[ドコモ] spモードパスワードを変更したりロック解除して初期化(リセット)する方法まとめ

スポンサーリンク

ドコモの携帯をお使いの方なら、「spモードパスワード」という用語を聞いたことがあると思います。

主にドコモメールアドレスの設定で必要となるパスワードで、他にある「ネットワーク暗証番号」や「dアカウントのパスワード」とは別の種類のパスワードとなります。

ただ、ドコモの暗証番号系サービスは種類が多く、ついパスワードを忘れてしまったり、何度も間違えてロックがかかってしまったりするケースが多々あります。

また、そもそも「spモードパスワードって何に使うの?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。

そこで本記事ではドコモの暗証番号系サービスのうち、「spモードパスワード」の基本と、パスワードを実際に変更したり、ロックを解除してリセットする方法をまとめて紹介します。

スマートフォン上から行う方法と、PC上から行う方法とを2パターン掲載しているので、ぜひご覧あれ。

Photo by docomodake

スポンサーリンク

spモードパスワードの基本

下記より、まず「spモードパスワード」の基本を紹介します。

参考 ドコモ – spモードパスワード

spモードパスワードの役割

ドコモで作成する「spモードパスワード」は、「メールアドレス設定」や「spモード コンテンツ決済サービス」の利用などで必要となるパスワードです。

「メールアドレス設定」とは、例えばドコモメールアドレスを変更したり、迷惑メールのフィルタ設定をしたりするケースを想定して下さい。

また、「spモード コンテンツ決済サービス」とは、例えば有料サイトや有料コンテンツをドコモの携帯料金と合算して契約できるサービスなどを指します。

パスワードの初期値は「0000」

「spモードパスワード」には初期値が決まっており、すべて最初は「0000」となっています。

ただし上記で說明した「メールアドレス設定」などでパスワードを初めて利用する際、セキュリティ上の観点から強制的に「0000」以外の組合せへの変更が求められます。

パスワードの規則は「数字のみ4桁」となっており、ゾロ目(例:7777)や連番(例:1234)、自身の誕生日(例:誕生日が2月15日→0215)など、セキュリティが脆弱な数値には変更できません。

もし過去 iモード携帯(ドコモのガラケー)を使っており、その際に「iモードパスワード」を設定している場合、スマートフォンへ機種変更した際に、自動的に「iモードパスワード」→「spモードパスワード」と引き継がれるため、「0000」以外の数値となっています。

パスワードは何度でも変更 or リセットが可能

「spモードパスワード」は現在のパスワードの組合せと、別のパスワード種別である「ネットワーク暗証番号」を覚えていれば、スマホ上で何度も自由に変更できます。

また、万が一パスワードを忘れてしまった場合に3回連続で間違った数字を入力すると、「spモードパスワード」にロックがかかり、以後試しに入力することもできなくなります。

「spモードパスワード」のロックは、下記2パターンの方法で解除ができます。

翌日午前0時の自動解除を待つ

手動でspモードパスワードを初期化する

パスワードの手動リセットは3パターンある

「spモードパスワード」にかかったロックを手動でリセットする方法は3パターンあり、

スマートフォン上でリセットする:「ネットワーク暗証番号」が必要

PC上でリセットする:「dアカウント」が必要

ドコモショップでリセットする:本人確認書類(免許証など)が必要

となります。

いずれの方法も、ロック解除後は初期値の「0000」へ自動的に戻ります。

詳しい手順は後述しますが、方法によって必要となるパスワードや書類が異なる点に注意です。

まとめ:ネットワーク暗証番号が分かれば問題なし

ここまで說明した通り、「spモードパスワード」はメールアドレス関連の設定などで必要となり、パスワードの変更やリセットは、わざわざドコモショップへ行かずとも、スマートフォンかPC上で行う方法が用意されています。

その際には「ネットワーク暗証番号」か「dアカウント」が必要となりますが、もし「dアカウント」を忘れてしまった場合でも、「ネットワーク暗証番号」さえ分かればスマートフォン上で現在のアカウント情報の確認ができます。

つまり、「spモードパスワード」に関わるトラブルが発生しても「ネットワーク暗証番号」さえ覚えていれば、自由にパスワードを変更したりリセットすることができると言えます。

下記からは、実際にそれらの手順を、スマートフォン上で行う場合と、PC上で行う場合と、2ケース說明をしていますのでご参考あれ。

スマホ上でパスワードを変更 or リセットする方法

まず、「spモードパスワード」を新しい組合せへ変更したり、忘れてしまった or ロックがかかったパスワードをリセットしたりする作業を、スマートフォン上で行う手順を說明します。

事前に準備するコト

スマートフォン上でこれらの作業を行う際、下記2点の準備が必要となります。

ネットワーク暗証番号:パスワードの変更やリセットの際に入力が必要

モバイルデータ通信:スマートフォンやタブレットのWi-Fiはオフにして作業が必要

手順①:spモードパスワードの設定へ

まず、「spモードパスワード」をリセットしたいスマートフォンで「dメニュー」を開き、「My docomo(お客様サポート」へ進み、ページ内にある「メール・パスワードなどの設定」項目の「spモードパスワード」をタップします。

すると「spモードパスワードの設定・お手続き」のページとなり、現在の「spモードパスワード」を変更したり、ロックがかかった(忘れてしまった)「spモードパスワード」のリセットをしたりできます。

手順②:「spモードパスワード」を変更する

現在の「spモードパスワード」を変更する場合は、画面内の「spモードパスワード変更」をタップし、「ネットワーク暗証番号」を入力の上進むと、変更画面が表示されます。

spモードパスワードを変更する際のポイントは下記の通りです。

現在の設定値の入力が必要(忘れた場合、変更はできない)

セキュリティが脆弱な数値には変更できない(ゾロ目や自身の誕生日など)

手順③:「spモードパスワード」をリセットする

「spモードパスワード」を忘れてしまったり、何度も間違えてロックがかかったりした場合、画面内の「spモードパスワードリセット」をタップし、「ネットワーク暗証番号」を入力の上進むと、ロックを解除して初期値である「0000」に戻すことができます。

「0000」にリセット後、最初に「spモードパスワード」を使う場合には、セキュリティ上、強制的に「0000」以外への変更が求められる点は同じです。

まとめ:スマホ上で変更 or リセットが一番ラク

以上が「spモードパスワード」をスマートフォン上で変更 or リセットする方法でした。

「spモードパスワード」が分からなくなったり、ロックを解除したかったりした場合、「ネットワーク暗証番号」さえ分かっていれば、スマホ上で作業を完結して行うことができるため、最もカンタンな方法となります。

PC上でパスワードを変更 or リセットする方法

次に、「spモードパスワード」の変更等の作業を、PC上で行う手順を說明します。

パスワードをリセットしたいスマートフォンが手元にない場合や、所有者の代わりに作業をしたい場合に便利な方法です。

事前に準備するコト

PC上での作業でも、事前準備として下記2点が必要となります。

ネットワーク暗証番号:パスワードのリセットで入力が必要

dアカウント:携帯回線番号と紐付いたdアカウントでのログインが必要

手続きでは「ドコモオンライン手続き」を利用するため、法人回線名義(会社で支給されている携帯など)だと受付ができないケースがあります。

手順①:My docomo へログイン

まず、PC版「My docomo」へログインします。

ログイン My docomo

「My docomo」トップページ右上に「ログイン」アイコンがあるのでクリックします。

すると「dアカウント」のログイン画面となるので、「spモードパスワード」をリセットしたい携帯番号と紐付いた「dアカウント」のIDとパスワードを入力します。

手順②:ドコモオンライン手続きへ

「dアカウント」でログインに成功すると、先ほどの「My docomo」トップ画面に、現在の契約内容等が表示されるようになるので、この内「ドコモオンライン手続き」をクリックします。

するとオンライン上で手続きができる項目が一覧の画面となるので、この中から「iモード・spモードパスワードリセット」を選びます。

最後に「ネットワーク暗証番号」の入力が必要となるので、準備しておきましょう。

〆:「spモードパスワード」の特徴を理解しておこう!

以上、[ドコモ] spモードパスワードを変更したりロック解除して初期化(リセット)する方法まとめ の說明でした。

「spモードパスワード」は主にドコモメールの設定や有料コンテンツの携帯料金合算支払いの際に必要となります。

そのため、ドコモユーザーであってもキャリアコンテンツを使っていない方からすると、利用する機会が少ないパスワードであり、つい忘れがちになってしまいます。

もし、「spモードパスワード」について分からないことがあれば、ぜひ本記事をご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい