Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

iPhoneでアプリのアンインストールを防止する方法! iOS設定に制限をかけて勝手な削除を禁止しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneを友人や子供に渡すと、勝手に意図しない操作をしないか心配ですよね。

特にホーム画面上に並んでいるアプリのアンインストール(削除)をされると、大切なデータ消失のリスクもあり、取り返しの付かないケースになることも。

そこで本記事では、iPhone上のアプリ削除を制限して、勝手にアンインストールされるのを防ぐ方法を紹介します。

photo by ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iOSでアプリ消去を制限する方法

標準設定にある「機能制限」を使えば、アプリのアンインストールを規制できます。

iOS 12より「機能制限」設定は「スクリーンタイム」設定に統合されましたが、同様にアプリの削除を禁止できます。

「機能制限」と「スクリーンタイム」とで手順が異なるため、記事中では別々に解説しています。

機能制限でアプリ削除を禁止する手順 – iOS 12未満

この手順は、iOS 12未満が対象です。

「設定」→「一般」→「機能制限」と進み、

「機能制限を設定」より機能をオンにします。

ここで、機能制限専用のパスコードを登録する必要があります。

後は機能制限リストの中から「Appの削除」を見つけ、トグルをオフにすればOK。

ホーム画面上で削除したいアプリアイコンを長押ししてプルプル震える状態にしても、削除できなくなります。

プルプル震える状態にしてもバツボタンが表示されないため、アンインストールできない。

スクリーンタイムでアプリ削除を禁止する手順 – iOS 12以降

この手順は、iOS 12以降が対象です。

「設定」→「スクリーンタイム」より「スクリーンタイムをオンにする」を選び、

「続ける」→「これは自分用のiPhoneです」と進みます。

友人や子供が勝手に設定変更できないよう、「スクリーンタイム・パスコード」を設定します。

「コンテンツとプライバシーの制限」にてトグルを有効にし、

「iTunesおよびApp Storeでの購入」にて、「Appの削除」を「許可しない」へ変更すればOK。

ホーム画面上で削除したいアプリアイコンを長押ししてプルプル震える状態にしても、削除できなくなります。

参考:機能制限パスコードを忘れた場合

「機能制限」と「スクリーンタイム」では、それぞれ専用のパスコードを設けることができます。

画面ロックのパスコードとは独立しており、万が一忘れてしまうと本体を初期化するしか解決方法はありません。

iOSで機能制限パスコードをリセットする方法! もし忘れたらiPhone/iPadを強制初期化しよう
iPhoneの「機能制限」パスコードは本体ロック画面のパスコードとは別で設定されるため、忘れしまった方もいるでしょう。 そこで本記事では、iOSで機能制限パスコードをリセットする方法を紹介します。 「機能制限」専用のパスコードを...
iPhoneで分からないスクリーンタイム・パスコードをリセットする方法! 忘れたらiOSを強制初期化しよう
iOS 12より「スクリーンタイム」という新機能が導入されました。 iPhoneのアプリ使用時間や機能を制限できる設定で、操作には「スクリーンタイム・パスコード」という暗証番号が必要となります。 このパスコードは本体ロック画面の...

それぞれ詳細は関連記事で解説しています。

 

補足:

そのほか機能制限の便利設定まとめ

「機能制限(スクリーンタイム)」は、ほかにも便利な設定があります。

例えば、「機能制限」にて「アクセス許可するWEBサイト」を調整することで、許可リストにないサイトアクセスを禁止できます。

[iOS] Safariで特定Webサイトのみ閲覧を許可する方法! iPhoneのブラウザで指定URL以外のアクセスを制限しよう
お子様がいらっしゃる家庭だと、自分のiPhoneを子供に貸して、ゲームをさせたりすることもあるでしょう。 が、目を離したスキに、予期せぬ使い方をされて問題になることもしばしば。例えば、Amazonはオートコンプリート機能がオンになって...

このような便利設定はまとめて、関連記事【子供に与えるiPhoneでオススメの機能制限まとめ! iOS利用を制約して正しい使い方をさせよう】で解説しています。

子供に与えるiPhoneでオススメの機能制限まとめ! iOS利用を制約して正しい使い方をさせよう
本ブログでも過去、iPhoneを子供に貸す・与える際に便利な豆知識を色々と紹介してきました。 スマートフォンを使わせる以上、教育面やセキュリティ面を考えて、一部機能に制限を加えて正しい使い方をさせることで、子供への悪影響リスクを最小限...

脱獄アプリ「LendMyPhone」を使ってゲストモードを追加する方法

脱獄(Jailbreak)が前提となりますが、アプリ「LendMyPhone」を使えば、専用のゲストアカウントを作成して、パソコンのゲストモードに近い機能を追加できます。

指定パスコードを入力してゲストモードを起動した画面。「設定」と「Chrome」アプリのみ許容した状態。

詳細は関連記事【iPhone/iPadにゲストモードを追加する方法! iOSにマルチアカウントを設定して機能制限やアプリロックするやり方】で解説しています。

iPhone/iPadにゲストモードを追加する方法! iOSにマルチアカウントを設定して機能制限やアプリロックするやり方
この記事では、iPhoneやiPadでゲストモードを実現する方法を解説しています。標準の「アクセスガイド」・「スクリーンタイム」設定、または脱獄アプリ「LendMyPhone」を使えば特定のアプリや機能を制限できます。

 

〆:削除されては困るアプリがあればぜひ!

以上、iPhoneでアプリのアンインストールを防止する方法! iOS設定に制限をかけて勝手な削除を禁止しよう の説明でした。

友人や子供にiPhoneを貸与する際は、「機能制限」や「スクリーンタイム」でアプリのアンインストールを防止しましょう。

ぜひ、ご参考下さい。

参考 Appleサポート – iPhoneでペアレンタルコントロールを使う

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました