MacでウェブサイトをPDF変換する方法! 印刷機能でファイルやWebページをPDF保存しよう

Mac使い方

ブラウザで見ているWebページを保存する方法は様々ですが、PDFに変換してしまえばレイアウトが崩れることなく、カンタンに保存・共有ができて便利です。

またビジネスの現場でも、オフィス系ファイルをPDFにしてから共有する機会も多いでしょう。

このように用途の多いPDFファイルは、実はMac標準の印刷機能と「プレビュー」アプリを使えば、あらゆるファイルやページもPDFに出力変換して保存することができます。

そこで本記事では、その方法を紹介します。

photo by vixrealitum

 

Macの印刷機能でPDFへ変換して保存する方法

まず、印刷ができるファイルやページを何でも良いので用意して下さい。

続いて、用意したファイルやページで「印刷」を選んで下さい。

例えば、食べログのとあるページを使って説明をする。

メニューバーから「印刷」ボタンを探すか、Macの場合、command + P で印刷画面を開けます。

次に、表示される印刷画面の左下にある「PDFをプレビュー」をクリックします。

また画像ファイルなどの場合は、左下「PDF」オプションより「プレビューでPDFを開く」を選んで下さい。

ファイル形式や使用しているアプリによっては、上記2例とは異なる表示になるかもしれませんが、いずれにせよ、「PDFファイルとしてプレビューで開く」という選択をすればOKです。

すると、表示していたファイルやページの印刷画面が、「プレビュー」アプリでPDF表示されるので、後は保存するだけ。

PDFファイルとして保存が完了します。

 

補足:そのほかプレビュー関連の便利な情報まとめ

「プレビュー」の便利な使い方はたくさんあります。

例えば、「インスタントアルファ」または「投げなわ」機能で対象範囲をドラッグすると、ピンク色の領域が表示され、  + X で切り取れば背景を透明化できます。

インスタントアルファ機能での加工例。

macOSプレビューで画像の背景を透過する方法! Macで写真の不要部分を削除して透明に加工しよう
画像の背景を削除(透明に)したいとき、どうしていますか? Photoshopなどサードパーティ製アプリでも加工できますが、Mac標準アプリの「プレビュー」でも編集することができます。 そこで本記事では、Macの「プレビュー」アプ...

このようなプレビューの情報は関連記事【macOSプレビューの便利な豆知識まとめ! Macで画像/PDFを編集するアプリの使い方】でまとめて解説しています。

macOSプレビューの便利な豆知識まとめ! Macで画像/PDFを編集するアプリの使い方
本ブログでも過去、Mac標準アプリ「プレビュー」に関わる豆知識を色々と紹介してきました。 無料で使えるmacOSのプリインストールソフトですが、基本的な画像 / PDFの編集機能を一通り持っており、カンタンな内容であればこれだけで作業...

 

〆:まずは「印刷」からとりあえず「PDFで保存」へ

以上、[Mac] 印刷機能であらゆるファイルやWebページもPDFへ出力変換して保存する方法 の説明でした。

ボクは数年前にこの方法を知ってから、印刷機をほとんど使わなくなりました

おそらくWindowsでも似たような機能があと思いますが、Macでの方法に慣れてしまったので、ボクにとってMacを使い続ける理由の1つになっています。

まだ試したことない方は、ぜひお試しあれ。

Mac使い方
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント