外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法! 保存先を変更してMacのストレージ空き容量を増やす

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)の場合、iTunesを使ってPCへバックアップができますが、バックアップデータはPCの内部ストレージへ保存されるため、容量圧迫の要因となり得ます。

特に昨今のiOSはストレージ量が128GBや256GBと大きい傾向があるため、いつの間にかPCストレージ容量の大半がiTunesのバックアップデータだった、ということも。

そこで本記事では、外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法を紹介します。

記事中では、iPhoneとMacの組み合わせを例に說明しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成!

作業の前に:

まず最初に、作業をする前に確認しておくべき事項を解説します。

iTunesのバックアップ先について

iTunesのバックアップは、「iCloud」か「このコンピュータ」か選択できますが、前者は容量に上限があるため、完全なバックアップを作成したい場合は、必然的に後者を選ぶことになります。

ただ、iTunesではバックアップ先のPCディレクトリを指定することはできず、強制的に下記へ保存される仕様となっています。

上記ディレクトリは内部ストレージ直下となるため、例えばバックアップするiPhoneに大量の写真や動画が保存されている場合、バックアップデータもその分増大するため、結果的にPCのストレージ容量を圧迫してしまいます。

ただ実はMacの場合、標準機能である「ターミナル」を活用することで、iTunesのバックアップ先を外付けHDDに変更することができます。

外付けHDDについて

もしまだ外付けHDDをお持ちでない場合、これを機に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ボクは下記製品を使っていますが、

今回紹介する「iTunesのバックアップデータの保存」以外にも、Macのバックアップである「TimeMachine(タイムマシン)領域」としても活用することができます。

関連記事

[Mac] 外付けHDDにTimeMachine(タイムマシン)領域とWindows対応のデータ領域 を作る方法

Macのストレージ容量の不足が心配であれば、1台持っておくと色々便利ですよ。

それでは、さっそく下記より外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する手順を紹介します。

手順①:指定フォルダの削除&外付けHDDにフォルダを作成する

「ターミナル」でコマンドを入力する前の準備として、iTunesのバックアップデータが保存される指定フォルダの削除と、バックアップ保存変更先の外付けHDDに新規フォルダ作成の2点を行います。

指定フォルダの削除をする

まず通常iTunesのバックアップが作成される下記ディレクトリをFinderで表示します。

表示する方法は色々とありますが、例えば  shiftG で、直接上記フォルダの場所をペーストして移動してもいいですし、

ディレクトリをペーストする際、「ユーザ名」の部分はご自身のものへ変更するのを忘れずに。

Finderのメニューバー「移動」を開き、 option を押しながら「ライブラリ」へ進んだ後、「Application Support」→「MobileSync」と開いてもいいでしょう。

「ライブラリ」項目はoptionキーを押さないと表示されない。

表示できたら、「MobileSync」直下の「Backup」フォルダ以下を削除します。

それまでiTunesでバックアップしたiPhoneデータが保存されているため、別のディレクトリ上にコピーを残しておくことをオススメします。

外付けHDDにフォルダを作成する

次に、新しくiTunesのバックアップデータを保存したい外付けHDD上に新しいフォルダを作成します。

フォルダは外付けHDD上の任意の場所に作成して構いませんが、フォルダ名は「Backup」として下さい。

ボクは外付けHDD直下の「iTunes」フォルダ内に「Backup」を作成した。

以上で下準備はOK。

手順②:ターミナルで指定コマンドを実行する

Macで「ターミナル」を起動し、

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

「ln -s 」と入力した後、先ほど外付けHDD上に作った「Backup」フォルダのディレクトリを入力します。

「ln -s 」は小文字の「s」の後ろに半角スペースがある点に注意して下さい。また、外付けHDD上に作った「Backup」フォルダのディレクトリは、当該フォルダをターミナル上にドラッグ&ドロップすれば自動で入力してくれるので、「ln -s 」と入力した後にドラッグ&ドロップすればOK。

例えばボクの場合は、入力内容は下記のようになりました。

この時点でまだ enter でコマンド実行をしない点に注意。

続いて、下記ディレクトリを半角スペース空けた直後に入力します。

留意事項は下記3点です。

半角スペース空けた直後に入力すること

「ユーザ名」の部分はご自身のものへ変更すること

ディレクトリの文字列全体をダブルクォーテーション(””)で囲むこと

最後に enter でコマンドを実行し、「MobileSync」フォルダ直下に外付けHDD上に作った「Backup」フォルダのシンボリックリンクが作成されれば成功です!

試しにiTunesでバックアップを実行してみて下さい。外付けHDD上に作った「Backup」フォルダにデータが保存されるはずです。

Macの内部ストレージ上(=/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync)ではあくまでシンボリックリンクとして保存されるため、バックアップデータ量圧迫の心配はなくなります。

ちなみに今回の設定により、iTunesのバックアップ先は実質的に外付けHDDへ変更されたため、外付けHDDと接続されていない状態でiPhoneのバックアップをしようとするとエラーが発生し、先に進めなくなります。

iPhoneのバックアップは自宅でのみ実行するなら問題ありませんが、移動が多く外出先でも頻繁にバックアップを行う場合はデメリットとなります。

〆:iTunesバックアップデータ量の憂いをなくそう!

以上、外付けHDDにiTunesのiPhoneバックアップを作成する方法! 保存先を変更してMacのストレージ空き容量を増やす の說明でした。

ボクのMac(MacBook Air 11-inch, Mid 2013)は内部ストレージが128GBしかないため、iTunesバックアップデータは長年の悩みでもありました。

もし外付けHDDをお持ちで、自宅でしかバックアップを実行しないなら、本記事の設定はオススメできます。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい