Amazon特選タイムセール実施中★随時更新★

iPhoneで着信音/通知音/アラーム音をオリジナル音源に変更する方法! iOSで好きなサウンドを設定しよう

iOS

iPhoneで「iOS標準「電話」アプリのアイコン電話」着信音や「iOS標準「メッセージ」アプリのアイコンメッセージ」通知音、「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」アラーム音を変更したことはありますか?

標準で用意されている音源だけでいくつもありますが、アプリごとで通知音を変えたければ種類に上限が出ますし、自分だけの着信音やアラーム音にカスタマイズしたいニーズもあるでしょう。

実はiOS(iPhone / iPad)の場合、自分で用意した音源ファイルやiTunes上にある楽曲を、新しい音として設定できます。

そこで本記事では、iPhoneの着信音や通知音、アラーム音を自分だけのオリジナル音源に変更する方法を紹介します。

iPhoneの着信音 / 通知音に関するよくある疑問にも回答しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

 

スポンサーリンク

iPhoneで着信音や通知音をカスタマイズする方法

事前準備:PC/iPhone/ケーブル

今回の手法では下記3点が必要となります。

  • 最新のiTunesがインストールされたパソコン
  • iPhone本体
  • パソコンとiPhoneを接続するケーブル

作業の流れは次の通りです。

  1. 新しい音源ファイルを用意する
  2. 音源をiTunesを通してiPhoneへ移動する
  3. iPhone側で新しい着信音として設定する

それぞれ順番に解説します。

新しい音源ファイルを用意する手順

着信音や通知音、アラーム音として設定したい新しい音源を用意します。

すでに音源がある場合、iPhoneで対応している音源ファイルの拡張子は「m4r」形式なので、該当しているか確認して下さい。

まだ新しい音源を用意できていなかったり、拡張子が該当していない場合、いくつか作業が必要です。

新しい音源の見つけ方

ネット上にフリーの音源ファイルがたくさんあるので、

着信音 音源
検索

など、Googleで検索してみて下さい。

本記事では、下記サイトから用意した音源で説明しています。

サイト スマホ着信音

ダウンロードする際は、iPhoneで対応している「m4r」形式の音源を選ぶことに注意して下さい。例えばAndroid向けのファイル拡張子「mp3」形式だとそのまま使うことはできません。

iTunesにある曲を着信音とする場合 or 拡張子を変換する場合

すでにiTunes上にある楽曲を着信音としたい場合、または楽曲ファイルの拡張子を「m4r」へ変換したい場合、iTunesを通してカンタンに実行できます。

iTunesの「AACバージョンを作成」機能を使って実現できる。

手順の詳細は関連記事【iTunesの曲をiPhoneの着信音に設定する方法! iOSで好きな音楽を拡張子m4rへ変換しよう】で解説しています。

iTunesの曲をiPhoneの着信音に設定する方法! iOSで好きな音楽を拡張子m4rへ変換しよう
この記事では、iTunes上にある音楽をiPhoneの着信音に設定する方法を解説します。楽曲ファイルを「m4r」形式へ変換すれば新しい着信音として設定できます。

音源をiTunesを通してiPhoneへ移動する手順

新しい音源ファイルを用意できたら、iTunesを通してiPhoneへ移します。

Androidとは異なり、iPhone単体で音源を移す方法はないため、iTunesをインストールしたパソコンが必要となります。

iPhoneとパソコンをケーブルで繋いでiTunesを起動し、「デバイス」項目の「着信音」を表示します。

用意したオリジナル着信音の音源ファイルを、ドラッグ&ドロップでiTunesへ移せばOK。

iPhone側で新しい着信音として設定する手順

iPhone側で「設定」→「サウンドと触覚」→「着信音」と進み、

追加されたサウンドにチェックを入れれば、「iOS標準「電話」アプリのアイコン電話」の着信音が変わります。

追加した音源ファイルは着信音以外の通知音としても設定できるため、例えば「iOS標準「メッセージ」アプリのアイコンメッセージ」の通知音にすることも可能ですし、

iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」のアラーム音でもOKです。

 

補足:

サードパーティ製アプリの通知音は変更できない

今回紹介した方法は、「設定」→「サウンドと触覚」の「サウンドとバイブレーションのパターン」項目にあるアプリのみ着信音 / 通知音を変更できます。

その対象はApple標準アプリ(例:iOS標準「電話」アプリのアイコン電話 / iOS標準「メッセージ」アプリのアイコンメッセージ / iOS標準「メール」アプリのアイコンメール)に限定され、サードパーティ製アプリ(例:twitter)は変更できません。

LINEの着信音をカスタマイズする方法

先述の通り、iPhone版LINEもサードパーティ製アプリとなるため、今回紹介した方法で通知音をカスタマイズできません。

メールの着信音をカスタマイズする方法

iPhoneの「iOS標準「メール」アプリのアイコンメール」アプリで複数アカウント(例:ドコモメールとGmail)を使用している場合、それぞれ別の着信音を設定可能です。

ドコモメールは「メール着信音02」、Gmailは「Reflection」を別に設定した例。

本記事で紹介したオリジナル音源も、それぞれの着信音に設定できます。

詳細は関連記事【iPhoneのメール着信音を変える方法! iOSでアカウント/連絡先ごと個別に通知音を分けよう】で解説しています。

iPhoneのメール着信音を変える方法! iOSでアカウント/連絡先ごと個別に通知音を分けよう
この記事では、iPhoneのメール着信音を変える方法を解説します。メールアカウント(例:Gmail / ヤフーメール)や連絡先ごと個別に着信音をカスタマイズできます。そのほか、メール着信音に関わるよくある疑問にも回答しています。

iPhone X専用サウンド「反射」を旧iPhoneで設定する方法

iPhoneではiOS 7以降、デフォルト着信音として「オープニング」が設定されていましたが、iPhone Xより専用の着信音「反射(リフレクション)」が導入されています。

ただ、着信音「反射」の音源ファイルさえ用意できれば、旧世代のiPhoneシリーズでも設定可能です。

作業の流れは本記事で紹介した方法と同じです。

まず「反射」の音源ファイルを下記ダウンロードリンクより入手し、

ダウンロード 反射(Reflection) – m4rファイル

iPhoneの着信音として対応しているファイル拡張子は「m4r」ですが、上記リンク先からダウンロードできる音源は変換済みとなります。

後は音源をiTunesを通してiPhoneへ移動し、新しい着信音として「反射」を設定すればOK。

バイブの振動音をカスタマイズする方法

着信音 / 通知音 / アラーム音と同時に設定できるバイブレーションも、振動パターンを自由にカスタマイズできます。

新規バイブレーションを自作する画面例。

詳細は関連記事【iOSで新しいバイブレーションを作成する方法! 着信/通知の振動をカスタマイズしよう [iPhone/iPad]】で解説しています。

iOSで新しいバイブレーションを作成する方法! 着信/通知の振動をカスタマイズしよう [iPhone/iPad]
この記事では、iPhone/iPadで新しいバイブレーションを作成する方法を解説しています。個性のある振動パターンにすれば、世界で1つだけのバイブレーションも作ることが可能です。そのほか、iOSのバイブに関わるよくある疑問にも回答しています。

着信音/通知音/アラーム音の音量を調整する方法

iPhoneの音量は4種類に大別されます。

  1. 着信・通知音量
  2. アプリの音量
  3. イヤホンの音量
  4. 受話音量

それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動しません。

このうち「iOS標準「電話」アプリのアイコン電話」着信音や「iOS標準「メッセージ」アプリのアイコンメッセージ」などアプリの通知音、「iOS標準「時計」アプリのアイコン時計」アラーム音の音量はすべて「着信・通知音量」に分類されます。

「着信・通知音量」の変更方法は2種類あります。

  • 設定から調整する
  • 音量ボタンから調整する

具体的な変更手順は、関連記事【iPhoneの音量を調整する方法まとめ! iOSでアプリやBluetoothのボリュームを変更/固定しよう】で解説しています。

iPhoneの音量を調整する方法まとめ! iOSでアプリやBluetoothのボリュームを変更/固定しよう
この記事では、iPhoneの音量を調整する方法をまとめて解説します。4種類に大別される音量「着信・通知」・「アプリ」・「イヤホン」・「受話」の意味と具体的な変更手順を説明しています。

 

〆:自分だけの着信音や通知音を設定してみよう

以上、iPhoneで着信音/通知音/アラーム音をオリジナル音源に変更する方法! iOSで好きなサウンドを設定しよう の説明でした。

新しい音源ファイルをうまく組み合わせることで、世界に1つだけの着信音や通知音、アラーム音を設定できます。

ぜひ、ご参照あれ。

iOS
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント