[Mac] Boot Campを解除するためWindowsパーティションを削除する方法

Mac使い方

MacでWindows OSを動かすためにBoot Camp環境を利用している場合、WindowsパーティションをMacの内部ストレージに作っていると、容量圧迫の要因となりえるため、元に戻す方法を探している方もいるでしょう。

実はMac標準アプリ「Boot Camp アシスタント」を使えば、カンタンに元の状態へ戻すことが可能です。

そこで本記事では、MacでBoot Campを解除するためWindowsパーティションを削除する方法を紹介します。

同様の作業を検討している方は、ぜひご覧あれ。

photo by Boot Camp – Apple サポート

 

Windowsを削除してBoot Campを解除する方法

 

「Boot Camp」の基本と欠点

「Boot Camp」はMac標準機能として搭載されており、1つのMacにmacOSとWindows OSを両方インストールして使い分けることができるサービスです。

インストール後、Macを再起動してmacOSとWindowsの切り替えができるようになります。

参考 Boot Camp を使って Windows をインストールする方法 – Apple サポート

Windowsでしかできない機能を使うために、わざわざWindows PCを購入せずとも、条件さえ満たせば現在のMac内でWindows環境を構築できる素晴らしい機能です。

実はボクも約1年近く、MacでWindows OSを動かすためにこのサービスを利用していました。

関連記事

[Mac] 外付けHDDにTimeMachine(タイムマシン)領域とWindows対応のデータ領域を作る方法

「MacでWindows OSを動かしたい」主な理由は、やはりWindowsでしか利用できないソフトが多いからだと感じます。特にビジネス利用の場合「OfficeソフトがWindowsの方が良い」という意見を良く耳にします。

が、ボクの場合、特にWindowsでしか動かない必須ソフトがあったわけではなく、単純な好奇心でBoot Campを利用していました笑。

だからこそ、最近、Macの内部ストレージ容量が不足しているため、ほぼ使っていないBoot CampのWindowsパーティションを削除することにしました。

Boot Campを解除するためには、作成したWindowsパーティションを削除すればOKです。削除後に余った領域は、当初通りmacOSで利用できます。

下記よりさっそくその手順を說明します。

 

手順①:ディスクを単一ボリュームへ復元する

Boot Campを始める際に使った「Boot Camp アシスタント」を起動します。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」内にあります。

「Boot Camp アシスタント」起動後、画面を進めると、どの作業を実行するか選択できます。

今回はBoot Campの解除をするため、「Windows 7 またはそれ以降のバージョンを削除」にチェックを入れ、次に進みます。

「Windowsパーティションを削除すると、Windows側で保存されたデータはすべて消えますよ」といった注意文が記載されます。OKなら、復元を選びます。

パスワードを入力し、OKを選ぶと、

Windowsパーティション削除が始まります。作業完了まで、5分ほどかかりました。

 

手順②:完了後に内部ストレージ容量を確認してみる

下記の画面が出て、無事作業は完了となります。

改めてMacの内部ストレージ容量を確認すると、今までBoot Campで使用していた領域が解放され、macOSで利用できる余裕がかなり増えました。

 

〆:作業は超カンタン

以上、[Mac] Boot Campを解除するためWindowsパーティションを削除する方法 の說明でした。

特につまずきそうな部分もなく、作業時間も10分かからない程度にカンタンでした。

Boot Campを解除したい、という際にぜひご参考あれ。

Mac使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント