SideStoreのインストール方法! iPhoneでIPAからアプリをサイドロードする使い方

スポンサーリンク
iOS

この記事では、SideStoreを導入する方法を解説します。

App StoreにないアプリをiPhoneへインストール、いわゆるサイドロードが可能となりますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SideStoreをインストールする方法

iPhoneでアプリをサイドロードする方法はいろいろありますが、無料で実現しようとする場合、共通して課題になるのが7日に1回の再署名です。

その点、SideStoreでは、初期設定こそパソコンが必要ですが、以降は再署名もiPhone単体で実行可能な特徴があります。

もちろん脱獄(Jailbreak)環境も必要ありません。

SideStoreの基本説明

iPhone単体で再署名できるため、わざわざパソコンで再設定する手間がいらない

SideStoreの導入にあたり、事前に準備が必要なものです。

必要なもの 備考
パソコン Windows 10以降/macOS 10.15以降
iPhone/iPad iOS 14/iPadOS 14以降
USBケーブル
Apple ID 普段メインで使用しているApple IDとは別に、
2ファクタ認証を無効にした専用IDの用意を推奨
参考 Apple ID の 2 ファクタ認証
すでにAltStore導入済みの場合、iPhone/iPadから削除してください。

本記事ではWindowsを例に、以下の流れで説明します。

  1. AltServerをインストールする
  2. SideStoreをサイドロードする
  3. ペアリングファイルを作成する
  4. WireGuardのVPNを設定する
  5. SideStoreで最終調整する
本記事の内容は公式で用意された機能ではなく、様々なリスクがあります。「何が起きても自己責任で解決が必要」という点に注意してください。

1. AltServerをインストールする

パソコン側で必要となるソフトをダウンロード・インストールします。

まず、以下2点をインストールの上、iCloudはApple IDのサインインまでしてください。

Microsoft Store版で”ない”バージョンが必要です。すでにMicrosoft Store版をインストール済みの場合、削除の上、上記のリンクから再インストールしてください。
AltServerをインストールする手順1

2点をインストール

AltServerをインストールする手順2

Apple IDでサインイン

さらに以下3点をダウンロードしてください。

うちAltServerのZipファイルを展開して、インストールまで完了します。

AltServerをインストールする手順3

setup.exeを実行

2. SideStoreをサイドロードする

iPhoneとパソコンをUSB接続します。

次のメッセージが出たら 信頼 してください。

このコンピュータを信頼しますか?
SideStoreをサイドロードする手順1

このコンピュータを信頼しますか?

まずパソコン側で作業します。

接続中のiPhoneの画面は、点灯中にしてください。

インストールしたAltServerを実行すると、タスクバーの通知領域にアイコンが表示されます。

SideStoreをサイドロードする手順2

赤枠のアイコン

このアイコンを shift キーを押しながらクリックして、Sideload.ipa接続中のiPhone名 と選択します。

.ipaファイルの選択画面になるので、ダウンロードしておいたSideStore.ipaを選びます。

SideStoreをサイドロードする手順3

shift キーを押しながらクリックすると、メニューが出る

SideStoreをサイドロードする手順4

SideStore.ipaをセット

Apple IDでサインインします。

メッセージに出るとおり、アプリ用パスワードではなく、通常のパスワードで入力してください。参考 アプリ用パスワードとは

「Installation Succeeded」と出れば成功です。

SideStoreをサイドロードする手順5

Apple IDでサインイン

SideStoreをサイドロードする手順6

サインインに成功したときのメッセージ

うまくApple IDが認証されず、インストールに失敗することがあります。

iCloudでApple IDにサインインしているか確認してください。

SideStoreをサイドロードする手順7

サインインに失敗したときのメッセージ

次にiPhone側で作業します。

ホーム画面をみると、SideStoreのアイコンSideStoreが追加されていますが、これを認証する操作をします。

SideStoreをサイドロードする手順8

ホーム画面にアイコンが表示される

設定のアイコン設定アプリを開き、一般VPNとデバイス管理 と進むと、サインインしたApple IDのメールアドレスが表示されます。

クリックして、信頼してください。

SideStoreをサイドロードする手順9

(左)一般 (右)VPNとデバイス管理

SideStoreをサイドロードする手順10

自分のApple IDのメールアドレスを信頼する

SideStoreをサイドロードする手順11

信頼して、検証済みステータスになる

またiOS 16/iPadOS 16以降の場合、デベロッパーモードを有効にする必要があります。

設定のアイコン設定アプリを開き、プライバシーとセキュリティデベロッパーモード よりオンのアイコンオンにします。

SideStoreをサイドロードする手順12

(左)プライバシーとセキュリティ (右)デベロッパーモード

SideStoreをサイドロードする手順13

デベロッパーモードをオンにすると、再起動が求められる

SideStoreをサイドロードする手順14

再起動後に出るメッセージ。オンにする

3. ペアリングファイルを作成する

ここからパソコン側の作業です。

作業する間、iPhoneとUSB接続してください。またiPhoneの画面は、点灯中にしてください。

ダウンロードしておいたJitterbugPairのZipファイルを展開して、jitterbugpair.exeを実行します。

ペアリングファイルを作成する手順1

jitterbugpair.exeを実行

以下のメッセージが出る場合、詳細情報 をクリックの上、実行 すればOK。

WindowsによってPCが保護されました
ペアリングファイルを作成する手順2

詳細情報

ペアリングファイルを作成する手順3

実行

jitterbugpair.exeを実行しても、パソコン画面に何も反応がありません。

iPhone側で以下メッセージが出たら 信頼 してください。

このコンピュータを信頼しますか?
ペアリングファイルを作成する手順4

このコンピュータを信頼しますか?

もう一度、jitterbugpair.exeを実行すると、同じフォルダ内に以下のようなファイルが生成されます。

xxxx-xxxx.mobiledevicepairing
ペアリングファイルを作成する手順5

.mobiledevicepairingファイルができる

このファイルをiPhone側へ移すのですが、事前にパソコン側でZipファイルへ圧縮をします。

圧縮せずに、そのままiPhoneへ移すと、拡張子が変わってしまうケースがあります。
ペアリングファイルを作成する手順6

.mobiledevicepairingファイルをZipへ圧縮

ペアリングファイルを作成する手順7

Zipファイルができた

できあがったZipファイルを何らかのオンラインストレージ(例:Googleドライブ)に保存します。

パソコンでの作業はこれで最後で、以降の手順はすべてiPhone側で作業します。

標準アプリファイルのアイコンファイルを開きます。

‎ファイル
‎ファイル
開発者: Apple
金額: 無料

アプリが見当たらない場合、ホーム画面の検索アイコン検索機能より探しましょう。

“ファイル”と入力で見つかります。

ペアリングファイルを作成する手順8

(左)赤枠の検索をタップ (右)ファイルと入力で見つかる

ファイルのアイコンファイルで保存先のオンラインストレージを開きます。

Googleドライブを例に説明します。

Zipファイルを確認できたら、タップして、その場で展開します。

ペアリングファイルを作成する手順9

Zipファイルをタップして、中身を解凍する

ホーム画面からSideStoreのアイコンSideStoreを開くと、ペアリングファイルの選択を求められます。

Pairing File
Select the pairing file for your device.
ペアリングファイルを作成する手順10

(左)SideStoreを開く (右)ペアリングファイルの選択

展開しておいた.mobiledevicepairingファイルを選択しましょう。

これでペアリング完了です。

ペアリングファイルを作成する手順11

(左)ペアリングファイルを選ぶ (右)メッセージが出なくなればOK

4. WireGuardのVPNを設定する

iPhone側の作業です。

WireGuardのアイコンWireGuardというアプリをインストールします。

‎WireGuard
‎WireGuard
金額: 無料

こちらのリンクをタップして、共有メニューからWireGuardのアイコンWireGuardを選択、VPN構成の追加を 許可 します。

またWireGuardのアイコンWireGuardで、SideStoreをオンのアイコンオンにします。

今後、普段はオフに戻しても問題ありませんが、SideStoreでアプリを導入するときや、更新をするときはオンのアイコンオンにする必要があります。
WireGuardのVPNを設定する手順1

(左)共有メニューを開く (右)WireGuardへ共有

WireGuardのVPNを設定する手順2

(左)許可する (右)SideStoreをオン

5. SideStoreで最終調整する

iPhone側の作業です。

SideStoreのアイコンSideStoreを開き、「Settings」タブからApple IDにサインインします。

SideStoreのipaファイルをサイドロードしたときと、同じApple IDを使ってください。
SideStoreで最終調整する手順1

(左)Sign in with Apple ID (右)Apple IDにサインインする

SideStoreで最終調整する手順2

サインイン成功後の画面

ただ動作が不安定で、最初の数回はエラーが出て失敗し、何度か繰り返して、サインインできました。

SideStoreで最終調整する手順3

サインインに失敗したときの画面

最後にSideStoreのアイコンSideStoreを更新します。

「My Apps」タブで Refresh All をタップすると、更新がはしり、一度アプリが落ちます。

しばらく待ってから、再度SideStoreのアイコンSideStoreを起動します。

SideStoreで最終調整する手順4

(左)Refresh All (右)アプリが自動で落ちて更新される

SideStoreで最終調整する手順5

再度開き、更新完了

この操作は、7日に1回のタイミングで、署名が切れる前に実行する必要があります。

更新をするとき、WireGuardのアイコンWireGuardでVPNをオンにするのをお忘れなく。
SideStoreで最終調整する手順6

(左)署名切れが近づくと通知が出る (右)署名切れになると最初から導入しなおしが必要

設定は以上です。お疲れ様でした。

 

SideStoreでアプリを探す方法

SideStoreで新しいアプリの探し方は、主に2パターンです。

  1. 自分で用意したipaファイルからインストールする
  2. Sourcesに掲載される一覧からインストールする

自分で用意したipaファイルからインストールする

SideStoreを使えば、ipaファイルからアプリをサイドロードできます。

使いたいアプリのipaファイルをすでに持っていれば、こちらの方法がオススメです。

【ipaファイルとは】iOSデバイス(iPhone/iPad)向けのアプリケーションパッケージファイルのこと。

まず、導入したいアプリのipaファイルを入手して、何らかのオンラインストレージに保存します。

こだわりがなければ、iCloudに保存しましょう。

PS2エミュレータのPlay!を導入する例で説明します。

「My Apps」タブの+アイコンから、用意したipaファイルを選択します。

しばらく待つと、インストールが完了して、ホーム画面にもアイコンが追加されます。

自分で用意したipaファイルからインストールする手順1

(左)+アイコン (右)ipaファイルを選択

自分で用意したipaファイルからインストールする手順2

(左)インストール完了 (右)アイコンが追加される

Sourcesに掲載される一覧からインストールする

メジャーなアプリの場合、わざわざipaファイルを用意せずとも、指定したソースのアプリ一覧からインストールすることができます。

まず、「Browse」タブの Sources を開き、一覧からソースを追加します。

たとえばSideStore Team Picksはオススメです。
Sourcesに掲載される一覧からインストールする手順1

(左)Sources (右)追加したいソースを選ぶ

Sourcesに掲載される一覧からインストールする手順2

(左)Add Source (右)ソースが追加される

これで「Browse」タブに、追加したソースに掲載されるアプリが表示されます。

タップするだけで、インストールできます。

PSPエミュレータのPPSSPPを導入する例で説明します。
Sourcesに掲載される一覧からインストールする手順3

(左)アプリ一覧 (右)タップでインストールが始まる

Sourcesに掲載される一覧からインストールする手順4

(左)インストール完了 (右)アイコンが追加される

 

〆:iPhone単体でアプリをサイドロードしよう!

以上、SideStoreのインストール方法! iPhoneでIPAからアプリをサイドロードする使い方 の説明でした。

SideStoreの導入ステップは多く、簡単ではありません。

ただ一度パソコンで設定すれば、以降はiPhone単体でIPAファイルなどからアプリをサイドロード可能となる魅力があります。

欲しいアプリが公式のApp Storeで配信されていない場合、挑戦する価値アリですよ。

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました