macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法まとめ

スポンサーリンク

最近macOS Sierra 10.12.2がリリースされ、ボクもアップデートしました。

今回のアップデートで色々と機能の仕様変更がされており、特に気になったのが電池(バッテリー)の残り時間が非表示となった点があります。

非表示となった背景として、従来表示されていたバッテリー残り時間が正確ではなく、表示時間より早く電池がなくなるケースもあり、ユーザーから「Macの電池持ちは悪い!」と批判が出ていたため、最新OSで機能的に消去したと言われています。

ただ、ボクのように外出先でMacを使うユーザーからすると、概算であってもバッテリー残り時間が分かることで、充電タイミングを予想できる等、色々便利だったシチュエーションもあったため、残してほしかった機能なんじゃないかな、と思います。

そこで本記事では、最新macOSで非表示となった電池残り時間を確認する方法をまとめて紹介します。

大きく、サードパーティ製アプリ「Battery Monitor」を使ってメニューバー上で確認する方法と、Mac標準の「アクティビティモニタ」or「ターミナル」で調べる方法と、2通り說明しています。

スポンサーリンク

電池残り時間を確認 – Battery Monitor

まず最初に、サードパーティ製アプリ「Battery Monitor」を使って、最新macOSでも電池残り時間を確認する方法から記載します。

Battery Monitor – 特徴

まず、「Battery Monitor」アプリでできるコトを解説します。

メニューバーからバッテリー残り時間が分かる!

macOS Sierra 10.12.2へアップデート後、メニューバーのバッテリーアイコンをクリックしても、従来表示されていた「残り〇〇分」といった残り時間の表記がなくなっています。

そこで「Battery Monitor」アプリがあれば、この通り現在の充電ステータスが表示され、右下の「Remaining」にて残り時間も把握することができます。

メニューバーの表示方法はカスタマイズOK

さらに、メニューバーに表示されるアイコンはカスタマイズ可能なので、下記通り、メニューバー上で直接バッテリー残り時間を確認できます。

ストレスなくバッテリー残り時間を確認できる!

「Battery Monitor」アプリがあれば、従来のMac機能と同じ感覚でバッテリー残り時間を確認できます。

後述する、サードパーティ製アプリをインストールせず、Macの標準機能だけで残り時間を把握する手段もありますが、手順が煩雑であるため、本アプリがオススメです。

さっそく下記より、その使い方を解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、「Battery Monitor」をApp Storeよりダウンロードします。

Battery Monitor: Health, Info
Battery Monitor: Health, Info
Developer: デベロッパ:Rocky Sand Studio Ltd.
Price: Free

macOS 要件:10.10 以上

価格:無料

特に初期設定は不要で、メニューバーに「Battery Monitor」アイコンが表示されます。

このアイコンをクリックすると現在のバッテリーステータスが表示され、右下の「Remaining」にて残り時間が分かるようになります。

手順②:アイコン表示形式をカスタマイズする

さらにメニューバーに表示されるアイコンをカスタマイズすることもできます。

左上アイコンをクリックして、

表示されるメニューより「Preferences…」を選択。

各種項目にチェックを入れると、メニューバーに表示されるアイコンがカスタマイズできます。

Open at Login:ログイン時にBattery Monitorアプリを自動起動

Show Icon in Dock:Dock上にBattery Monitorアプリを表示

Show Percentage:メニューバー上に充電%を表示

Show Battery Time:メニューバー上に残り時間を表示

Hide Icon:メニューバー上にアイコンを非表示

Show Charge Indicator:アイコンをMacデフォルトデザインへ変更

Notification:電池が指定した%になった際 通知を表示

個人的には、「Show Percentage」・「Show Battery Time」・「Show Charge Indicator」の3つにチェックを入れることで、Macデフォルトのバッテリーアイコンデザインで充電%と残り時間がメニューバーに表示されるため、オススメのカスタマイズとなっています。

電池残り時間を確認 – Mac標準機能

次に、Mac標準機能である「アクティビティモニタ」or「ターミナル」を使って、最新macOSでも電池残り時間を確認する方法を記載します。

先ほどとは異なり、別途アプリをインストールすることなく実現できる点がメリットです。

方法①:アクティビティモニタで確認

1つ目が「アクティビティモニタ」で確認する方法。

アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「アクティビティモニタ」と進み、

「エネルギー」タブ内下部にて、残り時間をチェックできます。

メニューバーから確認はできず、いちいち「アクティビティモニタ」を開く必要はありますが、シンプルに残り時間をチェックしたいだけなら十分有用な方法となります。

方法②:ターミナルで確認

2つ目が「ターミナル」で確認する方法。

アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」と進み、

下記コマンドを入力して enter で実行。

するとターミナル画面上に、「2:11 remaining(=残り2時間11分)」のように、バッテリー残り時間が表示されます。

この方法もメニューバーから確認はできず、いちいち「ターミナル」を開き、さらにコードも覚えておく必要はありますが、普段からターミナルに慣れ親しんでいる方にとっては、むしろ使いやすいかもしれません。

〆:用途に合致した方法で電池残量を確認しよう!

以上、macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法まとめ の說明でした。

「Battery Monitor」を使えば、従来のMacで使えていたバッテリー表示機能を再現できるため、便利なオススメアプリです。

また、もし「新たにアプリをインストールしたくない!」という方は、後半紹介したMacの既存機能だけで残り時間をチェックする方法をお試し下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい