Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

ドコモのdアカウントを新規発行する方法まとめ! docomo IDをスマートフォンやパソコンで確認しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドコモ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

dアカウント(旧:docomo ID)」とは、ドコモ系サービスをドコモの携帯以外(例:パソコン / 他社携帯)で利用する際に必要となるアカウントで、ドコモユーザー以外でも発行できます。

そこで本記事では、dアカウントを新規発行する方法を3パターンに分けてまとめました。

  • ドコモ契約のあるスマホ上でdアカウントを発行
  • ドコモ契約のないスマホ上でdアカウントを発行
  • パソコン上でdアカウントを発行

それぞれ順番に解説しているので、ぜひどうぞ。

photo by docomodake

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドコモ契約のあるスマホ上でdアカウントを発行する方法

ドコモ契約のある端末上の操作で、dアカウントを新規発行する手順を紹介します。

ドコモのスマホやタブレット上でdアカウントを作成する手順

記事中ではドコモ契約のiPhoneを例に說明をしていますが、ドコモ契約のiPadやAndroid(スマートフォン / タブレット)でも手順は同様です。
作業中はWi-Fiをオフにし、モバイルデータ通信をオンにした状態で行って下さい。

まず「dメニュー」へアクセスし、My docomo(お客様サポート)へアクセスします。

ドコモのスマホやタブレット上でdアカウントを作成する手順1

「dメニュー」はブラウザアプリ(例:Safari / Chrome)または専用アプリ、どちらからのアクセスでもOKです。

dメニュー

dメニュー

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

料金プランや今月のデータ量など、ドコモ関連の契約内容を頻繁にチェックするなら、アプリを入れておくと便利です。

次に「お客様サポート」ページ内にある「メール・パスワードなどの設定」項目から、「dアカウントメニュー」へ進み、「dアカウントの発行」をタップします。

ドコモのスマホやタブレット上でdアカウントを作成する手順2

まず「ネットワーク暗証番号」による認証となり、続いて新規発行するdアカウントのID種別を決定します。

「ネットワーク暗証番号」を忘れた場合、リセットするにはドコモショップへの来店が必要です。

参考 NTTドコモ – ネットワーク暗証番号をお忘れの場合

基本はドコモメールアドレスとなりますが、それ以外のアドレス(例:Gmail / 会社のアドレス)でもOKです。

ドコモのスマホやタブレット上でdアカウントを作成する手順3

最後に登録するIDを確認後、発行すれば完了です。

ドコモのスマホやタブレット上でdアカウントを作成する手順4

ドコモのルーター上でdアカウントを作成する手順

ドコモ契約のWi-Fiルーターに紐づくdアカウントを発行する場合、ルーターと接続した別端末(例:タブレット / パソコン)上の操作が求められます。

内容が長くなるため、詳細は関連記事【モバイルWi-Fiルーターでdアカウントを発行する方法! ドコモの番号と紐付くdocomo IDを作成しよう】で解説しています。

モバイルWi-Fiルーターでdアカウントを発行する方法! ドコモの番号と紐付くdocomo IDを作成しよう
この記事では、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの番号を紐づくdアカウントを発行する方法を紹介します。ルーターと接続できる端末上のブラウザ操作で新規作成できます。

 

ドコモ契約のないスマホ上でdアカウントを発行する方法

ドコモ回線と紐づけずに、dアカウントを新規発行する方法を紹介します。

他社(au / ソフトバンク)やMVNO(格安SIM)を契約している一方、ドコモサービスを使いたいケースです。

まず「dアカウントの新規発行ページ」へアクセスし、メールアドレスを登録後、ワンタイムパスワードが届くので入力します。

後は、dアカウントのIDやパスワード、本人情報(性別 / 年齢)を入力して完了です。

 

パソコン上でdアカウントを発行する方法

パソコン上の操作で、dアカウントを新規発行する手順を紹介します。

ドコモ契約あり・なしに関わらず、操作手順はほとんど同じです。

作業で使用するパソコンのOS(Windows / Mac)やブラウザ(例:Safari / Chrome) の条件もありません。

スマートフォンが手元になかったり、代行して発行したいときに便利な方法となります。

もし発行するdアカウントにドコモの携帯番号を紐づける場合、次の点を事前に確認しておく必要があります。

  • dアカウントを発行したいドコモ携帯番号
  • 上記番号のネットワーク暗証番号
  • 上記番号に届くSMSを確認できる環境

「ネットワーク暗証番号」を忘れた場合、リセットするにはドコモショップへの来店が必要です。

参考 NTTドコモ – ネットワーク暗証番号をお忘れの場合

記事中では例として、Mac版Chromeでの作業手順を紹介しています。

まず、「dアカウント」ポータルサイトで「アカウント管理へ」へ進み、

パソコン上でdアカウントを発行する方法1

ログイン画面で「dアカウントを発行する」をクリックします。

パソコン上でdアカウントを発行する方法2

次にdアカウントに登録するメールアドレスの種類を選び、

パソコン上でdアカウントを発行する方法3

メールアドレスに届くワンタイムキーを入力、

パソコン上でdアカウントを発行する方法4

dアカウントのIDを決めます。

ここで、dアカウントにドコモ契約の電話番号を紐づける場合、「ドコモの携帯電話番号も登録する」にチェックを入れます。

パソコン上でdアカウントを発行する方法5

下記3つの情報を入力します。

  • 携帯電話番号(ハイフンなし・半角数字のみ)
  • ネットワーク暗証番号
  • 画面上に表示される文字

パソコン上でdアカウントを発行する方法6

入力後、記載した携帯番号にワンタイムキーがSMSで届きます。

手元に携帯本体がない場合は、所有者へ連絡して届いた番号の確認が必要です。

パソコン上でdアカウントを発行する方法7

パソコンの操作へ戻り、届いたワンタイムキーを入力します。

パソコン上でdアカウントを発行する方法8

一方、dアカウントにドコモ契約の電話番号を紐づけない場合、「ドコモの携帯電話番号も登録する」にチェックを入れず先に進めばOK。

パソコン上でdアカウントを発行する方法9

最後にパスワードや個人情報(氏名・性別・生年月日)を入力して、「dアカウント発行完了」画面が表示されればOKです。

パソコン上でdアカウントを発行する方法10

 

補足:

発行済dアカウントに電話番号を登録する方法

非ドコモユーザー時代にdアカウントを作成し、その後MNPでドコモへ乗り換えた場合、発行済dアカウントに電話番号を紐づけることができます。

貯まっていたポイントを引き継ぎたいシーンで便利です。

内容が長くなるため、詳細は関連記事【発行済dアカウント(旧ドコモID)に電話番号を登録する方法! MNP新規契約したら紐付けをしよう】で解説しています。

発行済dアカウント(旧ドコモID)に電話番号を登録する方法! MNP新規契約したら紐付けをしよう
もしドコモ以外の携帯キャリアを使っているときに「dアカウント(旧称:ドコモID)」を作成して、MNPでドコモへ乗り換えた場合、貯まっていたポイントを引き継ぐために乗り換えた携帯番号を登録したいですよね。 そこで本記事では、発行済dアカ...

発行済dアカウントの情報を忘れてしまった場合の解決策

次のようなケースに該当する場合、「ネットワーク暗証番号」さえ分かればスマートフォン上でdアカウント情報を確認できます。

  • dアカウントは発行しているがIDとパスワードを忘れてしまった
  • そもそもdアカウント発行済かどうか分からない

詳細は関連記事【ドコモのdアカウントを設定する方法まとめ! docomo IDとパスワードを確認/変更/ロック解除しよう】で解説しています。

ドコモのdアカウントを設定する方法まとめ! docomo IDとパスワードを確認/変更/ロック解除しよう
ドコモで携帯を契約すると、「dアカウント(旧称:docomo ID)」というアカウントが登場します。 主にドコモ系サービスをパソコンなどで利用する際に必要となるアカウントで、専用のIDとパスワードが付与されます。 ただドコモで使...

 

〆:dアカウントの発行方法はいろいろある

以上、ドコモのdアカウントを新規発行する方法まとめ! docomo IDをスマートフォンやパソコンで確認しよう の說明でした。

「ドコモの回線契約がない」・「手元にスマートフォンがない」というケースでも、dアカウントの発行は可能です。

dアカウントを持っていれば、マルチデバイスでドコモのコンテンツを楽しめるので、非ドコモユーザーの方もご参考下さい。

ドコモ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました