Amazonタイムセール開催中!★クリックしてセール会場を開く★

iPhoneアラームのスヌーズを変更する方法! iOSの目覚ましを好きな時間間隔で設定しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneのアラームを目覚まし時計として使っているなら、スヌーズ機能は便利ですよね。

ただ、標準アプリ「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」で設定するスヌーズ機能は時間間隔が固定されており、自由に変更できないデメリットがあります。

そこで本記事では、iPhoneアラームのスヌーズ時間を変更する方法を紹介します。

サードパーティ製時計アプリを導入せずとも、とある工夫でiPhoneのスヌーズを好きな間隔に調整できます。ぜひ、ご覧あれ。

photo by Marco Verch

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOSアラームのスヌーズをカスタマイズする方法

iOS標準アプリ「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」で設定できるアラームには「スヌーズ」機能があり、一度アラームを止めても一定時間経過後に再びアラームが鳴ります。

ただこのスヌーズ時間は”9分間隔”で固定されており、自由に変更できない仕様となっています。

そこで今回は下記2通りの方法で、擬似的にスヌーズ時間を調整する豆知識を紹介しています。

  • 複数アラームの設定時間でスヌーズを調整する
  • 鳴らしたい間隔でアラームを設定する

それぞれにメリット / デメリットがあるため、状況に応じて使い分けが求められます。

下記より順番に解説します。

複数アラームの設定時間でスヌーズを調整する手順

複数アラームの設定時間をうまく調整して「スヌーズ時間が9分間隔で固定」という特徴を応用すれば、擬似的に好きなスヌーズ間隔とできます。

この方法の特徴は下記通りです。

  • メリット:スヌーズを止めない限り半永久的に好きな間隔でアラームが鳴り続ける
  • デメリット:スヌーズを誤って止めてしまうリスクがある
記事中では実際に、「4-5分間隔」と「2-3分間隔」でスヌーズを設定するケースを例に解説します。

例:4-5分間隔でスヌーズ時間を設定

下記ケースを想定します。

  • 13:30から4-5分間隔でスヌーズ時間を設定したい

この場合、”13:30”と”13:34”でアラームを設定することで、4-5分間隔でアラームが鳴り続けます。

  • 13:30:アラーム①
  • 13:34:アラーム②
  • 13:39:アラーム①のスヌーズ(1回目
  • 13:43:アラーム②のスヌーズ(1回目)
  • 13:48:アラーム①のスヌーズ(2回目)

・・・(以下、半永久的に続く)・・・

13:30から4-5分間隔でスヌーズ時間を設定するイメージ図

実際に設定の流れを確認してみます。

まず標準アプリ「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」を起動し、「アラーム」タブにて”13:30”と”13:34”を設定します。

ここで両方とも「スヌーズ」機能が有効になっていることを確認して下さい。

複数アラームの設定時間でスヌーズを調整する手順のキャプチャ1

その後、まず13:30にアラーム①が鳴り、9分間のスヌーズ時間が開始します。

複数アラームの設定時間でスヌーズを調整する手順のキャプチャ2

次に13:34にアラーム②が鳴り、9分間のスヌーズ時間が開始します。

ここでアラーム①で開始されたスヌーズも止まらず、タイマーは動き続けます。

複数アラームの設定時間でスヌーズを調整する手順のキャプチャ3

その後、13:39にアラーム①のスヌーズ(1回目)が鳴り、13:43にアラーム②のスヌーズ(1回目)が鳴り、・・・と延々と4-5分間隔でスヌーズを鳴らし続けることができます。

例:2-3分間隔でスヌーズ時間を設定

下記ケースを想定します。

  • 13:30から2-3分間隔でスヌーズ時間を設定したい

この場合、”13:30”と”13:32”と”13:34”と”13:37”でアラームを設定することで、2-3分間隔でアラームが鳴り続けます。

  • 13:30:アラーム①
  • 13:32:アラーム②
  • 13:34:アラーム③
  • 13:37:アラーム④
  • 13:39:アラーム①のスヌーズ(1回目)
  • 13:41:アラーム②のスヌーズ(1回目)

・・・(以下、半永久的に続く)・・・

設定の流れは先ほど同様に、4つのアラームを有効にすればOK(スヌーズをオンにするのを忘れずに!)。

スヌーズを止める操作に注意!

この方法により、半永久的に好きな時間間隔でスヌーズを鳴らし続けることが可能です。

が、iPhoneでは特定の操作によりスヌーズを止まり、その時点でタイマーはストップします。

例えばロック画面上でスヌーズが鳴り響いた際、「スヌーズ」ではなく「停止」ボタンをタップすると、その時点でスヌーズは終了となります。

複数アラームの設定時間でスヌーズを調整する手順のキャプチャ4

どうしても寝坊が許されない重要な朝など、確実に一定間隔でアラームを鳴らしたい場合、下記に紹介する2つ目の方法をお試し下さい。

鳴らしたい間隔でアラームを設定する手順

鳴らしたい時間間隔分だけアラームを複数設定することでも、擬似的に好きなスヌーズ間隔を実現できます。

この方法の特徴は下記通りです。

  • メリット:誤ってアラームをオフにするリスクが少ない
  • デメリット:鳴らしたい間隔分アラーム設定が必要となり限界がある

そもそもスヌーズ機能を使用しないアナログな方法ですが、誤ってスヌーズをオフにするリスクを考えると、より確実にアラームを設定できるメリットがあります。

例えば下記ケースを想定します。

  • 13:30から14:00まで4-5分間隔でスヌーズ時間を設定したい

この場合、単純に13:30から14:00まで5分間隔で7つのアラームを設定すればOKです。

  • 13:30:アラーム①
  • 13:35:アラーム②
  • 13:40:アラーム③
  • 13:45:アラーム④
  • 13:50:アラーム⑤
  • 13:55:アラーム⑥
  • 14:00:アラーム⑦

実際に設定の流れを確認してみます。

まず標準アプリ「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」を起動し、「アラーム」タブにて13:30から14:00まで5分間隔で7つのアラームを設定します。

ここで全て「スヌーズ」機能が無効になっていることを確認して下さい。

鳴らしたい間隔でアラームを設定する手順のキャプチャ1

その後、13:30から5分間隔で順番にアラームが鳴り続けます。

鳴らしたい間隔でアラームを設定する手順のキャプチャ2

 

補足:

アラーム音をオリジナル音源に変更する方法

アラーム音は、別途用意したオリジナル音源を設定することもできます。

例えばiPhone X専用サウンド「反射(Reflection)」も別途音源ファイルをiPhoneに入れることで、アラーム音として設定可能です。

アラーム音をオリジナル音源に変更する方法のキャプチャ1

同じように着信音や通知音なども変更可能です。

詳細は関連記事【iPhoneで着信音/通知音/アラーム音をオリジナル音源に変更する方法! iOSで好きなサウンドを設定しよう】で解説しています。

iPhoneで着信音/通知音/アラーム音をオリジナル音源に変更する方法! iOSで好きなサウンドを設定しよう
この記事では、iPhoneの着信音や通知音、アラーム音をオリジナル音源に変更する方法を解説します。パソコンを用意すれば、好きなサウンドへカスタマイズ可能です。そのほか、iPhoneの着信音 / 通知音に関するよくある疑問にも回答しています。

バイブの振動音をカスタマイズする方法

アラーム音と同時に設定できるバイブレーションは、振動パターンを自由にカスタマイズできます。

バイブの振動音をカスタマイズする方法のキャプチャ1

新規バイブレーションを自作する画面例。

詳細は関連記事【iOSで新しいバイブレーションを作成する方法! 着信/通知の振動をカスタマイズしよう [iPhone/iPad]】で解説しています。

iOSで新しいバイブレーションを作成する方法! 着信/通知の振動をカスタマイズしよう [iPhone/iPad]
この記事では、iPhone/iPadで新しいバイブレーションを作成する方法を解説しています。個性のある振動パターンにすれば、世界で1つだけのバイブレーションも作ることが可能です。そのほか、iOSのバイブに関わるよくある疑問にも回答しています。

アラーム音量を調整する方法

iPhoneのアラーム音量は「着信・通知音量」と連動しています。

つまり、下記いずれかの手順で「着信・通知音量」を変更すれば、アラーム音量を大きく / 小さく調整できます。

  • 設定から調整する
  • 音量ボタンから調整する

詳細は関連記事【iPhoneのアラーム音量を調整する方法! iOSの小さい目覚ましサウンドを大きくしよう】で解説しています。

iPhoneのアラーム/タイマー音量を調整する方法! iOSの小さい目覚ましサウンドを大きくしよう
この記事では、iPhoneのアラームやタイマー音量を調整する方法を解説しています。どちらも「着信・通知音量」と連動しているため、設定または音量ボタンから変更可能です。そのほか、アラームやタイマーに関するよくある疑問と回答も掲載しています。

アラームをバイブだけに限定する方法

会議中や公共の場(例:電車内 / 図書館)でアラームを使用するシチュエーションでは、サウンドを出さずバイブだけ振動してほしいですよね。

実は標準アプリ「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」の場合、どちらか一方をオフにして、片方だけで再生する設定が可能です。

  • アラーム – 音声のみ/バイブなし
  • アラーム – バイブのみ/音声なし

詳細は関連記事【iPhoneアラームを音のみ/バイブのみで設定する方法! iOSの目覚ましをサウンドや振動だけで再生しよう】で解説しています。

iPhoneアラームを音のみ/バイブのみで設定する方法! iOSの目覚ましをサウンドや振動だけで再生しよう
この記事では、iPhoneのアラームを音のみ or バイブのみで設定する方法を解説します。そのほか、アラームが鳴らない原因や音量を調整する方法、無音アラーム音のダウンロードリンクも紹介しています。

 

〆:標準アラーム機能でスヌーズを自由に設定しよう!

以上、iPhoneアラームのスヌーズを変更する方法! iOSの目覚ましを好きな時間間隔で設定しよう の説明でした。

もちろんサードパーティ製時計アプリを使っても好きなスヌーズ時間は実現できますが、iOSの標準アプリ「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」にこだわりがあれば、本記事の内容を参考にしてみて下さい。

参考 Appleサポート – iPhone でアラームを設定・管理する方法

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました