Android File Transfer – AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ

スポンサーリンク

いまやスマートフォンやタブレットとPCを両方保有している人も珍しくない中、AndroidMacの組み合わせで利用している人もいるでしょう。

ボクもこのパターンに該当していて、Androidに保存されているファイルをMacでいじくるとき、iTunesではなく、Mac向けAndroidファイル管理アプリを使っています。

今回はその代表格「Android File Transfer」の特徴やその使い方を紹介します。

photo by Johan Larsson

スポンサーリンク

Android File Transfer – できるコトと使い方

下記より、まずAndroidのUSB接続の基本について說明した後、「Android File Transfer」の使い方について說明をし、その中で合わせてアプリの機能も紹介します。

Androidは自由にファイル管理できる!

iPhoneとAndroidの違いは多々ありますが、その中の1つとして「AndroidならPCとUSB接続して自由にファイル管理ができる」という点があります。

iPhoneの場合だと、基本はiTunesを使って音楽を管理したり、画像を管理したりする必要があります。ただ、PC側のアプリは「iTunes」に限定されますし、操作できる内容も制限があります。

iPhoneを「脱獄(Jailbreak)=改造」すれば話は別ですが、ここでは無視します。

一方Androidの場合は複雑な設定をすることなく、USB接続するだけでPC側で自由にファイル管理をすることができます。それこそAndroidをUSBメモリのごとく、あらゆるファイルを転送することも可能です。

AndroidとWindowsなら事前設定不要だが…

もし組合せがAndroidとWindows PCなら、事前設定やサードパーティ製アプリをインストールすることなく、USB接続するだけで、Windows側からAndroidのファイルを管理することができます。

ただ一方で、組合せがAndroidとMacの場合、Mac側に指定のファイルマネージャー系アプリをインストールしなければAndroid側のファイルを管理することができません。

そこで下記よりMacのAndroidファイル管理アプリの代表格である「Android File Transfer」を紹介します。

手順①:アプリを入手する

まずはMac用アプリ「Android File Transfer」をインストールします。

App Storeではなく、公式配布サイトでファイルをダウンロードして下さい。

ダウンロード Android File Transfer

ダウンロード後ファイルを展開し、アプリケーショフォルダへ移動させます。

アプリの初期設定はなく、すぐに使い始めることができます。

もしアプリを起動する際に「開発元が未確認のため開けません」と表示された場合は、control を押しながら開いてみて下さい。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリをインストールする方法

手順②:AndroidとMacをUSB接続する

続いて、AndroidとMacをUSB接続します。無事認識されると、自動的に「Android File Transfer」がMac側で起動します。

Androidを接続する前にMac側で「Android File Transfer」を起動すると、「Android搭載端末が見つかりません。」というダイアログが表示されます。

「Android File Transfer」により、Mac側でAndroidの中身が表示されます。

手順③:Androidのファイルを操作する

「Android File Transfer」ではAndroidのファイルを確認するだけでなく、ファイルを転送したり、消去したりなど、各種ファイルマネージャー機能も搭載されています。

ケース①:Android→Macへファイルを移す

AndroidからMacへファイルを移す場合は、「Android File Transfer」上で該当ファイル選択し、Mac側へドラッグ&ドロップでデスクトップへダウンロードできます。

ケース②:Mac→Androidへファイルを移す

逆に、MacからAndroidへファイルを移す場合は、「Android File Transfer」上で移動先のディレクトリを表示し、Mac側で該当ファイルを「Android File Transfer」へドラッグ&ドロップで完了します。

ケース③:Android内のファイルを消去する

そしてAndroid内のファイル消去も、「Android File Transfer」を使えばMac側からの操作で完了します。

対象のファイルを「Android File Transfer」上で選び、右クリックメニューより「削除」を選べばOKです。

補足:Android 6.0〜(Marshmallow)は注意

最後に補足として、Android側のバージョンがAndroid 6.0 Marshmallow(マシュマロ)以降の場合、「Android File Transfer」を利用しようとすると、Mac側で認識できない場合があります。

「Can’t access device storage」と表示され、接続ができない。

下記に2点の原因を記載します。

原因①:Androidが画面ロックされている

1つ目の原因として、Android側が画面ロックされている場合、「Android File Transfer」を使ってもMac側で認識することができません。

解決方法として、Androidの画面ロックを解除してからUSB接続するようにしましょう。

原因②:USB接続が「充電モード」になっている

2つ目の原因として、Android側のデフォルトのUSBモードが「充電モード」になっている場合もMac側で認識することができません。

「充電モード」だと、USB接続の用途がMacからの給電のみとして自動設定されるため、ファイル転送が許可されていない状態となっています。

解決方法として、Android側の操作で「開発者向けオプション」から「USB設定の選択」を「MTP(Media Transfer Protocol)」に切り替えます。

関連記事

[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法

以上で下準備は完了です。

以降、AndroidとMacをUSB接続すると自動で「充電モード」となりますが、Androidの通知領域に現在のUSBモード状態が表示されるので、タップし「USB接続の用途」を「ファイルを転送する」に変更します。

するとMac側の「Android File Transfer」も自動で変更を認識し、Androidのファイルを表示できるようになります。

もしUSBモードを「ファイルを転送する」にしても起動中の「Android File Transfer」が自動認識しない場合、一度「Android File Transfer」を再起動して下さい。

〆:MacでAndroidのファイル管理ができて便利!

以上、Android File Transfer – AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ の說明でした。

Androidにも優れたファイルマネージャー系アプリが多数用意されていますが、やはり使い慣れたMacの画面でAndroidのファイル管理ができるのは便利です。

「Android File Transfer」はその代表格アプリなので、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい