TunnelBear – VPNでIPアドレスを好きな国へ偽造 使い方も超カンタンな無料アプリ [Windows/Mac/iOS/Android対応]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2914_20

全世界でインターネットサービスが普及されている現在ですが、未だに国によってダウンロードできるアプリ・視聴できる動画・アクセスできるサイトに制限があり、全世界共通の環境とはいえません。

が、そんな規制に直面した際でも、VPNIPアドレスを好きな国へ偽造することで、自国では使えないサービスを利用できるようにする裏技があります。

本記事では、そんなIPアドレスを自由に偽造できる超便利で使い方もカンタンな無料アプリ「TunnelBear」を紹介します。

OSも、Windows・Macのほか、iOS(iPhone/iPad)・Androidに対応しており、MacとiOS・Androidにおけるアプリの設定手順についても記事内で解説します。

スポンサーリンク

「TunnelBear」でできるコト

好きな国へIPアドレスを偽造できる

「TunnelBear」を使えば、好きな国へIPアドレスを偽造することができます。

IPアドレスを変えれば、アクセスしている国を擬似的に変更することができるので、例えば日本では見れないけど、アメリカでは見れる動画も、日本にいながら見れるようにできます。

主要20ヶ国へ対応

「TunnelBear」は下記主要20ヶ国へ対応しているため、この国の中で好きなIPアドレスへ偽造ができます(2016年11月現在)。

  • イギリス
  • アメリカ
  • カナダ
  • ドイツ
  • 日本
  • アイルランド
  • スペイン
  • フランス
  • イタリア
  • オランダ
  • スウェーデン
  • スイス
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • ブラジル
  • 香港
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • メキシコ
  • インド

2914_21

500MB通信まで高速通信を無料で利用可

「TunnelBear」は、500MBの通信まで無料で利用することができます。もちろん速度も高速ですし、何より操作が非常にカンタンです。

世の中には数多くのVPNサービスが提供されていますが、「速度が速く安定している」・「無料」・「操作がカンタン」の三拍子が揃ったサービスとして「TunnelBear」はトップクラスだと感じます。

「TunnelBear」の使い方

冒頭紹介した通り、「TunnelBear」はWindows・Mac・iOS・Androidに対応しています。

本記事ではこの内、Mac・iOS・Androidの設定手順と使い方を解説します。

「TunnelBear」:Mac編

手順①:アプリを入手

「TunnelBear」のサイトへアクセスし、Mac用のアプリをダウンロードします。

2914_22

  • アプリ使用要件:Mac 64-bit OSX 10.10 and later

Zipファイルを解凍後、アプリケーションフォルダへ移動させます。

手順②:アカウント作成

アプリを起動し、Macにヘルパーツールをインストールします。

2914_23

続いて、初回利用時は専用のアカウント作成が必要となりますので、画面に従って新規作成をします。

まず、ログイン画面にある「Create a Free Account」をクリック。

2914_24

登録するメールアドレスとパスワードを記入します。

2914_25

その後、アプリのチュートリアル画面が表示されるので、「Next」をクリックして先に進んでいきます。

2914_26

メールアドレスへ確認メールが届いているので、アカウントの認証をします。

2914_27

こんなメールが届いています。

2914_28

無事認証がされました。

2914_29

以上で初期設定は完了です。

手順③:使ってみる

いよいよMacで「TunnelBear」を使ってみます。

メニューバーに表示されるアイコンをクリックし、アプリの操作ウインドウを表示させます。

2914_30

まずIPアドレスを偽造したい先の国を設定します。デフォルトではアメリカとなっていますが、冒頭紹介した通り20ヶ国から好きな国を設定できます。

2914_32

国を選ぶと「Tunnel to 国名」と表示されるので「Yes」をクリック。するとその国のIPアドレスに偽造した状態でVPN接続がされます。

2914_33

以上がMacにおける「TunnelBear」の基本的な使い方となります。

「TunnelBear」:iOS(iPhone/iPad)・Android編

基本的な手順は先ほどのMac編同様、「アプリ入手」→「アカウント作成」→「IPアドレス偽造」という流れです。

手順①:アプリを入手

「TunnelBear」をインストールします。

TunnelBear Free VPN - Unlimited Secure VPN Proxy

TunnelBear Free VPN – Unlimited Secure VPN Proxy
無料
posted with アプリーチ
  • アプリ使用要件:iOS 7 以上/Android 4.0 以上

手順②:アカウント作成

アプリを起動するとアカウント作成画面となります。まだ持っていなければ「無料アカウントを作成」と進みます。

その後、登録したメールアドレスへ確認メールが届きます。

2914_34

メールより「アカウントを確認」をタップすると、認証が完了します。

2914_35

ちなみに、iOSの場合は「TunnelBear」利用規約への同意が求められるポップアップが表示されます。

2914_38

以上で初期設定は完了です。

手順③:使ってみる

いよいよスマホで「TunnelBear」を使ってみます。

まずIPアドレスを偽造したい先の国を設定します。

2914_36

Androidの場合、VPN接続に関する注意ポップアップ表示後、そのまま設定した国へIPアドレスを偽造して接続できるようになります。

2914_37

iOSの場合、VPN接続設定に「TunnelBear」情報を追加する必要があります。

アプリ上で表示されるポップアップ「”TunnelBear” Would Like to Add VPN Configurations」で「Allow」を選択すればOKです。

2914_39

以上がiOS(iPhone/iPad)とAndroidにおける「TunnelBear」の基本的な使い方となります。

〆:カンタンに操作できてオススメ!

以上、說明でした。

通常、VPN接続はある程度知識がないと設定が難しい場合が多いのですが、「TunnelBear」なら誰でもカンタンに操作できちゃいます。

利用も基本無料なので、日本で規制されているけど海外ならOKなサービスに遭遇した際、ぜひご活用あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする