MacでParallels Desktopを設定する方法! Windows 10をインストールしてマルチOSを実現する使い方

Mac使い方

MacでWindows OSを動かす手段は標準アプリ「Boot Camp アシスタント」が有名ですが、

参考 Boot Camp を使って Windows をインストールする方法 – Apple サポート

macOSとWindows OSの切り替え時にMacの再起動を伴うデメリットがあります。

[Mac] Boot Campを解除するためWindowsパーティションを削除する方法
MacでWindows OSを動かすためにBoot Camp環境を利用している場合、WindowsパーティションをMacの内部ストレージに作っていると、容量圧迫の要因となりえるため、元に戻す方法を探している方もいるでしょう。 実はMa...

そこで本記事では、再起動せずにmacOSとWindows OSを同時に動かせるソフト「Parallels Desktop」の設定方法を紹介します。

実際に「Parallels Desktop」と「Windows 10」購入後の初期設定手順を記載しているので、ご参考下さい。

photo by DobaKung

 

MacでParallels Desktopを設定する方法

まず「Parallels Desktop」と「Windows 10」を購入します。

実際に購入した2点。

手順①:「Parallels Desktop」をインストールする

まず「Parallels Desktop」をインストールします。

購入した「Parallels Desktop」の中身は、製品アクティベーションキーが記載された紙とシールのみで、インストールディスクやマニュアルの類は同梱されません。

製品版のダウンロードリンクよりアプリを落とし、

dmgファイルを展開してインストールします。

途中、初めて「Parallels Desktop」をインストールする場合に下記メッセージが表示されます。

機能拡張がブロックされました

  • ”Prallels International GmbH”によって署名された新しい機能拡張を読み込もうとしました。これらの機能拡張を有効にしたい場合は、”セキュリティとプライバシー”システム環境設定を開いてください。

画面に従って「OK」をクリックし、「セキュリティとプライバシー」で「許可」を選択します。

Macの環境によっては「許可」をクリックしても反応がなく、先に進めない症状が起きます。

記事後半で解決策を説明しているのでご覧下さい。

手順②:Windows 10をインストールする

「Parallels Desktop」のインストールを進めていくと、Windows 10のインストール画面が表示されます。

そのまま先に進むと、Windows 10のダウンロードが自動で始まります。

ただ容量が4GB近くあるため、ボクのようにパッケージ版Windows 10を購入しているなら、同梱されるUSBメモリからインストールした方が速いです。

なお、最近のMacBook ProやMacBookでは、ポートが「USB Type-C」しか用意されておらず、USBメモリをそもそも接続できないケースがあるでしょう。

そのような場合に便利なのがMacBook向けのUSBハブで、例えばボクがMacBook Proで使っている「Satechi マルチ USB ハブ」なら、USB 3.0ポートやSDカード / microSDカードを両方とも認識できて大変オススメです。

USBメモリをMacで認識できたら、メニューバーの「Parallels Desktop」から「コントロールセンター」を開き、

+をクリックして「インストールアシスタント」を起動。

「イメージファイルからWindowsをインストール」を選択、

イメージファイルとしてUSBメモリのWindows 10が表示されるので、インストールを実行します。

USBメモリからインストールできない事情があれば、インストールアシスタントに従ってWindows 10のイメージファイルをダウンロードすればOKです。

Windows 10インストール開始時にライセンスキー(プロダクトキー)の入力が必要です。

パッケージ版Windows 10を購入しているなら、ライセンスキー(プロダクトキー)のカードが同梱されています。

ライセンスキー(プロダクトキー)を認証できたら、後はWindowsの主な用途の選択やインストール先の場所を決めます(基本的にデフォルトのまま変更なしでOK)。

最初に64ビットと32ビットのどちらでセットアップするか、 キーで選択、 enter で決定します。

特別な事情がなければ64ビットでよいでしょう。

その後は自動でインストールが進むので、しばらくの間待ちます。

「インストールが完了しました」という画面まで表示されればOK。

手順③:「Parallels Desktop」のライセンス認証を済ませる

まだ「Parallels Desktop」の試用版を使っているなら、ライセンス認証を済ませましょう。

メニューバーより「アカウント&ライセンス」を開き、

「キー入力」を選択。

購入した「Parallels Desktop」に同梱される製品アクティベーションキーを入力します。

「正常にアクティベートされました。」と表示されればOKです。

以上で初期設定は完了。

「Parallels Desktop」でMacを立ち上げたまま、Windows 10を起動できました。

 

参考:セキュリティとプライバシーを許可できない場合

「Parallels Desktop」の初回インストール時、Macの環境によっては「セキュリティとプライバシー」で「許可」をクリックしても反応がない症状が起きます。

なぜか「許可」をクリックしても反応がない。

この場合、リカバリーモードからターミナルで指定コマンドを実行して下さい。

手順①:リカバリーモードを起動する

Macで再起動を選択し、 R を長押ししてリカバリーモードを起動します。

手順②:ターミナルで指定コマンドを実行する

メニューバーから「ターミナル」を開き、

次のコマンドを実行して下さい。

csrutil enable
spctl kext-consent add 4C6364ACXT

どちらも近年macOSで導入されているセキュリティ機能を無効化する内容です。

1行目で、「SIP(System Integrity Protection)」と呼ばれるシステムガードを一時的に解除しています。

2行目で、「Secure Kernel Extension Loading」と呼ばれるセキュリティ機能を許可します(”4C6364ACXT”が「Parallels Desktop」のアプリ情報)。

参考 Apple – Kernel Extension Loading

ターミナルで上記コマンドを実行できたら再起動し、「Parallels Desktop」のインストールが先に進めば成功です。

なお、作業が終わったら再びSIPを有効化するのを忘れずに。

詳細は関連記事【MacでSIPを解除する方法! macOSのSystem Integrity Protectonを無効にしてシステム設定を変更しよう】で解説しています。

MacでSIPを解除する方法! macOSのSystem Integrity Protectonを無効にしてシステム設定を変更しよう
Mac OS X El Capitan以降、SIP(System Integrity Protection)と呼ばれるシステムガードが導入されたことで、システム中枢に関わる様々なカスタマイズができない仕様となりました。 が、ターミナル...

 

〆:マルチOSを使いこなそう!

以上、MacでParallels Desktopを設定する方法! Windows 10をインストールしてマルチOSを実現する使い方 の説明でした。

MacでWindowsを動かす手段はほかにも存在しますが、使いやすさを重視するなら「Parallels Desktop」は大変オススメです。

ぜひ、ご参考下さい。

Mac使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント