Androidのシャッター音を消す方法! スマートフォンのカメラやスクリーンショットを無音で撮影しよう

Android

日本で販売されるAndroidの大半は、盗撮防止のためカメラ撮影時に強制的にシャッター音が鳴る仕様となっています。

ただ利用シーンによっては音が邪魔になるため、状況に合わせて無音としたいですよね。

そこで本記事では、Androidのシャッター音を消す方法を紹介します。

カメラやスクリーンショットを無音で撮影する豆知識を記載しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Maurizio Pesce

 

スポンサーリンク

スクリーンショットの撮影音を消す方法

スクリーンショットの撮影音は、Androidでマナーモードを有効にすれば消音となります。

下記3機種で検証済みです。

  • Nexus 6P(Android 8.1.0)
  • Galaxy S7 edge(Android 7.0)
  • Xperia Z3(Android 6.0.1)

マナーモードの切り替えはクイック設定のパネルより実行するのが便利です。

クイック設定の使い方やAndroidでスクリーンショットを撮影する方法はそれぞれ関連記事で解説しているので、合わせてどうぞ。

クイック設定(システムUI調整ツール)の使い方! 追加/変更方法のまとめ [Android 6.0/7.0/8.0対応]
Androidのクイック設定をご存知でしょうか? 画面上部から下へスワイプすると表示される各種機能を集約したパネルのことで、Androidでは「タイル」と呼ばれ、Wi-FiやBluetooth、画面の明るさ等をサクッと変更できるので大...
Androidでスクリーンショットを撮影する方法! 機種別の画面キャプチャ手順を解説 [Xperia/Galaxy/Nexus]
Androidのスクリーンショット(画面キャプチャ)機能は、アプリをインストールせずとも標準機能だけで撮影できますが、機種によってその手順が異なります。 そこで本記事では、Androidの主要機種別にスクリーンショットを撮影する方法を...

 

カメラの撮影音を消す方法

カメラのシャッター音は、マナーモードが有効でも無音とはなりません。

そのため、現時点で有効な「カメラシャッター音を可能な限り小さくする」代表的な方法は、大きく3点あります。

  • サードパーティ製の無音アプリを使う
  • 特定のカメラモードを使う
  • ファイルマネージャーを使う(要root)

それぞれ詳細を解説します。

サードパーティ製の無音アプリを使う方法

一般的に最もオススメなのは、サードパーティ製の無音アプリを使う方法です。

Androidでは無音アプリがさらに下記2種類に分類されます。

  • 無音アプリ – 標準カメラ起動中に無音モードにして撮影する
  • 無音アプリ – 専用の無音カメラを使って撮影する

それぞれ下記より該当アプリを解説します。

無音アプリ – 標準カメラ起動中に無音モードにして撮影する

ここで紹介する無音モードへ変更するアプリを有効にすれば、標準カメラのシャッター音が消えます。

この方法の特徴は下記通りです。

メリット

  • サードパーティ製の無音カメラではなくAndroid標準カメラを使える

デメリット

  • 有償のアプリが多い
  • 無音モード中はAndroidから流れる全ての音が消えるケースが多い

無音モードへ変更するアプリはGoogle Play上で検索するといくつかヒットします。

本記事ではその内の2点を紹介します。

Galaxy S7 edge(Android 7.0)で検証し、動作することを確認しています。
アプリ例①

有償版であれば利用制限がない上、指定アプリのみミュート(無音)とできるため、カメラアプリ起動中のみ”音無し”とできるのが特徴のアプリです。

まずは試用版がしっかり動作するか検証の上、有償版を購入すると良いでしょう。

使い方はカンタンで、アプリを起動しトグルを有効にすれば準備OK。

カメラで撮影をしシャッター音が鳴らないことを確認できれば成功です。

アプリ例②

無料で利用制限なく標準カメラを無音とできるのが魅力ですが、一方で無音モード中はカメラ以外の全ての音が消える点に注意が必要なアプリです。

使い方はカンタンで、アプリを起動しトグルを有効にすれば準備OK。

カメラで撮影をしシャッター音が鳴らないことを確認できれば成功です。

繰り返しになりますが、カメラ使用後はトグルを再タップして無効状態に戻すことを忘れずに。

無音アプリ – 専用の無音カメラを使って撮影する

Androidの標準カメラにこだわりがなければ、専用の無音カメラを使う方法がオススメです。

特徴は下記通りで、おおむね先述の無音モードアプリの長所・短所の裏返しとなっています。

メリット

  • 無料で使えるアプリが多い
  • カメラ起動中のみ無音とできる

デメリット

  • 画質の悪いカメラもある

無音カメラアプリはGoogle Play上で検索するといくつかヒットします。

本記事ではその内の1点を紹介します。

Galaxy S7 edge(Android 7.0)で検証し、動作することを確認しています。
アプリ例③
無音カメラ [最高画質]
無音カメラ [最高画質]

”高画質”をうたっている無料アプリです。実際に撮影してみてクオリティーに問題ないと感じるなら十分でしょう。

使い方はカンタンで、アプリを起動しカメラ関連のアクセス権限を与えれば準備OK。

アプリ内のカメラで撮影をし、シャッター音が鳴らないことを確認できれば成功です。

特定のカメラモードを使う方法

Androidのカメラには機種によって様々な撮影モードが用意されており、特定のカメラモードに切り替えてから撮影することで、可能な限りシャッター音を小さくできます。

サードパーティ製アプリは一切導入したくない場合にオススメです。

カメラモードは機種によって異なりますが、共通して活用できるのが「動画モード」です。

撮影モードを「ビデオ」にして開始すると動画を撮ることができますが、多くのAndroidでは撮影中に静止画も撮ることができます。

Xperia Z3(Android 6.0.1)で検証しています。

そしてシャッター音が動画内に含まれないよう、静止画で撮影しても音は鳴らない仕様となっています。

この方法のメリット / デメリットは下記通りです。

メリット

  • 「ビデオ」撮影中は”完全な無音”で静止画を撮れる

デメリット

  • 「ビデオ」撮影開始時に音が鳴る
  • 通常の「写真」モードと比較して解像度が低い

ファイルマネージャーを使う方法(要root)

システム領域まで表示できるファイルマネージャーを使えば、Android内部に保存されるシャッター音の音源ファイルを編集して、強制的に消すことができます。

本記事では例としてファイルマネージャー「ES ファイルエクスプローラー」を使用します。

システム領域まで表示するにはroot必須となるため、まだ使用環境がなければ準備して下さい。

詳細は関連記事【Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう】で解説しています。

Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう
Nexus 6P(Android 8.1)をroot化した際の作業を記録します。 Androidをroot化するためには、「Superuser」の権限を管理するアプリをインストールする必要があり、代表的なアプリとして「SuperSU」...

root化したAndroidは”メーカー補償の対象外となる”など様々なデメリットが生まれるほか、予期せぬエラーが発生し、最悪の場合Androidが動かなくなる恐れもあります。

くれぐれも自己責任でお試し下さい。

まず「ES ファイルエクスプローラー」のメニューより「Rootエクスプローラ」を有効にします。

また、スーパーユーザー権限を許可して下さい。

後はシステム領域トップより下記ディレクトリを開き、

/system/media/audio/ui/

カメラとビデオ、それぞれシャッター音の音源ファイルを適当な名前へリネームします。

カメラ

  • camera_click.ogg→camera_click_no.ogg(例)
  • camera_foucs.ogg→camera_foucs_no.ogg(例)

ビデオ

  • VideoRecord.ogg→VideoRecord_no.ogg(例)
  • VideoStop.ogg→VideoStop_no.ogg(例)

その後、カメラのシャッター音が消えていることを確認できればOK。

注意:端末によって仕様が異なる

システム領域を編集する方法は、端末によっては効果がないケースがあります。

例えばNexus 6P(Android 8.1)の場合、システム領域のファイル名を変更してもシャッター音を消すことはできませんでした。

その代わり、SIMカード挿入の有無によって「カメラ」アプリの設定メニュー項目に変化がありました。

  • SIMをさした状態:項目なし
  • SIMをぬいた状態:「カメラの音」項目あり

そこで、SIMをぬいた状態で「カメラの音」をオフにしてからSIMをさすと、設定項目は消える一方でシャッター音は消えたまま維持されていました。

このような結果になる理由として、Nexus 6Pの標準カメラ「Googleカメラ」の仕様が関係しているようです。

  • 「Googleカメラ」はアプリ側でシャッター音を制御しており、システム領域を編集しても効果がない
  • SIMをぬくと「Googleカメラ」の海外向け機能「カメラの音」項目が解禁される

ほかにも、ネット上ではシステム領域を編集してもシャッター音が消えなかった報告が見られます。

もしうまくいかなければ、Nexus 6Pのような端末独自仕様を調べるか、記事前半で紹介した別の方法をお試し下さい。

参考:スピーカーを指で塞ぐ選択肢もアリ

カメラのシャッター音はAndroid本体のスピーカーから出ているため、この部分を物理的に指で塞ぐことで音を小さくできます。

スピーカーの位置は機種によって異なる。画像はNexus 6Pの例。

アナログな解決策ですが、「サードパーティ製アプリは使いたくない」・「通常のカメラモードで撮影したい」という場合にオススメの方法です。

 

補足:音量調整を便利にする方法まとめ

カメラのシャッター音とは別に、Androidでは5種類の音量が存在します。

  • 着信・通知の音量
  • メディアの音量
  • アラームの音量
  • イヤホンの音量
  • 受話音量

それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動しません。

Androidの音量を調整する方法まとめ! スマートフォンのボリューム5種類を個別に変更しよう
Androidの音量は5種類に大別され、各音量はそれぞれ独立しており、調整する手段も異なります。 そのため、目的のボリュームをうまく変更できず、困った経験はないでしょうか? そこで本記事では、Androidの5種類の音量を調整す...

これら音量は別途アプリを使ってさらに便利に操作できます。

例えば「ボリュームコントロール」というアプリを使えば、「着信・通知の音量」や「メディアの音量」など各種音量ごと固定のボリューム値を設定できます。

Androidの音量を一定値に固定する方法! 誤動作で勝手にスマートフォンのボリュームが変わるのを防ごう
Androidの音量は5種類に大別されます。 着信・通知の音量 メディアの音量 アラームの音量 イヤホンの音量 受話音量 それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動...

そのほか、詳細は関連記事【Androidで音量調整をカスタマイズする方法まとめ! ボリューム再生/変更を便利にしよう】でまとめて解説しています。

Androidで音量調整をカスタマイズする方法まとめ! ボリューム再生/変更を便利にしよう
本ブログで過去紹介したAndroidの「音量」調整に関わる記事をまとめて紹介します。 まず基本として、Androidの音量は5種類に大別されます。 着信・通知の音量 メディアの音量 アラームの音量 イヤ...

 

〆:Androidで快適にカメラを使おう!

以上、Androidのシャッター音を消す方法! スマートフォンのカメラやスクリーンショットを無音で撮影しよう の説明でした。

Androidで写真撮影時のシャッター音が気になっていれば、ぜひ本記事の内容を参考にして下さい。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント