macOSプレビューでicnsからpng形式へ変換する方法! Macでアプリアイコンの画像ファイルをエクスポートしよう

Mac使い方

Macを使っていると、たまに画像ファイルの拡張子を「icns」形式から「png」形式へ変換したいシチュエーションがあります。

実は、Mac標準アプリである「プレビュー」を使えばカンタンにファイル形式のエクスポートが可能です。

そこで本記事では、その方法について紹介します。

photo by Matt Gibson

 

macOSのプレビューでicnsからpng形式へ変換!

 

プレビューを使った作業手順

まず「png」形式へ変換したい「icns」形式の画像ファイルを「プレビュー」アプリで開きます。

対象のicns形式の画像ファイルをプレビューアプリで開けない場合は、ファイル関連付けを変更する必要があります。詳細は別記事で說明しているのでご参考あれ。

関連記事

[Mac] 指定拡張子ファイルの関連付けを変更し 開く標準(デフォルト)アプリを変える方法

次に、上部メニューバーより「ファイル」→「複製」と選択し、

新規で複製された画像を保存する際、フォーマットを「png」にすればOKです。

ちなみにプレビューの「書き出し」機能は、他形式の画像ファイルでの変換作業も可能です(例:heic→jpg)。

関連記事

[iOS] iPhoneで撮影した写真フォーマットHEIFから元に戻す方法! heicをjpgへ変換して表示しよう

 

参考:大きさ(サイズ)を変更したい場合

変換した「png」形式ファイルの大きさ(サイズ)を変更しようとすると、失敗するケースがあります。

この問題は、画像のファイル形式を「icns」→「tiff」→「png」と2回変えることで解決できます。

カンタンにその手順を紹介します。

手順①:「tiff」へ拡張子を変換する

まず、先ほど同様に「png」形式へ変換したい画像を、「プレビュー」アプリで開きます。

プレビューで開くと、「icns」形式の場合にいくつか画像が左に表示されます。

この中から1つ選び、デスクトップへドラッグ&ドロップします。

すると、自動的に保存された画像が「icns」から「tiff」形式へ変換されます。

手順②:「png」形式へ拡張子を変換する

後は、「tiff」形式となった画像ファイルを再び「プレビュー」アプリで開き、ここまで同様の方法で「png」形式へ変換します。

その③:「png」の大きさを変更

最後に、「png」形式となった画像ファイルを「プレビュー」アプリで開き、上部メニューから「ツール」→「サイズを調整」と進み、任意の大きさを入力すれば、変更ができます。

 

〆:プレビューで画像の拡張子を変更しよう!

以上、macOSプレビューでicnsからpng形式へ変換する方法! Macでアプリアイコンの画像ファイルをエクスポートしよう の說明でした。

icns形式の画像ファイルは主にMacのアプリアイコンで使われることが多く、この画像をpngに変換する際は、記事中で說明した通り標準アプリのプレビューを使うと便利です。

ぜひ、お試しあれ。

Mac使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント