Macで外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作る方法! 保存先を変更して容量不足を解決しよう

スポンサーリンク
iOS

本記事では、iTunesのアイコンiTunesやFinderのアイコンFinderのiPhoneバックアップを、Macと接続した外付けHDDへ保存する方法を紹介します。

macOSの内部ストレージがバックアップデータで容量圧迫して困っていれば、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

外付けHDDにFinderのバックアップを直接作成する方法

次の流れで作業します。

  1. バックアップデータのフォルダを削除する
  2. 外付けHDDにフォルダを作成する
  3. ターミナルでシンボリックリンクを作成する

外付けHDDをお持ちでなければ、先に用意して下さい。

なおSDカードやUSBメモリでも代用できます(手順は同様です)。

手順①:バックアップデータのフォルダを削除する

バックアップデータが保存される、現在のフォルダを削除します。

フォルダは次の場所にあります。

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/Backup
“ユーザ名”の部分は、ご自身のユーザー名称が入るため、人によって異なります。

表示手順として、以下2パターンいずれかがオススメです。

  1. Finderのバックアップ管理から開く
  2. 直接パスを指定して開く

1. Finderのバックアップ管理から開く

接続したiPhoneをFinderのアイコンFinderで表示して、バックアップを管理Finderに表示 と操作します。

Finderのバックアップ管理から開く手順1

「バックアップを管理」を開く。

Finderのバックアップ管理から開く手順2

対象デバイスを選択して、右クリックメニューより「Finderに表示」を実行する。

Finderのバックアップ管理から開く手順3

「Backup」フォルダを開ける。

2. 直接パスを指定して開く

FinderのアイコンFinderのメニューバーで 移動フォルダへ移動 より、以下パスをペーストして直接開きます。

/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/Backup
“ユーザ名”の部分は、ご自身のユーザー名称が入るため、人によって異なります。
直接パスを指定して開く手順1

⌘ + shift + G のショートカットキーを使うと、すぐ開けて便利。

直接パスを指定して開く手順2

バックアップ保存先のパスを直接入力する。

直接パスを指定して開く手順3

「Backup」フォルダを開ける。

バックアップデータが保存されるフォルダを表示できたら、「MobileSync」直下の「Backup」フォルダ以下を削除します。

それまでバックアップしたiPhoneデータが保存されているため、別の場所にコピーを残しておくことをオススメします。
バックアップフォルダを削除する説明

「Backup」フォルダを消す。

手順②:外付けHDDにフォルダを作成する

新たにバックアップデータの保存先としたい外付けHDD上に、専用フォルダを作成します。

任意の場所に作成して構いませんが、フォルダ名は「Backup」として下さい。

外付けHDDにフォルダを作成する説明

外付けHDD直下の「iTunes」フォルダ内に「Backup」を作成した例。

手順③:ターミナルでシンボリックリンクを作成する

Macでターミナルのアイコンターミナルを開きます。

ターミナルの開き方

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

またシステム環境設定のアイコンシステム環境設定で「セキュリティとプライバシー」を開き、

ターミナルにフルディスクアクセスを許可する手順1

「プライバシー」タブの左ペイン「フルディスクアクセス」で、ターミナルのアイコンターミナルにチェックを入れて下さい。

この後のコマンド実行の関係で、必要となります。

ターミナルにフルディスクアクセスを許可する手順2

ここから以下コマンドを入力していきます。

ln -s <外付けHDDの新しい保存場所> "バックアップデータが保存される現在の場所"

まず「ln -s 」と入力します。

「ln -s 」は小文字の「s」の後ろに半角スペースがあります。

次に、外付けHDDに作った「Backup」フォルダのパスを入力します。

例えばボクの場合、外付けHDD上に作った「Backup」フォルダのパスは以下となるため、

/Volumes/DATA/外付けHDD/iTunes/Backup

入力内容は下記のようになりました。

ln -s /Volumes/DATA/外付けHDD/iTunes/Backup

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順1

直接パスを入力するのが面倒の場合、「ln -s 」と入力した後、外付けHDD上の「Backup」フォルダをターミナルのアイコンターミナルにドラッグ&ドロップすれば自動入力できます。

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順2

外付けHDD上の「Backup」フォルダをドラッグ&ドロップ。

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順3

自動的にパスが入力される。

続いて半角スペース空けた直後に、バックアップデータが保存される現在のフォルダの場所を入力します。

この際、パス全体をダブルクォーテーション(””)で囲むことが条件です。

“ユーザ名”の部分は、ご自身のユーザー名称が入るため、人によって異なります。
"/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync"

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順4

最後に enter でコマンドを実行します。

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順5

実行後、特にメッセージは表示されない。

外付けHDD上に作った「Backup」フォルダのシンボリックリンクが、「MobileSync」フォルダ直下に作成されていることを確認して下さい。

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順6

内部ストレージの「MobileSync」フォルダにシンボリックリンクができる。

特徴として次の2点があります。

  • 「Backup」フォルダのアイコンが変わっている
  • オリジナルが外付けHDDの場所となっている

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順7

試しにバックアップを実行してみて下さい。

外付けHDD上に作った「Backup」フォルダにデータが保存されるはずです。

Macの内部ストレージ上(=MobileSync/Backup)ではあくまでシンボリックリンクとして保存されるため、バックアップデータ量圧迫の心配はなくなります。

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順8

外付けHDD上「Backup」フォルダに、バックアップが保存される。

ターミナルでシンボリックリンクを作成する手順9

内部ストレージ上は、あくまでシンボリックリンクとして保存される。

 

補足:iPhoneバックアップの外付けメディア保存に関するアレコレ

本パートでは、細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    ターミナルの入力に失敗する場合
  • 補足②
    注意:外付けHDDと非接続状態のバックアップはエラーとなる
  • 補足③
    元のバックアップ先に戻す方法

ターミナルの入力に失敗する場合

ターミナルのアイコンターミナルのコマンドを整理すると、次のようになります。

ln -s <外付けHDDの新しい保存場所> "バックアップデータが保存される現在の場所"

もし実行してもうまくいかない場合、以下をチェックして下さい。

  1. 「MobileSync」直下の「Backup」フォルダを削除しているか
  2. 必要な箇所に半角スペースは空いているか
  3. 必要な箇所はダブルクォーテーション(””)で囲まれているか
  4. ターミナルのセキュリティ設定を許可しているか

以下エラーが出る場合、1番が原因の可能性が高いです。

File exists

File existsエラーの説明

以下エラーが出る場合、4番が原因の可能性が高いです。

Operation not permitted

Operation not permittedエラーの説明1

Operation not permittedエラーの説明2

システム環境設定「セキュリティとプライバシー」の「フルディスクアクセス」で、ターミナルに許可をすること。

注意:外付けHDDと非接続状態のバックアップはエラーとなる

今回の設定により、バックアップ先は実質的に外付けHDDへ変更されました。

そのため、外付けHDDと接続されていない状態でバックアップするとエラーが発生し、先に進めなくなります。

バックアップが壊れているため、iPhone"端末名"をバックアップできませんでした。
このiPhoneのバックアップを削除してからやり直してください。
iPhoneのバックアップは自宅でのみ実行するなら問題ありませんが、移動が多く外出先でも頻繁にバックアップを行う場合はデメリットとなります。
外付けHDDと非接続状態のバックアップはエラーとなる説明

表示されるエラーメッセージ。

元のバックアップ先に戻す方法

当初の設定通り、Macの内部ストレージ上にバックアップを保存したい場合、「MobileSync」フォルダ直下に作成されたシンボリックリンクを削除すればOK。

元のバックアップ先に戻す方法1

もう一度バックアップを実行すると、自動で内部ストレージ直下の「Backup」フォルダが作成されます。

初期設定の状態に戻ります。
元のバックアップ先に戻す方法2

通常の場所にバックアップデータが保存されるようになる。

 

〆:iPhoneバックアップデータ量の悩みを解決しよう!

以上、Macで外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作る方法! 保存先を変更して容量不足を解決しよう の説明でした。

内部ストレージが少ないMacを使用している場合、iPhoneバックアップデータを外付けHDDに保存できればかなり軽くなりますよ。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Appleサポート – MacでiPhone、iPad、iPod touchをバックアップする方法

参考 Appleサポート – iPhone、iPad、iPod touchのバックアップを探す

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. kevin より:

    Windowsでのやり方を教えてください.

  2. kouta より:

    こんにちは。これやってみたのですが、なぜか本体に外付けHDDに作成したファイルが出てきてしまい、矢印のマークがつきません。対処法はありますでしょうか。

  3. punnsu より:

    Operation not permitted
    と何度もやり直してもなるんですよ・・・

    • 最新OS「macOS Mojave」よりセキュリティ仕様が変更されたため、事前に「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」より「フルディスクアクセス」にターミナルを追加する操作が必要です。

      詳細は記事中に追記しています。

  4. りょう より:

    MacBook Pro[128GB]で iPhoneXR[256GB]のバックアップを取るという為、外付HDD[2TB]を購入してアップルサポートに相談したものの、アップルでは対応していないとの事で困っておりました。
    WEB検索で当ページを見つけ参考にさせていただきました。
    おるくす さんのお陰でスムーズにバックアップを取ることが出来ました。
    ありがとうございました。

  5. とぅー より:

    外付けHDDにバックアップしたく参考にさせていただきました。
    もう少し教えてください!

    ターミナルでシンボリックリンクを作成し、mobileSync内に矢印付きのbackupファイルが作成された状態になりitunesで「今すぐバックアップ」を押しました。

    しかし、バックアップ処理がPC上で行われているようで、「このコンピューターで十分な空領域が使用できない為、iphoneをバックアップできませんでした」となってしまいます。

    何かやり忘れている可能性があることはありますでしょうか?

    外付け:IO DATA(HDCA-U1.0K)、1TB(内100G使用中)
    iphone:6s、128GB

  6. 湯そほ より:

    助かりました。
    ありがとうございました

  7. ミキティ より:

    はじめまして。
    Macbookpro→Macbookairの買い替えの際に、アップルサポートで2つの外付けHDDをパーティションで写真とバックアップ用に設定したのですが、バックアップ用をほとんど繋がずにMacを使用していたせいか、
    内蔵HDDがいっぱいになってしまいソフトのアップデートができなくなってしまい困っていたところ、こちらの記事を見つけ、読ませていただきました。
    写真のHDDはあと少し、バックアップ用はかなり空きがあるので、内蔵HDDをスッキリさせたい場合どのようにしたら良いのでしょうか?iPhoneバックアップを新たに外付けHDDにすれば容量は空きそうですが。。

    長くなって申し訳ありませんが、
    アドバイスお願いできると幸いです。
    よろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました