Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

スマホでWebページをPDF化する方法! Android/iPhoneのChromeやSafariでサイト全体を保存しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマートフォンのブラウザで表示しているページは、様々な方法でPDFファイルへ変換できます。

本記事ではその方法について、AndroidとiPhoneに分けて紹介します。

家族や友人へウェブサイト情報を共有したいとき便利ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidで画面をPDFへ変換する方法

2つの方法を紹介します。

方法メリットデメリット
印刷メニューで
PDFを作成する
  • 専用アプリの
    インストールが不要
  • アプリによっては非対応
  • レイアウトが崩れる
    可能性あり
Web Snapshots
でPDFを作成する
  • 多くのアプリで対応
  • レイアウトが崩れにくい
  • 専用アプリの
    インストールが必要
まずは手軽な印刷メニューを使う方法がオススメです。印刷メニューに非対応のアプリや、よりPDF化の精度を高めたい場合に、Web SnapshotsのアイコンWeb Snapshotsを使う方法をどうぞ。

それぞれ順番に解説します。

方法①:スマホの印刷メニューでPDFを作成する

Androidでは印刷メニューから、表示中のページをPDF化できます。

別途アプリを導入する必要がないため、手軽でオススメです。

例えばChromeのアイコンChromeの場合、PDF化したいページでメニューから 共有印刷 と進み、

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順1

印刷メニューで PDF形式で保存 をセットして実行、保存先とファイル名を選択すれば完了です。

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順2

(左)印刷メニューでPDF化を実行 (右)保存先とファイル名を選ぶ

PDFファイルのデフォルトの保存先は「Download」フォルダにあるので、表示に問題ないか確認してみましょう。

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順3

(左)「Download」フォルダに保存されたPDF (右)PDFの表示を確認してみる

もしページ内の一部範囲のみPDF化したい場合、印刷メニューで 用紙サイズ を開き、ページの範囲選択で対象ページを数字で入力すればOK。

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順4

(右)ページ範囲を1〜3とした例。

ページ単位で範囲を指定する必要があり、細かい調整はできません。

ChromeのアイコンChrome以外のブラウザ(例:BraveのアイコンBrave / Microsoft EdgeのアイコンEdge)でも、たいていは印刷メニューが搭載されますし、

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順5

Brave(左)やEdge(右)も印刷メニューよりPDF化できる。

一部のブラウザ(例:FirefoxのアイコンFirefox / OperaのアイコンOpera)では、PDF化専用メニューが用意されているため、より操作しやすいです。

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順6

印刷メニューを開かずとも、Firefox(左)やOpera(右)は専用のPDF化機能が用意される。

またブラウザ以外のアプリでも、印刷メニューを表示できればPDF化可能です。

例えばGoogleフォトのアイコンGoogleフォトなら、撮影した写真やスクリーンショットもPDFへ変換できます。

スマホの印刷メニューでPDFを作成する手順7

(左)Googleフォトで印刷を選択 (右)印刷メニューでPDF化を実行

一方、ブラウザによっては(例:SmoozのアイコンSmooz / SleipnirのアイコンSleipnir)印刷メニューを選べないケースがあります。

この場合、次パートで紹介する専用アプリを使った方法をどうぞ。

方法②:スマホの専用アプリでPDFを作成する

Web Snapshots
Web Snapshots
Price:Free

Web SnapshotsのアイコンWeb Snapshotsを使えば、共有メニューより表示中のページをPDF化できます。

印刷メニューが用意されないアプリをPDF化したいシーンで便利です。
記事中ではSmoozのアイコンSmoozブラウザを例に説明します。

PDF化したいページで 共有 からWeb SnapshotsのアイコンWeb Snapshotsを選択、

AndroidのWeb SnapshotsでPDFを作成する手順1

FULL PDF でページ全体をPDF化できます。

FULL PDF がページ全範囲をPDF化、SCREEN PDF は画面内に表示される範囲のみPDF化します。

保存されたPDFにチェックを入れ、 VIEW をタップすると内容を確認できます。

AndroidのWeb SnapshotsでPDFを作成する手順2

ちなみにWeb SnapshotsのアイコンWeb Snapshotsで保存されたPDFファイルは、次の場所に保存されます。

/Android/data/com.trans_code.android.websnapshots/files/

階層が深いため、SHARE より別アプリに移動した方が管理しやすいかもしれません。

AndroidのWeb SnapshotsでPDFを作成する手順3

(左)SHAREより他アプリに移動できる (右)PDF化したWebページ

なお、共有メニューからPDF化するアプリは他にもありますが、

Convert web to PDF
Convert web to PDF
Developer:SMobileTeam
Price:Free

特にWeb SnapshotsのアイコンWeb Snapshotsは下記2点が優れているためオススメです。

  • PDF化にかかる所要時間が短い
  • PDF化でレイアウトが崩れにくい

補足:Androidで縦長スクリーンショット画像を撮影する方法

画像ファイル形式(例:PNG)でページ全体のスクリーンショット撮影したい場合、オススメアプリが2つあります。

アプリ共通する特徴メリットデメリット
LongShot for long screenshotのアイコン
LongShot for long screenshot
  • Webページ全体を
    撮影できる
  • ブラウザ以外の
    アプリも撮影できる
  • 撮影範囲を自由に
    調整できる
  • ウォーターマーク
    (透かし)は入らない
  • 広告はあるが
    目立たない
  • 繋ぎ目が綺麗
  • 言語が英語で
    分かりづらい
スクリーンショットイージーのアイコン
スクリーンショットイージー
  • 言語が日本語
    で分かりやすい
  • 繋ぎ目がズレる
    可能性あり
LongShot for long screenshotのアイコンLongShot for long screenshotが一番オススメです。もし操作しづらいと感じるなら、代替アプリとしてスクリーンショットイージーのアイコンスクリーンショットイージーをどうぞ。

アプリの使い方について、詳細は関連記事【スマホでページ全体のスクリーンショット撮影する方法! Android/iPhoneで縦長画面を繋げてキャプチャを保存しよう】で解説しています。

スマホでページ全体のスクリーンショット撮影する方法! Android/iPhoneで縦長画面を繋げてキャプチャを保存しよう
この記事では、スマホでページ全体のスクリーンショット撮影する方法を解説します。Android/iPhoneそれぞれアプリを使えば、縦長画面を繋げて1つの画像として保存できます。

補足:Androidのスクリーンショット撮影方法まとめ

Androidでは様々な手順でスクリーンショット撮影が可能です。

例えば「Assistive Touch」というアプリを使えば、画面上の仮想ボタンをタップして画面をキャプチャできます。

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

また「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証でスクリーンショット撮影ができます。

この画像では指紋認証にホームボタンを配置しているが、スクリーンショットも追加できる。

Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう
Androidに搭載される「指紋認証」機能は主にロック画面解除で活躍しますが、別途アプリを導入すれば別機能の割り当てが可能です。 そこで本記事では、指紋認証リーダーを超強化する便利なアプリを紹介します。 Fingerpr...

このようにAndroidのスクリーンショット撮影を強化する豆知識を、関連記事【Androidでスクリーンショットを強化する方法まとめ! 画面キャプチャをもっと便利に使いこなそう】で解説しています。

Androidでスクリーンショットを強化する方法まとめ! 画面キャプチャをもっと便利に使いこなそう
この記事では、Androidのスクリーンショット機能を強化する方法を解説します。様々な撮影手順の紹介や、細かいカスタマイズ設定をまとめています。

 

iPhoneで画面をPDFへ変換する方法

2つの方法を紹介します。どちらも専用アプリのインストールは不要です。

方法メリットデメリット
マークアップで
PDFを作成する
  • レイアウトが崩れにくい
  • 範囲を調整しやすい
  • Safariのみ対応
印刷メニュー
でPDFを作成する
  • 多くのアプリで対応
  • レイアウトが崩れる
    可能性あり
  • 範囲を調整しにくい
SafariのアイコンSafariで表示するページであればマークアップ機能を使うのがオススメです。ChromeのアイコンChromeなど他ブラウザであれば、印刷メニューを使う方法をどうぞ。

それぞれ順番に解説します。

方法①:iOSのマークアップでPDFを作成する

SafariのアイコンSafariなら標準のマークアップ機能から、表示中のページをPDF化できます。

レイアウトも崩れにくいため、普段からSafariを使用しているなら最もオススメの方法です。
iOS 13以降の機能です。もしお使いのiPhoneがiOS 12以前の場合、記事後半で紹介する方法をお試し下さい(コチラをタップしてジャンプ)。

まずPDF化したいページでスクリーンショットを撮影して下さい。

すると左下にサムネイルが出るので、タップしてマークアップ機能を表示、フルページ完了 と選べば、

iOS SafariのマークアップでPDFを作成する手順1

WebページをPDF化して、iOSファイルアプリのアイコンファイルに保存できます。

iOS SafariのマークアップでPDFを作成する手順2

また別の手順として、SafariのアイコンSafariの共有メニューのアイコン共有メニューより マークアップ完了 と実行してもPDF化可能です。

iOS SafariのマークアップでPDFを作成する手順3

もしページ内の一部範囲のみPDF化したい場合、マークアップ機能で フルページ を選んだ後、iOSマークアップ機能の範囲指定アイコンアイコンをタップすれば調整できます。

iOS SafariのマークアップでPDFを作成する手順4

(右)グレーとなった範囲はPDF化の対象外となる。

参考 Appleサポート – iPhone、iPad、iPod touchでマークアップを使う

方法②:iOSの印刷メニューでPDFを作成する

SafariのアイコンSafari以外のブラウザ(例:ChromeのアイコンChrome)でPDF化したい場合、印刷メニューを使う方法があります。

レイアウトが崩れるリスクもありますが、ブラウザに制限がない点が特徴です。

PDF化したいページで、共有メニューのアイコン共有メニューより 印刷 へ進み、

iOS Chromeなどの印刷メニューでPDFを作成する手順1

印刷レイアウト画面でピンチアウトしてから、さらに共有メニューのアイコン共有メニューを開きます。

iOS Chromeなどの印刷メニューでPDFを作成する手順2

ピンチアウトは、指2本で中心から外側へ広げるように開く操作のことです。

iOS Chromeなどの印刷メニューでPDFを作成する手順3

印刷レイアウト画面でピンチアウトする操作。

これでWebページをPDF化して、iOSファイルアプリのアイコンファイルに保存できます。

iOS Chromeなどの印刷メニューでPDFを作成する手順4

もしページ内の一部範囲のみPDF化したい場合、印刷レイアウト画面で 範囲 を開き、対象ページを指定すればOK。

iOS Chromeなどの印刷メニューでPDFを作成する手順5

(右)ページ範囲を1〜3とした例。

ページ単位で範囲を指定する必要があり、細かい調整はできません。

補足:iOS 12以前のiPhoneでPDFを作成する方法

iOS 12以前のiPhoneをお使いの場合、PDF化したいページで、SafariのアイコンSafariの共有メニューのアイコン共有メニューより PDFを作成 → 完了 と選べば、

iOS 12以前のiPhoneでPDFを作成する手順1

WebページをPDF化して、iOSファイルアプリのアイコンファイルに保存できます。

iOS 12以前のiPhoneでPDFを作成する手順2

補足:iPhoneで縦長スクリーンショット画像を撮影する方法

ここまで紹介した画面をPDFへ変換する方法は、弱点が2つあります。

  • ウェブページ以外(例:InstagramのアイコンInstagram / LINEのアイコンLINE)は変換できないことが多い
  • ページ数が多いとうまく変換できない

同様のお悩みがある場合、オススメなのが画像ファイル形式(例:PNG)で撮影する方法です。

ページ全体をスクリーンショット撮影ができ、オススメアプリが2つあります。

アプリメリットデメリット
WebCollectorのアイコン
WebCollector
  • 繋ぎ目が綺麗
  • ウォーターマーク
    (透かし)は入らない
  • ブラウザ以外は
    撮影できない
  • 範囲を限定して
    撮影できない
Tailorのアイコン
Tailor
  • ブラウザ以外の好きな
    アプリで撮影できる
  • 撮影範囲を自由に
    調整できる
  • 長いページだと撮影
    に時間がかかる
  • 繋ぎ目がズレる
    可能性あり
  • ウォーターマーク
    (透かし)が入る
Webページを撮影するならWebCollectorのアイコンWebCollectorがオススメです。SNSなど好きなアプリで縦長画面をスクショしたいならTailorのアイコンTailorをどうぞ。

アプリの使い方について、詳細は関連記事【スマホでページ全体のスクリーンショット撮影する方法! Android/iPhoneで縦長画面を繋げてキャプチャを保存しよう】で解説しています。

スマホでページ全体のスクリーンショット撮影する方法! Android/iPhoneで縦長画面を繋げてキャプチャを保存しよう
この記事では、スマホでページ全体のスクリーンショット撮影する方法を解説します。Android/iPhoneそれぞれアプリを使えば、縦長画面を繋げて1つの画像として保存できます。

 

〆:スマホでもWebページをPDF化できる!

以上、スマホでWebページをPDF化する方法! Android/iPhoneのChromeやSafariでサイト全体を保存しよう の説明でした。

サイトをPDF化すればオフラインでも閲覧できますし、相手へ共有したいシーンでも便利です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました