GuestMode – iPhone/iPadを友人や子供に安心して貸せるゲストモードを追加するJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

家族や友人に自身のiPhoneを貸した際、勝手にアプリの操作をされて設定が変わってしまったり、プライバシーに関わる情報が流出してしまったりと、トラブルに遭った経験はないでしょうか?

そこで本記事では、iPhoneやiPadにPCのような「ゲストモード」を導入することで利用できるアプリを制限できる脱獄アプリ「GuestMode」を紹介します。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

GuestMode – 使い方と特徴

「GuestMode」を使えば、特定のアプリのみ利用できる状態である「ゲストモード」をiPhoneやiPadに導入できます。

通常のアイコンが利用可能なアプリ、暗くなってるアイコンが利用不可能なアプリを示す。

「友達に貸したいけど、見られたくないアプリがある・・・」・「子供に使わせたいけど、勝手に課金されたら困る・・・」などなど、様々な場面でその力を発揮する、大変便利な脱獄アプリになっています。

下記より「GuestMode」の使い方について說明をします。

手順①:アプリを入手する

まず、Cydiaより「GuestMode」を検索、インストールし、リスプリングまで行います。

価格:$0.99

レポジトリ:BigBoss(Cydia標準レポジトリ)

手順②:アプリを設定する

「GuestMode」をインストールできたら設定を行います。

iPhone上の操作で、「設定」→「GuestMode」より、詳細設定の変更ができます。

下記より基本項目の解説をします。

GUEST MODE – 「GuestMode」設定を有効にする

トグルをオンにすると、「GuestMode」アプリ設定が有効となります。

ENTERING GUEST MODE – 「Guest Mode」起動方法を設定

「ENTERING GUEST MODE」項目では「Guest Mode」を起動する方法を各種設定できます。

それぞれ紹介します。

Guest Button – 「Guest Mode」へ入るボタンを設置

「Guest Button」トグルをオンにすると、パスコード入力画面上に「Guest Mode」へ入るボタンを配置します。

Leftを選ぶとパスワードの「0(ゼロ)」ボタンの左に、Rightだと右に配置されます。

「Left」を選んだ場合、0ボタンの左側に設置される。

Swipe – スワイプで「Guest Mode」へ入る

「Swipe」トグルをオンにすると、ロック画面を左、またはは右にスワイプすると「Guest Mode」へ入れるようになります。

Activator Gesture – 「Activator」で「Guest Mode」へ入る

「Activator Gesture」トグルをオンにすると、別途「Activator」脱獄アプリを使うことで、「Guest Mode」へ入れるようになります。

Activator Action – 「Activator」の詳細設定

「Activator Gesture」を有効にしている場合に、「Guest Mode」への入り方等、詳細設定を「Activator Action」で調整します。

GUEST PASSCODE – 「Guest Mode」へ入るパスコードを設定

「GUEST PASSCODE」項目では、「Guest Mode」を起動する際のパスコードを設定できます。

それぞれ紹介します。

Guest Passcode – 通常のパスコードを要求

「Guest Passcode」トグルをオンにすると、「Guest Mode」へ入る際、通常のパスコードが必要になります。

Use Time As Guest Passcode – 時間をパスコードとして要求

「Use Time As Guest Passcode」トグルをオンにすると、現在の時刻をパスコード番号として設定できます。

例えば現在の時刻が「11:45」のとき、パスコード「1145」を入力してパスコード解除となります。

以前紹介した脱獄アプリ「TimePasscode」とほぼ同様の機能です。

関連記事

TimePasscode – iPhone / iPad で現在時刻をロック画面のパスコードにするJB App [要脱獄]

ENABLED APPs – 許可するアプリを設定

「ENABLED APPs」項目では、「Guest Mode」起動中にゲストに許可するアプリを設定します。

例えば、個人情報が詰まったメッセージ系・SNS系アプリ(LINEやfacebook等)を非許可とし、ブラウザや電卓アプリ等を許可すると良いでしょう。

〆:人に貸し出す機会が多ければ便利!

以上、GuestMode – iPhone / iPadを友人や子供に安心して貸せるゲストモードを追加するJB App [要脱獄] の說明でした。

今回の「GuestMode」は有料脱獄アプリとなりますが、友人や子供にiPhone / iPadを貸し出す機会が多ければ、お金を払う価値は十分あると思います。

一方、「脱獄せずに or お金を払わずに同様の制限を加えたい」という場合は、iOS標準の「機能制限」をうまく使うことで擬似的には可能です。

関連記事

[脱獄不要] iPhone/iPadで消せないプリインストールアプリをホーム画面から消し 利用も制限する方法 [機能制限]

また、iPhoneではなくPCを貸し出す機会が多ければ、合わせて下記記事もご参考あれ。

関連記事

PCを子供や友人に貸すとき便利!Google Chromeのログインユーザー(プロフィール/アカウント)をパスワードでロックする方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい