[iOS] iTunesにある曲をiPhoneの着信音とする方法! 好きな音楽を拡張子m4rへ変換しよう

スポンサーリンク

iPhoneで電話の着信音やアプリの通知音を変更したことはありますか?

標準で用意されている音源だけでいくつもありますが、アプリ毎で通知音を変えたければ種類に上限が出ますし、自分だけの着信音にカスタマイズしたいニーズをお持ちの方もいるでしょう。

実はiOS(iPhone / iPad)の場合、iTunes上にある音源ファイルを、ちょっとした変換作業を経ることで新しい着信音として設定ができます。

そこで本記事では、iTunesにある曲をiPhoneの着信音とする方法を紹介します。

好きな音楽をiTunesを通して、iOSの着信音向け拡張子「m4r」形式へ変換できるようになるため、知っておくと便利な豆知識ですよ。ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

iTunesにある曲をiPhoneの着信音へ!

iPhoneの着信音とするためには、楽曲ファイルの拡張子が「m4r」形式である必要があります。

iTunes上では、楽曲ファイルを直接「m4r」形式へ変換することはできませんが、一つ手前の「AAC」形式へ変えることはできるため、作業の順序としては、

①:iTunes上で楽曲ファイルを「AAC」形式へ変換する

②:PC上で楽曲ファイル「m4r」形式へ変換する

③:楽曲ファイル「m4r」をiTunesを通してiPhoneへ移す

となります。

また今回の手法では下記3点が必要となります。

最新のiTunesがインストールされたPC

iPhone本体

PCとiPhoneを接続するケーブル

さっそく下記より說明していきます。

記事中では、macOS 10.12.6にインストールされたiTunes 12.7.1.14で說明しています。

①:iTunes上で楽曲ファイルを「AAC」形式へ変換する

まず最初に、iTunes上で楽曲ファイルを「AAC」形式へ変換する作業を実施します。

まだ着信音としたい楽曲がiTunes上になければ、ライブラリに追加して下さい(iTunes上で楽曲を再生すればOK)。

「読み込み方法」を「AACエンコーダ」とする

次に、ファイル拡張子を変換する下準備をします。

メニューバー「iTunes」→「環境設定…」と進み、

「一般」タブ内で「読み込み設定…」を開きます。

「読み込み方法」を「AACエンコーダ」として下さい(設定はiTunes PlusでOK)。

再生時間を着信音に対応した長さ「39秒以内」へ変える

iPhoneで設定できる着信音には「39秒以内」という制限があるため、もしiTunes上の曲の長さが超えている場合、一時的に短くする設定が必要です。

着信音としたい楽曲を選び「曲の情報」へ、

「オプション」タブにて「開始」と「停止」の時間を調整して、任意の部分を39秒以内にすればOK。

開始から最初39秒間だけで良ければ「停止」時間を39秒以内に変更するだけですし、特定パート(サビなど)を指定したければ、予め楽曲内でどの時間に該当するか調べておきましょう。

「AAC」形式へ変換する

いよいよ楽曲を「AAC」形式へ変換します。

着信音としたい楽曲を選択した状態で、メニューバーから「ファイル」→「変換」→「AACバージョンを作成」を実行すると、

選択した楽曲の隣に「AAC」形式へ変換した同名の楽曲が表示されるので、一度PCのデスクトップ上へドラッグ&ドロップして下さい。

また、先ほど変更した楽曲の「再生時間」を元の状態に戻すことを忘れないようにして下さい。

②:PC上で楽曲ファイル「m4r」形式へ変換する

次に、PC上で楽曲ファイル「m4r」形式へ変換する作業を実施します。

まず、PCへ移した楽曲ファイルの拡張子が「m4a」形式となっていることを確認して下さい(今回の主旨においては「AAC」形式と「m4a」形式はイコールだと理解して問題ありません)。

もしファイル名の末尾に拡張子が表示されない場合、Finderの「環境設定…」へ進み、

「詳細」タブで「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックが入っているか確認して下さい。

続いて、対象の楽曲ファイル選択中に enter を押して「名前を変更」を実行し、

ファイル名末尾にある「m4a」を「m4r」に変えて下さい。

警告文が表示されるので「”.m4r”を使用」を選びます。

以上の手順で、「m4r」形式の楽曲ファイルとなればOKです。

ここで念のため、変換できた「m4r」形式の楽曲ファイルがMacのクイックルック機能を使い スペース を押して再生できるか確認してみて下さい。

関連記事

Macのクイックルックをより便利にするカスタマイズまとめ! Quick Lookの機能を拡充しよう

もし失敗した場合、再生時間を着信音に対応した長さ「39秒以内」となっていない可能性があります。

以上で変換作業は完了です。先ほどiTunes上で「AAC」形式へ変換した同名の楽曲ファイルがライブラリ上に残っている場合はこの時点で削除して構いません。

③:楽曲ファイル「m4r」をiTunesを通してiPhoneへ移す

後は変換できた楽曲ファイル「m4r」をiTunesを通してiPhoneへ移すだけ。

詳細な手順は別記事で說明している通りです。

関連記事

[iOS] 着信音や通知音をオリジナル音源に変更する方法! 好きなサウンドを設定しよう [iPhone/iPad]

着信音として設定できることを確認できれば成功です。

スピッツの「愛のことば」を着信音として設定できた。

ここで追加した楽曲は、着信音以外の通知音としても設定できるため、例えばiPhoneのメールアプリで複数アカウント(例:ドコモメールとGmail)を設定している場合、それぞれにiTunesの曲を通知音として設定できます。

例えばドコモメールとGmailとで異なる着信音を設定できる。

関連記事

[iOS] メール着信音を変える方法! アカウント別/連絡先毎に通知音を分けよう [iPhone/iPad]

iPhone版LINEでは、本体に入れた音源をオリジナル通知音として設定できない仕様があるため、今回の方法でLINEの音源をiTunesの楽曲へカスタマイズすることはできません。ちなみに、Android版LINEについては変更が可能です。詳細は関連記事をどうぞ。

また、マナーモード中に着信があるとバイブレーションが振動しますが、このパターンを自由にカスタマイズすることもできます。

関連記事

[iOS] 新しいバイブレーションを作成して着信/通知の振動をカスタマイズする方法 [iPhone/iPad]

関連記事も合わせてどうぞ。

〆:iTunesの曲も着信音にしてみよう!

以上、[iOS] iTunesにある曲をiPhoneの着信音とする方法! 好きな音楽を拡張子m4rへ変換しよう の說明でした。

着信音の長さは「39秒以内」という制約がありますが、うまく調整することで好きな曲のサビをiPhoneの着信 / 通知音として設定することができますよ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい