同じLINEアカウントを複数の端末で使う方法! トーク内容を別々のデバイスから確認しよう

スポンサーリンク

最早スマートフォンの必須アプリとなった「LINE」ですが、他のSNS系アプリと比べ複数端末・複数アカウントでの運用に厳しいルールが存在し、例えば同じLINEアカウントを複数のスマートフォンで使用することはできません。

が、スマートフォンとは別にiPadやパソコンを持っていれば、スマートフォンのLINEに届くトーク内容を確認したり、代わりにメッセージを送ることも可能です。

そこで本記事では、同じLINEアカウントを複数の端末で使う方法を紹介します。

トーク内容を別々のデバイスから確認できる便利な豆知識です。ぜひ、ご覧あれ。

photo by Andri Koolme

スポンサーリンク

LINEのアカウントを2台以上のデバイスで使う!

LINEアカウントの基本ルール

LINEアカウントには基本原則として下記3点があります。

アカウントは「電話番号」で識別され、1番号につき作成できるLINEアカウントは1つだけ

同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない

同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない

この基本ルールを破ろうとすると、最悪の場合、LINEアカウントのデータが強制初期化となります。

例えば、すでにLINEアカウントで登録している電話番号を使って新しいアカウントを作ろうとすると、新旧アカウントは”同じLINEアカウント”とみなされ、

元々LINEを使っていた端末側のデータが強制的に初期化となります。

この通り、Twitterやfacebookなど他のSNSで可能な複数端末や複数アカウントでの運用がLINEでは厳しく制限されています。が、下記に挙げる通り、例外があります。

facebookアカウントを使えば電話番号の登録は不要

アカウントは「電話番号」で識別され、1番号につき作成できるLINEアカウントは1つだけ

という原則は、例外としてfacebookアカウントによる認証で、電話番号を使わずLINEアカウントを新規作成することで突破できます。

この方法を使えば、例えば電話番号を持たないWi-Fi版タブレットや、データ専用の格安SIMを使用している場合でも、LINEアカウントを取得可能です。

詳細は別記事で解説しています。

関連記事

LINEで複数アカウントを作成する方法! SMS契約や電話番号認証不要で2つ目を登録できる [iPad/白ロム/格安SIM]

このケースでも、同じfacebookアカウントで複数のLINEアカウントを作ることは不可能です。

iPadやパソコン版のLINEなら同アカウントで同時ログイン可能

同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない

という原則はスマートフォン向けアプリに適用され、例外として下記3種別のLINEアプリを使用すれば「同じLINEアカウントで複数端末に同時ログイン」を実現できます。

iPad版LINE

パソコン版LINE

Chrome版LINE

どのパターンも、メインで使用するスマートフォン以外にiPadかパソコンが必要になりますが、それぞれで排他制御はかからないため、例えば「スマホ版 / iPad版 / パソコン版 / Chrome版」の各LINEアプリで同時に同じアカウントを使用することも可能です。

全て同じLINEアカウントでログインした状態の例。

過去にはLINEのクローンアカウントを作成することで「同じLINEアカウントで複数スマートフォンに同時ログイン」する裏ワザが存在しましたが、仕様変更により禁止となっています。

参考 LINE – 複数スマートフォン端末からの同時アクセスについて

本記事では、iPadやパソコン版のLINEで同時ログインする手順について、下記より詳細を解説します。

3つ目の原則である下記ルールにも抜け道はあります。

同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない

LINEトークのバックアップ・復元機能を応用したワザと、

関連記事

同じ端末で複数LINEアカウントを使う方法! 1台のiPhone/Androidで2つのIDにログインしよう

Android限定アプリを使ったワザがあります。

関連記事

同じ端末で複数LINEアカウントを同時に使う方法! 1台のAndroidで2つのIDにログインしよう

iPadやパソコン版のLINEを使う:事前準備

LINEアカウントをiPadやパソコンで使用するには、あらかじめスマートフォン版LINEアプリ上で許可設定が必要です。

例えばiPhone版LINE(ver 8.3.1)の場合、「友だち」タブ左上「設定」アイコンより「アカウント」へ進み、

「ログイン許可」トグルを有効にすればOK。

iPadやパソコンで使用する際は、同ページ内に表示される「メールアドレス」と「パスワード」でログインするため、設定内容を確認しておきましょう。

また先述の通り、LINEは基本ルールを破ろうとすると、最悪の場合データが強制初期化となります。念のためLINEのデータをバックアップして下さい。

Android版LINEは下記記事を、

関連記事

[Android] LINEの全トークルームの履歴をGoogleドライブに一括バックアップ/復元する方法

iOS版LINEは下記記事をそれぞれ参照下さい。

関連記事

[iOS] LINEの全トークルームの履歴をiCloudに一括バックアップする方法! 新iPhoneに引き継ごう

iPad版LINEで同じアカウントを使う

iPad版LINEでは、スマートフォン版LINEでログインしているアカウントで同時にログインが可能です。

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free+

アプリを起動し、スマートフォン版LINEで設定している「メールアドレス」と「パスワード」でログインします。

すると本人確認のため数字コードがiPad側で表示されるので、

同コードをスマートフォン側で入力します。

認証コードには時間制限があるため、なるべく早く入力しましょう。

その後、iPad側で友だち情報の同期が実施され、ログインが完了します。

iPad側でログインが完了すると、スマートフォン側にも通知が届きます。

以降、スマートフォンとiPadではLINEのトーク内容がリアルタイムで同期され、お互いで送受信したトークを閲覧することも可能です。

AndroidタブレットのLINEアプリは「スマートフォン版と同一」と認識されるため、iPadのように同時ログインができない仕様となります。

パソコン版LINEで同じアカウントを使う

パソコン版LINEでは、スマートフォン版LINEでログインしているアカウントで同時にログインが可能です。

サイト LINE – パソコン版アプリのダウンロード

記事中では、macOS版LINEアプリを例に説明しています。

アプリを起動し、スマートフォン版LINEで設定している「メールアドレス」と「パスワード」でログインします。

すると本人確認のため数字コードがMac側で表示されるので、

同コードをスマートフォン側で入力します。

認証コードには時間制限があるため、なるべく早く入力しましょう。

その後、Mac側で友だち情報の同期が実施され、ログインが完了します。

Mac側でログインが完了すると、スマートフォン側にも通知が届きます。

以降、スマートフォンとMacではLINEのトーク内容がリアルタイムで同期され、お互いで送受信したトークを閲覧することも可能です。

Chrome版LINEで同じアカウントを使う

普段からパソコンのブラウザとして「Google Chrome」を使用しているなら、Chrome版LINEを使って、スマートフォン版LINEでログインしているアカウントで同時にログインが可能です。

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free
記事中では、macOS版Google Chromeの拡張機能を例に説明しています。

アプリを起動し、スマートフォン版LINEで設定している「メールアドレス」と「パスワード」でログインします。

すると本人確認のため数字コードがChrome上で表示されるので、

同コードをスマートフォン側で入力します。

認証コードには時間制限があるため、なるべく早く入力しましょう。

その後、Chrome側で友だち情報の同期が実施され、ログインが完了します。

Chrome側でログインが完了すると、スマートフォン側にも通知が届きます。

以降、スマートフォンとChromeではLINEのトーク内容がリアルタイムで同期され、お互いで送受信したトークを閲覧することも可能です。

Chrome版の欠点として、一度画面を閉じた後に拡張機能を開くと、パスワード入力と本人確認が再度必要となります。

かつてChrome版LINEは拡張機能ではなくChromeアプリという形で提供されていましたが、2018年3月を持ってサービス終了となっています。

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free

Chromeウェブストア上にまだページは残っていますが、ダウンロードしてもすでに使用することはできませんでした。

補足:

①:複数のスマホでLINEトークを共有したい場合

今回紹介した方法は、iPadかPCからの確認が原則となっており、2台目のスマートフォンからは不可能です。

どうしても複数スマートフォンでLINEトークを共有したい場合、グループトークを応用すれば擬似的に実現できます。

具体的には、複数スマートフォンそれぞれでLINEアカウントを取得し、新旧アカウントとトーク相手とで「グループ」を組むことで、トーク内容は、旧アカウントと新アカウントどちらからでもチェック可能となります。

詳細は別記事で解説しています。

関連記事

複数のスマホでLINEトークを共有する方法! 2台目のiPhone/Androidで同時に使用しよう

トーク相手からの協力も必要となるため準備が面倒ですが、新スマートフォン1台から旧スマートフォンのLINEに届くメッセージを確認できます。

②:OSまたぎの機種変更で応用できる

今回紹介した方法は、AndroidとiPhoneというOSをまたぐ機種変更をする場合に発生する問題への解決策として応用できます。

OSまたぎのLINEアカウント移行の場合、標準機能としてトーク履歴を完全に引き継ぐ手段がないため、アカウント情報を残すために旧アカウントを所有しつつ、新アカウントを取得する選択肢があります。

この場合、新アカウントから旧アカウントに届くLINEトークを確認する手段が課題となりますが、今回の方法により解決できます。

本件は別記事で詳細を解説しているので、合わせてどうぞ。

関連記事

AndroidとiPhone間でLINEアカウントを引き継ぐ方法! トーク履歴データをバックアップ/復元しよう

その他LINE関連の便利な豆知識まとめ

本ブログでは他にもLINEをもっと上手に使う情報を沢山掲載しています。

別記事でまとめているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

LINE関連の便利な豆知識まとめ! 裏ワザ的な方法でiPhone/Androidのラインを使いこなそう

〆:LINEの複雑なルールに注意!

以上、同じLINEアカウントを複数の端末で使う方法! トーク内容を別々のデバイスから確認しよう の説明でした。

今回取り上げた「複数端末 or 複数アカウントでの使用」はルールが厳しく、間違えると最悪の場合LINEアカウントが強制初期化となるため、注意しながら操作が必要です。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 LINE – ヘルプ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい