[iPhone]「MMS機能を有効にする必要があります」でメッセージを送信できない原因 [ドコモ]

スポンサーリンク

iPhoneで「メッセージ」アプリを使っていると「送信するには、MMS機能を有効にする必要があります。」と表示され、メッセージを送信できなかった経験はないでしょうか?

これはドコモ版iPhoneにおいて特に多い事象で、大きく2つのケースで表示される場合があります。

そこで本記事では、このような事象が出る原因と解決方法を紹介します。

photo by motointermedia

スポンサーリンク

iPhoneで「MMS機能を・・・」エラーが出る原因

「MMS機能を・・・」エラーとは?

例えばiPhoneの「メッセージ」アプリを使っていると、

メッセージを送信できません / メールアドレス宛に送信するにはMMS機能を有効にする必要があります。

と表示されたり、

メッセージを送信できません / 送信するには、MMS機能を有効にする必要があります。

と表示され、

いずれのパターンでも、結果的にメッセージを送信することができません。

原因:ドコモ版iPhoneはMMSに非対応

このようなメッセージが表示されるのはドコモ版iPhoneに多く、その原因としてドコモのiPhoneではMMS(マルチメディア メッセージング サービス)機能に対応してない点が挙げられます。

MMSとは?

iPhoneの「メッセージ」アプリでは「MMS」の他、「iMessage」や「SMS」といった類似サービスを使い分けることができます。

これら3つのメッセージ機能は違いが非常にややこしいのですが、「MMS」機能を使えば「メッセージ」アプリ上でも、メールアドレスを宛先としたメッセージや件名を入れたメッセージを送信できるようになります。

参考 APPBANK – 「iMessage」「SMS」「MMS」の違いとは?

イメージとしては、「メッセージ」アプリ上でも通常のEメールに近い機能を実現できるのが「MMS」の特徴となります。

MMSでしか送れないメッセージでエラーは起きている

本記事で取り上げる「MMS機能を・・・」エラーは、「メッセージ」アプリ上で「MMS」機能を使わないと送れないメッセージを作成すると発生します。

そしてドコモ版iPhoneでは先述の通り、そもそも「MMS」に非対応であるため、「メッセージ」アプリ上で「MMS」機能を使うことができません。

それにも関わらず、iPhoneの画面上では、

送信するには、MMS機能を有効にする必要があります。

とエラーメッセージが表示されるため、ユーザーの混乱を招いています。

下記より本エラーメッセージが表示される代表的なケースを2つ紹介します。

ケース①:宛先がメールアドレスの場合

iPhoneの「メッセージ」アプリで、宛先にメールアドレスを設定して送信したい場合、「MMS」機能を使わないとメッセージを送ることができません。

厳密には、iMessageに登録してあるメールアドレスが宛先になっていれば、「iMessage」機能を使って送ることもできますが、今回は除外しています。

よくある例

「メッセージ」アプリの仕様で、宛先にメールアドレスを入力しても、それが連絡先に登録されている場合、画面上にはメールアドレスではなく連絡先登録名で表示されます。

こうして宛先がメールアドレスであることに気付かずにメッセージを作成し、エラー画面が表示されることになります。

画面上からは宛先がメールアドレスかすぐに確認はできない。

解決策:メーラーアプリから送る

ドコモ版iPhoneで宛先がメールアドレスのメッセージを送りたい場合は、「MMS」機能が使えないため、「メッセージ」アプリの代わりに「メール」アプリから送信する必要があります。

「メール」アプリでドコモメールを設定すれば、ドコモメールから送信しても良いですし、GmailやYahooメールを設定していれば、それらアドレスを使えばOK。

関連記事

2台持ち必須! ドコモのキャリアメールを他端末で確認する方法 [Android / iPhone]

関連記事

[iOS] メール設定で「yahoo.co.jpは現在使用できません。」の原因と解決策 [iPhone/iPad]

もちろん、標準の「メール」アプリに限らず、他のメーラーアプリ(例:Gmailアプリ)でも問題ありません。

ケース②:件名を入れている場合

iPhoneの「メッセージ」アプリで、メッセージに件名を入れて送信したい場合、「MMS」機能を使わないとメッセージを送ることができません。

厳密には、「iMessage」機能を使っても件名入りのメッセージを送ることもできますが、今回は除外しています。

よくある例

「メッセージ」アプリでは「設定」から変更することで、メッセージ本文に加え「件名」を入力できるようになります。

こうして件名が入ったメッセージであることに気付かずに送信すると、エラー画面が表示されることになります。

「件名」の表示は、「設定」→「メッセージ」より「件名欄を表示」トグルから有効となり、

メッセージ本文の上に「件名」欄が追加されます。

解決策:件名を外す / メーラーアプリから送る

まず手っ取り早い解決策としては、件名を外したメッセージであればSMSで送信できます。先述した通り「設定」より「件名欄を表示」トグルをオフにすればOK。

一方、件名を入れたメッセージを送りたい場合は、「MMS」機能が使えないため、「メッセージ」アプリの代わりに「メール」アプリから送信する必要があります。

こちらもケース①で記載した通り、標準の「メール」アプリでも、それ以外のメーラーアプリでもOK。

〆:MMSが使えなければ「メール」アプリを使おう!

以上、[iPhone]「MMS機能を有効にする必要があります」でメッセージを送信できない原因 [ドコモ] の說明でした。

ドコモのiPhoneで「MMS機能を・・・」エラーが表示された場合は、代わりに「メール」アプリを使うことでメッセージを送ることができます。

同様のお悩みのお抱えの方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい