[ドコモ] 暗証番号系(ネットワーク / spモード / dアカウントPW等)の違いと確認(リセット)方法

スポンサーリンク

ドコモの携帯をお使いの方なら、「ネットワーク暗証番号」や「spモードパスワード」という用語を聞いたことがあると思います。

それぞれ別の意味を持つパスワードの名称なのですが、ドコモではそれ以外にも「dアカウントのパスワード」や「ドコモアプリパスワード」などもあり、その役割やパスワードを確認する方法、はたまたパスワードをリセットする方法まで異なるため、非常にややこしい特徴があります。

そこで本記事では、ドコモで必要になる暗証番号系それぞれの違いと、パスワードを確認する or リセットする方法をまとめています。

Photo by docomodake

スポンサーリンク

ドコモ – 暗証番号系 一覧まとめ

まず最初に、ドコモで使う代表的な暗証番号系サービスについてまとめました。

名称初期値規則性用途変更 / リセット利用頻度
ネットワーク暗証番号なし ※1数字のみ4桁本人確認などドコモショップ来店のみ★★★
spモードパスワード0000数字のみ4桁メール設定の変更などPC上 / スマホ上で可★★
端末暗証番号0000 ※2数字のみ4~8桁 ※4
携帯のロック解除などスマホ上で可★★★
PINコード0000なし ※5SIMカードのロック解除などスマホ上で可
dアカウント パスワードなし ※3英数字記号8~20桁ドコモd系サービス利用などPC上 / スマホ上で可★★
ドコモアプリパスワード0000英数字4~16桁ドコモ公式アプリの利用などスマホ上で可

※1:ネットワーク暗証番号は新規契約時に必ず決めるため。

※2:初期値が決まっているのは iモード携帯のみ。スマートフォンに初期値はない。

※3:dアカウント作成時にパスワードは各自決めるため。

※4:iモード携帯のみ。スマートフォンは数字以外やパターン等も可能。

※5:PIN1・2コード / PINロック解除コード(PUK)など種類によって異なるため。

下記よりこの表のポイントについて解説します。

代表的なパスワードは6種

ドコモの公式HPにも掲載されている代表的なパスワードは全部で6種類あり、

ネットワーク暗証番号

spモードパスワード

端末暗証番号

PINコード

dアカウント パスワード

ドコモアプリパスワード

となります。

参考 ドコモ – 暗証番号・パスワードを忘れたときは

初期値はだいたい「0000」

表を見て分かる通り、パスワードの初期値はだいたい「0000」の数字4桁となっていることが多いです。また、「ネットワーク暗証番号」と「dアカウント パスワード」は初期値がなく、必ず自分で最初に決めているパスワードとなります。

以上より、もし設定した覚えがないのにパスワードを要求されたら「0000」と入力すれば、先に進める場合があります。

「ネットワーク暗証番号」以外はスマホ上でリセット可

「ネットワーク暗証番号」を除き、すべてのパスワードは基本的にPCやスマートフォン上の操作で現在の設定値を確認したり、リセットすることができます。

唯一、「ネットワーク暗証番号」に関しては用途が「本人確認」であるため、リセットにはドコモショップへの来店が必要です。その際、本人確認書類(運転免許証など)の持参が条件となるので、合わせてご留意下さい。

参考 ドコモショップを探す

参考 ネットワーク暗証番号をお忘れの場合

「ネットワーク暗証番号」さえ覚えてればなんとかなる

さて、6種類のパスワードそれぞれ規則性や用途が異なり非常にややこしいのですが、注目してほしいのが、「ネットワーク暗証番号」以外はスマホ(PC)上で確認やリセットが可能である、という点。

その方法の詳細は本記事後半で紹介していますが、リセットでは「ネットワーク暗証番号」の入力が求められるケースが多いので、逆にいえば「ネットワーク暗証番号」さえ覚えてれば、後のパスワードは忘れてしまってもスマホ上で復旧させられるケースがほとんどです。

詳しくは記事後半で說明をしますが、「端末暗証番号」と「ドコモアプリパスワード」に関しては「ネットワーク暗証番号」を覚えていてもリセットできないため、別の管理方法となります。

暗証番号を忘れた際の対応まとめ

以上より、もし現在、あなたがドコモの暗証番号を忘れてしまい困っているのなら、その暗証番号の種別によって次の対応は下記のようになります。

「ネットワーク暗証番号」を忘れた→ドコモショップへ来店が必要

「ネットワーク暗証番号」以外を忘れた→下記から說明する方法に沿ってリセット可能

実際に下記より、暗証番号の種類別にリセット方法を說明しているので、ぜひご参考あれ。

「ネットワーク暗証番号」を忘れているのなら、先述の通り、ドコモショップへ行きましょう(免許証等の本人確認書類を忘れずに!)。

暗証番号別 リセット方法まとめ

冒頭の表にも記載したドコモの代表的なパスワード全6種について、変更したりリセットする方法をまとめました。

各パスワード毎の詳しい手順は別記事で說明をしているので、合わせてご覧あれ。

その①:spモードパスワード

ドコモで作成する「spモードパスワード」は、「メールアドレス設定」や「spモード コンテンツ決済サービス」の利用などで必要となるパスワードです。

このパスワードには初期値が決まっており、すべて最初は「0000」となっています。

ただし上記で說明した「メールアドレス設定」などでパスワードを初めて利用する際、セキュリティ上の観点から強制的に「0000」以外の組合せへの変更が求められます。

パスワードの規則は「数字のみ4桁」となっており、ゾロ目(例:7777)や連番(例:1234)、自身の誕生日(例:誕生日が2月15日→0215)など、セキュリティが脆弱な数値には変更できません。

また、3回連続で間違った数字を入力すると「spモードパスワード」にロックがかかり、以後試しに入力することもできなくなります。

「spモードパスワード」のロックは、下記2パターンの方法で解除ができます。

翌日午前0時の自動解除を待つ

手動でspモードパスワードを初期化する

後者の「手動でリセット」は、スマートフォン上はもちろん、PC上の操作でも可能で、ドコモショップへ来店することでも解除ができます。

詳細な手順は別記事でまとめているので、ご参考あれ。

関連記事

[ドコモ] spモードパスワードを変更したりロック解除して初期化(リセット)する方法まとめ

参考 ドコモ – spモードパスワード

その②:端末暗証番号

スマートフォン(iPhone / Android)やフィーチャーフォン(ガラケー)の「端末暗証番号」は、電話機の各種機能の設定や解除の際に必要な暗証番号です。

この番号には複数名称があり、「画面ロック」や「パスコード」という呼び方が馴染み深い方もいると思います。

パスワードの初期値が決まっているのは iモード携帯のみで「0000」となっています。一方、スマートフォンに初期値はなく、必ず自分で最初に決めているパスワードとなります。

パスワードの規則も iモード携帯では「数字のみ4~8桁」となっていますが、スマートフォンには一律の規則はなく、機種によってパスワードに文字列が使えたり、パターンロック解除や生体認証(指紋認証 / 虹彩認証 など)まで搭載している場合があり様々です。

万が一、この端末暗証番号を忘れてしまった場合、iモード携帯であれば下記方法で初期値の「0000」へリセット可能です。

ドコモショップでリセットする:本人確認書類(免許証など)が必要

参考 ドコモ – 端末暗証番号をお忘れの場合

一方ややこしいのが、スマートフォンやタブレット、spモードケータイ(ガラホ)で、端末暗証番号を忘れた場合もドコモショップでリセットすることができないため、強制的に初期化するしか方法がありません。当然、本体に保存されたデータはすべて削除されてしまいます。

端末暗証番号を忘れたスマートフォンの初期化手順は、iOS(iPhone / iPad)とAndroid OS、それぞれ別の方法が用意されています。詳しくは別記事をご参考あれ。

関連記事

[iOS] パスコードを忘れたor電源が入らないiPhone/iPadをiTunesの強制復元で初期化する方法

関連記事

[Android] 端末暗証番号(画面ロック/パスワード)を忘れたスマートフォンやタブレットを強制初期化する方法

その③:PINコード

携帯本体で設定する「PINコード」は、主に「SIMカードの利用に制限をかける」際に必要となるパスワードです。

このパスワードには利用する携帯キャリアごと初期値が決まっており、ドコモは「0000」となっています。

そのほか、auは「1234」、ソフトバンクは「9999」が「PINコード」の初期値となっています。

パスワードの規則は「数字のみ4〜8桁」となっており、組合せに制限はありません(ゾロ目(例:7777)や自身の誕生日(例:誕生日が2月15日→0215)などにしてもOK)。

また、3回連続で間違った数字を入力すると「PINコード」にロックがかかった「PINロック」と呼ばれる状態となり、通話通信はもちろん、本体の操作もできなくなります。

「PINロック」は、下記2パターンの方法で解除ができます。

携帯本体の操作で解除する:PINロック解除コード(PUK)が必要

ドコモショップでリセットする:本人確認書類(免許証など)が必要

前者の「携帯本体の操作で解除する」方法は、別途契約時に渡される「PINロック解除コード(PUK)」という別のパスワードが必要となります。

「PINロック解除コード(PUK)」を確認する方法や、iPhoneやAndroidで実際に「PINコード」を設定&変更する詳細な手順は別記事でまとめているので、ご参考あれ。

関連記事

[ドコモ] PIN1 / 2コード(SIM PIN)を変更したり解除コード(PUK)でロック解除する方法まとめ

参考 ドコモ – PINコード

その④:dアカウント

ドコモで作成する「dアカウント」は、主にドコモ系サービスをドコモ携帯以外で利用する際に必要となるアカウントで、各アカウント毎にIDとパスワードが付与されます。

このアカウントはドコモ携帯を契約したら自動的に作られるわけではなく、別途ユーザー自身で新規発行手続きが必要となるため、dアカウントのパスワードに初期値はなく、必ず自身で作成した配列となっています。

パスワードの規則も「英数字記号8~20桁」となっており、他社のアカウント(Google アカウント / Apple ID)のパスワードと同様です。

また、アカウントへログインする際、複数回(3〜4回?)連続で間違ったパスワードを入力すると「dアカウント」にロックがかかり、以後試しに入力することもできなくなります。

「dアカウント」のロックは、下記方法で解除ができます。

スマートフォン上でリセットする:「ネットワーク暗証番号」入力が必要

詳細な手順は別記事でまとめているので、ご参考あれ。

関連記事

[ドコモ] dアカウント(旧docomoID)を確認 / 変更 / ロック解除する方法まとめ

参考 ドコモ – dアカウント

その⑤:ドコモアプリパスワード

ドコモで作成する「ドコモアプリパスワード」は、主にドコモのAndroidスマートフォン / タブレットでドコモ系アプリを利用する際に必要となるパスワードで、iOS(iPhone / iPad)ではほぼ使いません。

このパスワードには初期値が決まっており、すべて最初は「0000」となっています。

パスワードの規則は「英数字4〜16桁」となっており、ゾロ目(例:7777)や連番(例:1234)にも変更できます。

また現在のパスワードの組合せを覚えていれば、スマートフォン上で何度も自由に変更できます。

一方、万が一パスワードを忘れてしまった場合は、下記2パターンの方法で再設定ができます。

スマートフォン上でリセットする:「データ初期化」か「秘密の質問へ回答」が必要

ドコモショップでリセットする:本人確認書類(免許証など)が必要

ご覧の通り、たとえ「ネットワーク暗証番号」を覚えていても、「ドコモアプリパスワード」の利用で最初に設定する「秘密の質問」を忘れてしまうと、リセット方法がかなり面倒となり、最悪「スマートフォン本体のデータ初期化」しか選択肢がなくなっていまいます。

詳細な手順は別記事でまとめているので、ご参考あれ。

関連記事

ドコモアプリパスワードをスマートフォン上で変更 / 忘れた→初期化(リセット)する方法まとめ

参考 ドコモアプリパスワード

〆:自分が分かっている情報を整理しよう

以上、[ドコモ] 暗証番号系(ネットワーク / spモード / dアカウントPW等)の違いと確認(リセット)方法 の說明でした。

記事で取り上げた通り、ドコモの暗証番号系サービスはそれぞれ使う場面が異なり、かつ変更やリセット方法も別導線で用意されているため、非常に分かりづらいです。

また、今回紹介した6種のパスワードはそれぞれお互いに関連性があり、例えば「PINロック解除コード(PUK)」の確認だけでも下記のような流れとなります。

「PINロック解除コード(PUK)」をPC上で確認したい→「dアカウント」が必要

「dアカウント」のロックを解除したい→「ネットワーク暗証番号」が必要

そのため、もしドコモの暗証番号系サービスでトラブルに遭った際は、まず自分が現在把握している情報を整理し、分からない情報をカバーできる状況か確認してみましょう。

順番にチェックをしていけば、スマートフォンやPC上の操作だけで解決できる場合もあります。

また、まったく改善の兆しがない場合は、手っ取り早くドコモショップへ駆け込むのもアリです(本人確認確認書類(免許証など)は忘れずに!)。

ぜひ、ご参照あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい

『[ドコモ] 暗証番号系(ネットワーク / spモード / dアカウントPW等)の違いと確認(リセット)方法』へのコメント

  1. 名前:高橋拓也 投稿日:2017/12/14(木) 16:00:21 ID:6496e60a4 返信

    御覧になりました、