える

ミニプレーヤーの位置を変更するには、フレームにマウスオーバーすると表示される十字キーアイコンをドラッグすると、画面内どこでも移動ができます。

フレーム枠をドラッグしても反応はなく、あくまで十字キーアイコンをクリックした状態でしか移動ができないのでご注意を。

大きさを変える

ミニプレーヤーの大きさを変更するには、フレーム枠にカーソルを合わせドラッグすると、縦横自由に大きさを変えられます。

常に最前面で表示するか

「Floating for YouTube」で表示されるミニプレーヤーは、デフォルトでは常に前面に表示されるようになっているため、画面内でアプリを複数表示していても、常に最前面でYouTube動画を確認することができます。

この設定はフレームにマウスオーバーすると表示されるピンアイコンをクリックすると解除され、

通常のアプリウインドウと同様の扱い(=選択中のアプリが優先的に前面表示)となります。

設定を解除した状態の例。「システム環境設定」ウインドウを選択中のため、一部ミニプレーヤーが隠れている。

参考:一度に開ける動画は1つだけ

参考として、「Floating for YouTube」でピクチャ イン ピクチャできるミニプレーヤーの数は1つまでとなります。

そのため、すでにミニプレーヤーが表示された状態で、別の新しいYouTubeに対し「Floating for YouTube」を実行すると、プレーヤーが上書きされ、新しいYouTubeが既存のプレーヤー枠に表示される形となります。

〆:Chromeでもピクチャ イン ピクチャできる!

以上、Floating for YouTube – Google ChromeでYouTubeをピクチャ イン ピクチャできる無料拡張機能 の說明でした。

適用できる動画はYouTubeに限定されますが、それでも「Floating for YouTube」を使えばGoogle Chromeでピクチャ イン ピクチャが可能となります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい