Battery Monitor – macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する無料アプリ

スポンサーリンク

最近macOS Sierra 10.12.2がリリースされ、ボクもアップデートしました。

今回のアップデートで色々と機能の仕様変更がされており、特に気になったのが電池(バッテリー)の残り時間が非表示となった点があります。

非表示となった背景として、従来表示されていたバッテリー残り時間が正確ではなく、表示時間より早く電池がなくなるケースもあり、ユーザーから「Macの電池持ちは悪い!」と批判が出ていたため、最新OSで機能的に消去したと言われています。

ただ、ボクのように外出先でMacを使うユーザーからすると、概算であってもバッテリー残り時間が分かることで、充電タイミングを予想できる等、色々便利だったシチュエーションもあったため、残してほしかった機能なんじゃないかな、と思います。

そこで本記事では、最新macOSで非表示となった電池残り時間をメニューバーで表示してくれる無料アプリ「Battery Monitor」を紹介します。

スポンサーリンク

Battery Monitor – できるコト

メニューバーからバッテリー残り時間が分かる!

macOS Sierra 10.12.2へアップデート後、メニューバーのバッテリーアイコンをクリックしても、従来表示されていた「残り〇〇分」といった残り時間の表記がなくなっています。

そこで「Battery Monitor」アプリがあれば、この通り現在の充電ステータスが表示され、右下の「Remaining」にて残り時間も把握することができます。

メニューバーの表示方法はカスタマイズOK

さらに、メニューバーに表示されるアイコンはカスタマイズ可能なので、下記通り、メニューバー上で直接バッテリー残り時間を確認できます。

ストレスなくバッテリー残り時間を確認できる!

「Battery Monitor」アプリがあれば、従来のMac機能と同じ感覚でバッテリー残り時間を確認できます。

サードパーティ製アプリをインストールせず、Macの既存機能だけで残り時間を把握する手段もありますが、手順が煩雑であるため、本アプリがオススメです。

[アプリインストール不要] macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法
[アプリインストール不要] macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法
以前記事にした通り、最新のmacOS Sierra 10.12.2では電池(バッテリー)の残り時間が...

Battery Monitor – 使い方

手順①:アプリを入手

まず「Battery Monitor」をApp Storeよりダウンロードします。

互換性: OS X 10.7 以降、64ビットプロセッサ

手順②:メニューバーから残り時間をチェック!

インストール後特に初期設定は不要で、メニューバーに「Battery Monitor」アイコンが表示されます。

このアイコンをクリックすると現在のバッテリーステータスが表示され、右下の「Remaining」にて残り時間が分かるようになります。

手順③:アイコン表示形式のカスタマイズ方法

さらにメニューバーに表示されるアイコンをカスタマイズすることもできます。

左上アイコンをクリックして、

表示されるメニューより「Preferences…」を選択。

各種項目にチェックを入れると、メニューバーに表示されるアイコンがカスタマイズできます。

  • Open at Login:ログイン時にBattery Monitorアプリを自動起動
  • Show Icon in Dock:Dock上にBattery Monitorアプリを表示
  • Show Percentage:メニューバー上に充電%を表示
  • Show Battery Time:メニューバー上に残り時間を表示
  • Hide Icon:メニューバー上にアイコンを非表示
  • Show Charge Indicator:アイコンをMacデフォルトデザインへ変更
  • Notification:電池が指定した%になった際 通知を表示

個人的には、「Show Percentage」・「Show Battery Time」・「Show Charge Indicator」の3つにチェックを入れることで、Macデフォルトのバッテリーアイコンデザインで充電%と残り時間がメニューバーに表示されるため、オススメのカスタマイズとなっています。

〆:従来とほぼ同じ機能を再現できて便利!

以上、說明でした。

「Battery Monitor」を使えば、従来のMacで使えていたバッテリー表示機能を再現できるため、便利なオススメアプリです。

また、もし「新たにアプリをインストールしたくない!」という方は、Macの既存機能だけで残り時間をチェックする方法もあります。

[アプリインストール不要] macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法
[アプリインストール不要] macOS Sierra 10.12.2で非表示となった電池(バッテリー)残り時間を表示する方法
以前記事にした通り、最新のmacOS Sierra 10.12.2では電池(バッテリー)の残り時間が...

「Battery Monitor」と比べると、若干手順が面倒ですが、合わせてご参照あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする