Apple IDを忘れた際の解決方法! 分からないiCloudのアカウント(メールアドレス)やパスワードを再設定しよう

iCloud

iCloudやiTunesなど、Apple標準の公式サービスの利用には「Apple ID」登録が大前提となっており、ほぼ全てのiOS / macOSユーザーは登録しているでしょう。

ただ、Apple IDは複数個作成するのも可能なため、過去作成したアカウントのIDやパスワードが分からず困っている方もいるはず。

そこで本記事では、Apple IDを忘れた際の解決方法を紹介します。

分からない情報(ID / パスワード)別の手順を解説しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Jorge Elías

 

Apple IDを忘れた際の解決方法

 

Apple IDが分からないケース

まず、Apple IDのID自体を忘れてしまった場合の解決策です。

アカウントのIDは基本的に「メールアドレス」で設定され、一般的なアドレス(例:Gmail / Yahoo!メール)か無料のiCloudメール、どちらかで登録します。

関連記事

Apple IDをスマートフォンで新規作成する方法! iPhoneやAndroidでiCloudアカウントを登録しよう

もしこのID(メールアドレス)が分からないなら、下記の通り2パターンの確認手段が用意されています。

iOS(iPhone / iPad)やmacOSでログイン中のApple IDから確認する

ブラウザ上の「Apple ID アカウント管理ページ」から確認する

それぞれ解説します。

iOS/macOS端末上で確認する

普段使っているiOS(iPhone / iPad)やmacOS(MacBookなど)でログイン中でないかチェックしてみましょう。

記事中ではiPhone 8 Plus(iOS 11.2.5)、MacBook Pro(macOS 10.13.3)を例に説明しています。

iOSの場合、「設定」→「ユーザー名」よりページトップにログインしているApple ID(メールアドレス)を確認できます。

また、「iCloud」と「iTunesとApp Store」とで別々のApple IDを使用しているケースなら、それぞれ独立して表示されます。

macOSの場合、「システム環境設定」より「iCloud」へ進み、

ログインしているApple ID(メールアドレス)を確認できます。

ブラウザ上で確認する

もし使用している端末上でもアカウントのID(メールアドレス)を確認できない場合、最後の手段としてブラウザ上の「Apple IDアカウント管理ページ」へアクセスしましょう。

「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」→「Apple IDを忘れてしまった場合:こちらで検索できます。」へ進み、

Apple ID作成時に登録した「姓・名」と「メールアドレス」を入力して検索してみます。

情報が一致すれば「Apple IDが見つかりました」と表示され、登録しているメールアドレスを確認できます。

一方、情報が一致しないと「Apple IDが見つかりません」と表示されます。

ほとんどの場合、Apple IDは現在使用しているいずれかのメールアドレスで設定しているはずなので、手当たり次第にアドレスを入力してみます。

また、例え入力したメールアドレスがApple IDとして登録中でも、「姓・名」が一致しないと「Apple IDが見つかりません」と出てしまいます。

結婚・離婚等でApple ID登録時点と現在で名前が変わっている可能性や、漢字ではなく英語(アルファベット)で登録していないか、注意して下さい。

参考 Appleサポート – Apple ID を忘れた場合

 

Apple IDのパスワードが分からないケース

次に、Apple IDのパスワードを忘れてしまった場合の解決策です。

もしApple ID自体(メールアドレス)とパスワードの両方が分からない場合、まずは先述した手順でID(メールアドレス)を確認して下さい。

まずブラウザ上の「Apple IDアカウント管理ページ」へアクセスし、「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」よりパスワードを忘れたApple IDのメールアドレスを入力します。

「リセットする情報の種類」として「パスワードをリセット」を選ぶとApple IDに対して設定してあるセキュリティの種類に応じて、パスワード復旧の手段が複数表示されます。

例えば「メールを受け取る」を選択すると、主要メールアドレスまたは修復用メールアドレスにメールが届くので、

リンク先よりパスワードをリセットして下さい。

一方「セキュリティ質問に答える」を選択すると、Apple IDで登録した「誕生日」入力後、「セキュリティ質問」を回答すればパスワードをリセットできます。

それ以外に、Apple IDで「2ファクタ認証」や「2ステップ確認」を有効にしている場合は、信頼しているiOSデバイスや送られる復旧キーよりパスワードをリセットができます。

参考 Appleサポート – Apple ID のパスワードを忘れた場合

 

〆:アカウントを復旧する手段を把握しておこう!

以上、Apple IDを忘れた際の解決方法! 分からないiCloudのアカウント(メールアドレス)やパスワードを再設定しよう の説明でした。

記事中で説明した通り、Apple IDのパスワードを忘れた際、登録している「メールアドレス」や「セキュリティ質問」が復旧のキーになるパターンが多いため、「Apple IDアカウント管理ページ」よりアカウントに登録されている情報の整理をしっかりとしておきましょう。

ぜひ、ご参考あれ。

iCloud
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント