Androidの音量ボタンでマナー/サイレントモード切替を無効化する方法! 誤動作を防いでボリュームを固定しよう

Androidアプリ

スマートフォンをポケットやカバンに入れてると、誤操作で音量ボタンが勝手に押され、いつの間にかマナーモード(サイレントモード)となり着信に気付けなかった経験はないでしょうか?

そこで本記事では、音量ボタンでマナー/サイレントモード切替を無効化するAndroid向けアプリ「音量モードロック」を紹介します。

「ボリュームキーで着信音量やメディア音量を微調整したいけど、マナーモード切替は無効にしたい!」というニーズにピッタリのアプリです。ぜひ、ご覧あれ。

photo by Kay Raya

 

Androidが勝手に無音状態になるのを防ぐ!

Androidの音量は5種類に大別されます。

①:着信・通知の音量

②:メディアの音量

③:アラームの音量

④:イヤホンの音量

⑤:受話音量

それぞれ独立して音量が設定されるため、一方の音量変更は他方の音量と連動しません。

各音量の意味や調整方法は別記事で詳細を解説しています。

関連記事

Androidの音量を調整する方法まとめ! スマートフォンのボリューム5種類を個別に変更しよう

このうち「着信・通知の音量」はホーム画面 / ロック画面上で音量ボタンを押して調整可能ですが、下げ続けると「マナーモード」や「サイレントモード」へ切り替わります。

このように音量ボタンだけで「ボリューム調整」と「ノーマルモード⇔マナーモード切替」を実現できる便利な仕様となっています。

ただ一方で、誤って音量ボタンを押すと「意図しないモード切替」を招くため、様々なトラブルが起こりえます。

勝手にマナーモードへ切り替わり大切な通知に気付くのが遅れた

勝手にマナーモードが解除され会議中に着信音が鳴り響いた

そこで今回はAndroid向けアプリ「音量モードロック」を導入することで、音量ボタン操作でモードをまたぐ変更(ノーマルモード⇔マナーモード⇔サイレントモード)を無効化できるようにします。

それ以外の便利な機能も合わせて、下記より解説します。

 

音量モードロック – 使い方と特徴

Androidに「音量モードロック」をインストールします。

Android 要件:5.0 以上

価格:無料

基本的な設定と特徴

まず初期設定で「マナーモードへのアクセス」を有効にし、

トップ画面で「このアプリを有効化」にチェックを入れます。

さっそくアプリを使ってみましょう。

ノーマルモード中にボリュームダウンキー(音量ボタン・下)で着信音を最小まで下げても、マナーモードへの切替が無効化されています。

また逆のパターンで、マナーモード中にボリュームアップキー(音量ボタン・上)で着信音を上げても、マナーモードがオフとなりません。

このようにホーム画面上はもちろん、ロック画面上でも「ノーマルモード⇔マナーモード(サイレントモード)」切替を防止するので、誤操作で勝手に「音あり・なし」が変更されるのを回避できます。

以上が本アプリの基本的な設定と特徴ですが、さらにカスタマイズできる項目について下記より解説します。

モード切替時の音量設定(ノーマル/マナー)

通知領域に常駐型のボタンが表示され、「ノーマルモード⇔マナーモード⇔サイレントモード」の切替を手動で行えます。

「音量モードロック」適用中は音量ボタンのモード切替が無効化となるため、通知領域から手動ですぐに変更できる機能は便利です。

さらに「モード切替時の音量設定」にて各モード切替後のボリューム値を指定できます。

例えば「モード切替時の音量設定(マナー)」で下記ボリューム値を指定した状態で、

メディア:15段階中 – 音量1

アラーム:7段階中 – 音量1

通知領域の「マナー」をタップすると音量が自動で調整されます。

同様に「モード切替時の音量設定(ノーマル)」で下記ボリューム値を指定した状態で、

メディア:15段階中 – 音量7

着信:7段階中 – 音量3

アラーム:7段階中 – 音量3

通知領域の「ノーマル」をタップすると音量が自動で調整されます。

ロック解除時に音量を再設定

「ロック解除時に音量を再設定」にチェックが入ってると、ロック画面上でボリュームを変更しても、ロック解除時に自動で「モード切替時の音量設定」で指定したボリューム値へ調整されます。

例えば「モード切替時の音量設定(ノーマル)」で下記ボリューム値を指定した状態で、

メディア:15段階中 – 音量7

着信:7段階中 – 音量3

アラーム:7段階中 – 音量3

ロック画面上で着信音量を最大(音量7)に上げても、ロック解除後に自動で音量3へ調整されます。

通知領域に表示しない

「通知領域に表示しない」にチェックが入ってると、通知領域のモード切替ボタンが非表示となります。

アラーム音量は設定しない

「アラーム音量は設定しない」にチェックが入ってると、「モード切替時の音量設定」にてアラーム音量が設定の対象外となります。

まとめ:音量を完全固定したくない人にオススメ!

Androidの音量を一定値に固定するアプリとして「ボリュームコントロール」を別記事で紹介していますが、

関連記事

Androidの音量を一定値に固定する方法! 誤動作で勝手にスマートフォンのボリュームが変わるのを防ごう

今回紹介したアプリ「音量モードロック」は各モード(ノーマル⇔マナー)切替を無効化するだけで、各モード内のボリューム値調整は固定されません。

そのため、「誤操作でマナーモードが有効(無効)となるのは防止したいけど、ボリュームキーで着信音量やメディア音量は今まで通り微調整したい!」という方にオススメです。

 

補足:画面の誤タップを防止したい場合

子供が勝手にスマートフォンをいじくり誤操作となるのを防ぎたいなら、他にも画面タップを無効化する「画面そのままロック」というアプリがオススメです。

スリープモードとは異なり、画面が点灯した状態でタップを無効化できるため、子供にスマートフォンの動画を見せるときに便利です。

詳細は別記事で解説しているので、合わせてどうぞ。

関連記事

[Android] 表示画面そのままでタッチを無効にする方法! 画面ロックせずに誤操作防止できる

 

〆:勝手に音量モードが変わるのを防ごう!

以上、Androidの音量ボタンでマナー/サイレントモード切替を無効化する方法! 誤動作を防いでボリュームを固定しよう の説明でした。

いつの間にかAndroidのマナーモード設定が変更され失敗した経験があるなら、ぜひ今回紹介した「音量モードロック」を設定してみて下さい。

ご参考あれ。

Androidアプリ
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント