Amazonタイムセール開催中!★クリックしてセール会場を開く★

XperiaのOSをダウングレードする方法! アップデートしたソフトウェアバージョンを下げて元に戻そう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク

Androidでは定期的にOSのバージョンアップ(アップデート)が行われます。

バージョンアップにより機能面・セキュリティ面が強化されるため、基本的にはアップデートは推奨されます。

AndroidのOSバージョンを調べアップデートする方法! 最新機能へソフトウェアを上げよう
この記事では、Android OSバージョンの確認とアップデート方法を解説します。そのほか、バージョンアップのメリット/デメリットや、アップデートできない主な原因を説明しています。

一方で、バージョンアップ後に次のようなデメリットに気づき、「できれば元に戻したい」と感じることもあるでしょう。

  • 動作が重くなった
  • 電池もちが悪くなった

実はXperiaシリーズの場合、ソニーが提供しているファームウェアを使って、過去のイメージファイルから好きなOSバージョンへ戻せる可能性があります。

そこで本記事では、2パターンの手段でXperiaのAndroid OSバージョンをダウングレードする方法を紹介します。

  1. Xperia CompanionでOSをダウングレードする方法
  2. FlashtoolでXperiaのOSをダウングレードする方法

1は対応する機種とOSバージョンが限定的ですが、操作ハードルは低いため初心者にもオススメです。

2は多くの機種を好きなOSバージョンへダウングレードできますが、操作ハードルは高くリスクもあるため、上級者向けの内容です。

それぞれ順番に解説します。

Photo by Mike Meyers on Unsplash

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

事前準備(2つの方法に共通)

最初に事前準備項目を紹介します。今回紹介する2つの方法に共通する内容です。

  • パソコンで「Xperia Companion」を用意する
  • USBケーブルを用意する
  • データを事前にバックアップする
  • ログイン中のGoogleアカウントを確認する
  • 修理受付期限を過ぎていないか確認する

パソコンで「Xperia Companion」を用意する

ソニーの公式サイトよりパソコンのOSに合わせて「Xperia Companion」をダウンロード・インストールして下さい。

「Flashtool」を使う方法でも、ドライバの関係で「Xperia Companion」インストールが推奨です。

USBケーブルを用意する

XperiaのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ、ご準備下さい。

データを事前にバックアップする

どちらの方法でXperiaをダウングレードしても、(原則)Xperiaの内部データは削除されます。

大切なデータがあれば、事前にバックアップしましょう。

Androidのデータをバックアップする方法! スマートフォンのデータを保存する特徴と使い方まとめ
日頃から使っているAndroidスマートフォンやタブレットでバックアップは行っていますか? 昨今のスマートデバイスは役割が広がり、写真や動画、メッセージなど膨大なデータが保存されているため、もしもの時に備えしっかりバックアップしておく...

ログイン中のGoogleアカウントを確認する

ファームウェアを書き込み初期化されると、「Device Protection(端末保護機能)」が働き、以前までログインしていたGoogleアカウント情報を要求される場合があります。

正しいアカウントを入力しない限り、Xperiaをまったく使用できないため、要注意です。

「Device Protection(端末保護機能)」の基本や解除手順の詳細について、関連記事【Android「このデバイスはリセットされました」の原因と解決方法! GoogleアカウントのDevice Protection(端末保護機能)を解除しよう】で解説しています。

Android「このデバイスはリセットされました」の原因と解決方法! GoogleアカウントのDevice Protection(端末保護機能)を解除しよう
この記事では、Androidで「このデバイスはリセットされました」と表示される原因と解決方法を解説します。Device Protection(端末保護機能)を事前に回避する方法と、解除する手順を説明しています。

修理受付期限を過ぎていないか確認する

今回紹介するダウングレード操作を実行しても、元のAndroid OSバージョンに戻すことは可能です。

が、もし国内キャリア版の古い端末でダウングレードを検討している場合、通信事業者の修理受付期限を過ぎていると、ダウングレード後に最新OSバージョンへ戻せないケースもあります。

本件について詳細は記事後半で解説しています。

事前準備項目は以上です。以降より2つの方法を順番に解説します。

 

Xperia CompanionでOSをダウングレードする方法

ソニー公式ソフト「Xperia Companion」の標準機能「ソフトウェアの修復」を使えば、一定の条件を満たした場合、XperiaのAndroid OSバージョンをダウングレードできます。

Xperia Companionのソフトウェア修復について

「Xperia Companion」はソニーが提供するパソコン向けソフトで、USB接続したXperiaに対し、ファイル操作やソフトウェア更新、初期化などの指示を送ることができます。

この中の機能「ソフトウェアの修復」では、最新のファームウェアを再インストールして強制初期化することで、Xperiaをまっさらな状態にリセットできます。

ここでポイントが、機種によって用意されるファームウェアが必ずしも最新OSではなく、一世代古いバージョンとなるケースがあります。

例えば、Xperia XZの最新OSバージョンは8.0ですが、「Xperia Companion」で提供されるファームウェアは、ビルド番号39.2.B.0.336のAndroid 7.0となります(8.0はOTAアップデートでのみ対応)。

注意点として、機種によっては「Xperia Companion」でも最新OSバージョンが提供されおり、意味がない可能性もあります。

が、条件さえ満たせば、カンタンな操作でXperiaのOSダウングレードを実現できます。

以降より具体的な操作手順を解説します。

ソフトウェアの修復でOSを下げる手順

まだ事前準備項目を実施してない場合、コチラより確認して下さい。

Xperia XZ(Android 8.0)を例に説明します。

ソフトウェアの修復でOSを下げる手順1

まずXperiaとパソコンを接続して、「Xperia Companion」を起動します。

この際、次の2点がポイントです。

  • Xperiaの画面ロックを解除すること
  • XperiaのUSB接続の用途を「ファイル転送モード(MTP)」へ切り替えること

端末を認識できたら、「ソフトウェアの修復」を開きます。

ソフトウェアの修復でOSを下げる手順2

注意事項を進んでいき、しばらくの間(1分ほど)準備中となった後、Xperiaの電源が自動で落ちます。

ソフトウェアの修復でOSを下げる手順3

「Xperia Companion」の画面が切り替わり、「ソフトウェアの修復」を選択します。

ソフトウェア修復中は時間がかかるケースもあるため、気長に待ちましょう。「ソフトウェアの修復は完了しました。」という画面になれば成功です!

ソフトウェアの修復でOSを下げる手順4

Xperiaの電源を入れ、Android OSのダウングレードを確認できればOKです。

ソフトウェアの修復でOSを下げる手順5

Android 8.0だったXperia XZのバージョンが7.0となった。

「ソフトウェアの修復」のより詳細な手順は、関連記事【Xperia Companionの使い方! PCと接続してファイル転送しよう】で解説しています。

Xperia Companionの使い方! PCと接続してファイル転送しよう
この記事では、Xperia Companionの使い方をを解説します。パソコンからXperiaのファイル転送やソフトウェア更新、強制初期化を実行できます。

ソフトウェアの修復エラーが発生する原因と解決策

「ソフトウェアの修復」を試みても、次のエラーが表示されて先に進めないケースがあります。

  • ソフトウェアの修復エラー – 機器の修復中に、エラーが発生しました。やり直してください。問題が解決しない場合はSonyサポートにお問い合わせください。

ソフトウェアの修復エラー

この場合、次の点をチェックして下さい。

  • 「Xperia Companion」を再起動する
  • USBケーブルを再接続する
  • パソコン側のUSBポートを変える
  • Xperia本体を再起動する

繰り返し同じエラーが表示される場合、対象のXperiaが修理受付期間の終了した機種でないか確認して下さい。

ソニーの公式ページにも次の注意書きがあります。

原則的に通信事業者の修理受付期間が終了した機種はXperia Companionによるサポートも終了します

参考 SONY – ソフトウェア更新に失敗した場合の修復方法は?

実際にボクが所有するドコモのXperia Z3は、2019年5月末に修理受付終了となっているため、「ソフトウェアの修復」に毎回失敗するようになりました。

参考 NTTドコモ – 修理受付対応状況(Xperia Z3)

この場合は、後述する「Flashtool」を使う手段でOSダウングレードをお試し下さい。

 

FlashtoolでXperiaのOSをダウングレードする方法

ソフト「Flashtool」とダウングレード先OSのファームウェア「FTF」を用意できれば、(基本的に)Xperiaの機種とわず任意のOSバージョンへダウングレードできます。

FlashtoolとFTFについて

「Flashtool」とはパソコン向けのメーカー非公式ソフトで、XperiaのOSバージョンを書き換えることができます。その際、専用のファームウェア「FTF」を用意する必要があります。

「FTF」とは、Xperiaのイメージファイルで「FlashTool File」の略です。Xperiaの”機種”と”ビルド番号(≒OSバージョン)”ごと種類が存在します。

つまり、目的のOSバージョンとなる「FTF」を用意すれば、「Flashtool」を通してXperiaをダウングレードできます。

「FTF」でXperiaのOSバージョンを書き換えることを、ネットのスラングで「FTF(ROM)を焼く」とよく呼びます。

作業の流れは次の通りです。

  1. パソコンでFlashtoolを用意する
  2. 目的のFTFを用意する
  3. FlashtoolでXperiaにFTFを焼く

以降よりXperia Z3(Android 6.0.1)をダウングレードするケースを例に、具体的な操作手順を解説します。

Android 6.0.1のXperia Z3

まだ事前準備項目を実施してない場合、コチラより確認して下さい。

今回紹介する「FTF(ROM)を焼く」はメーカー保証対象外の行為です。

作業に失敗すると最悪の場合、Xperiaが文鎮化して復旧できないケースもあります。くれぐれもリスク承知の上でお試し下さい。

パソコンでFlashtoolを用意する手順

公式サイトよりパソコンのOSに合わせて「Flashtool」をダウンロードして下さい。

パソコンでFlashtoolを用意する手順1

Windows・Macどちらもダウンロード手段として、2通り用意されています。

  • torrentソフト経由でダウンロードする
  • 配布サイトから直接ダウンロードする

前者の方がダウンロードは速いですが、torrentソフト操作の知識が必要です。

後者は単純操作でダウンロードできますが、時間がかかります。

「torrentって何?」という場合は、後者の方法をお試し下さい。

ダウンロード後の「Flashtool」インストール手順について、WindowsとMacそれぞれカンタンに解説します。

Windowsの手順

Windowsの場合、ダウンロードした”.exe”ファイルを開き、画面に従ってインストールして下さい。

特に手動で変更する箇所はなく、デフォルトでOKです。

パソコンでFlashtoolを用意する手順2

「Flashtool」を起動できれば準備OK。

パソコンでFlashtoolを用意する手順3

Macの手順

Macの場合、ダウンロードした”.dmg”ファイルを展開し、ドラッグ&ドロップでアプリケーションフォルダへ移します。

パソコンでFlashtoolを用意する手順4

「Flashtool」を起動できれば準備OK。

パソコンでFlashtoolを用意する手順5

なお、途中で次のようなメッセージが表示されて先に進めない場合、

  • App Storeからダウンロードされたものではないため開けません。
  • 開発元が未確認のため開けません。

「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」より実行許可して下さい。

目的のFTFを用意する手順

目的のOSバージョンとなる「FTF」を用意します。

手段は様々ありますが、大きく次の2パターンに分かれます。

  • 「XperiFirm」を使って自分で作成する
  • ネット上に落ちているファイルをダウンロードする

前者の方が相対的にセキュリティ面で安全ですが、ソニーのサーバーとリンクしているため、公式でファームウェア提供終了となった機種は入手できません。

数年前の古い機種の「FTF」を手に入れたい場合、失敗するリスクがあります。

後者なら有志の方がネット上にアップロードしたファイルを流用するため、古い機種の「FTF」であっても入手できる可能性は高いです。が、中には悪意あるファイルが紛れているリスクもあります。

様々なサイトから「FTF」をダウンロードできますが、日本語表記であり、ラインナップも充実しているサイト「AndroPlus」がオススメです。

ちなみに「FTF」はXperiaの”機種”と”ビルド番号”ごと種類が存在するため、目的の機種で各ビルド番号に対応するOSバージョンを確認しておく必要があります。

例えばXperia Z3の場合、ビルド番号ごとのOSバージョンは次の通りです。

  • 〜23.0.B.1.59:Android 4.x.x
  • 23.1.B.1.160〜23.1.B.1.317:Android 5.x.x
  • 23.5.B.0.303〜:Android 6.x.x

調べる方法として、Wikipediaや通信事業者の製品アップデート情報を参照しましょう。

参考 NTTドコモ – Xperia Z3 SO-01Gの製品アップデート情報

機種やビルド番号とわず、「FTF」のファイル容量は1GBを超えるケースが多いため、ダウンロードの際はデータ通信量の上限値に注意して下さい。

いずれかの方法で「FTF」を入手できたら、パソコンのOSごと、次のディレクトリにファイルを移して下さい。

Windows↓

C:\Users\ユーザー名\.flashTool\firmwares

Mac↓

/Users/ユーザー名/.flashTool/firmwares

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順

「Flashtool」を起動し、左上のFlashtoolの雷アイコンアイコンをクリック。

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順1

「Flashmode」を選択し、

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順2

「Firmwares」項目にて用意した「FTF」が表示されることを確認します。

「FTF」が表示されない場合、典型的な解決策を後述しているので参照下さい。

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順3

目的の「FTF」を選択したら、「Wipe」と「Exclude」の2項目で”どの領域までFTFの情報を焼くか”指定します。

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順4

ここで表示される項目は、ファームウェアが構成する機種やビルド番号によって異なります。

記事中ではSO-01G(ビルド番号:23.0.B.1.1)の「FTF」を例に解説します。

Wipeについて

「Wipe」項目にチェックを入れると、「FTF」を焼くと同時にデータも初期化されます。例えば次の項目が該当します。

  • APPS_LOG
  • USERDATA

チェックを外すことで、データを保持したままOSのみダウングレードすることも可能ですが、予期せぬエラーを招くリスクが高まります。

トラブルに対応できる上級者を除き、基本的にはチェックすることが推奨されます。

Excludeについて

「Exclude」項目にチェックを入れると、その項目では新しい「FTF」の情報を反映させず、現在の状態を維持できます。

国内キャリア版FTFで焼くなら特に操作不要ですが、グローバル版を焼く場合は次の項目をチェックして除外しましょう。

  • AMSS_FSG
  • AMSS_FS_1
  • AMSS_FS_2
  • PARTITION-IMAGE

「AMSS_FSG」・「AMSS_FS_1」・「AMSS_FS_2」は無線通信のバンド情報を制御する項目です。海外FTFを焼く際、除外しないと国内キャリアのSIMをうまく認識できなくなる恐れがあります。

「PARTITION-IMAGE」はパーティション情報を制御する項目です。例えば、海外FTFのパーティションで16GBが指定されていると、端末スペック上のストレージは32GBであっても、システム上は16GBと認識されるケースがあるため、除外が推奨されます。

「Wipe」と「Exclude」を設定できたら Flash を実行します。

少し待つとフラッシュモードでの接続手順が表示されるため、Xperiaの電源を切った状態で、音量下 キーを押したままパソコンと接続して下さい。

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順5

認識できれば、自動で「FTF」が焼かれていきます。

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順6

最終的に次のメッセージが表示されれば作業完了です。

  • Flashing finished. Please unplug and start your phone

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順7

Xperiaの電源を入れ、Android OSのダウングレードを確認できればOKです。

FlashtoolでXperiaにFTFを焼く手順8

Android 6.0.1だったXperia Z3のバージョンが4.4.4となった。

トラブルシューティング:目的のFTFが表示されない原因と解決策

もし「Firmwares」項目に用意した「FTF」が表示されない場合、次の2点を確認して下さい。

  • 何も表示されない場合:FTFを正しいディレクトリに移しているか
  • 機種名だけ表示される場合:プルダウンアイコンを選択しているか

FTFを正しいディレクトリに移しているか

もし「Firmwares」項目に何も出ない場合、「FTF」を保存している場所が誤っている可能性があります。

デフォルトではパソコンのOSごと、次のディレクトリが「FTF」の保存先として指定されています。

Windows↓

C:\Users\ユーザー名\.flashTool\firmwares

Mac↓

/Users/ユーザー名/.flashTool/firmwares

現在参照している場所は「Source folder」で表示されるため、改めて確認してみましょう。

目的のFTFが表示されない原因と解決策1

パソコンの設定によっては、”.(ドット)”からはじまるフォルダが非表示となっている場合もあるため、「Source folder」で表示されるディレクトリをエクスプローラー(MacならFinder)で検索した方が速いです。

プルダウンアイコンを選択しているか

もし「Firmwares」項目に機種名だけは出る場合、クリックしている箇所が誤っている可能性が高いです。

機種名の部分ではなく、▶アイコンを選択すればプルダウン形式で「FTF」までたどり着くことができます。

目的のFTFが表示されない原因と解決策2

注意:古い端末は最新OSバージョンへ戻せないリスクあり

もし国内キャリア版の古い端末でダウングレードを検討している場合、通信事業者の修理受付期限を過ぎていると最新OSバージョンへ戻せないケースもある点に注意して下さい。

例えばドコモ版Xperia Z3(SO-01G)の場合、公式ページにもソフトウェア更新が「修理受付終了まで」と記載されています。

SO-01Gの製品アップデート情報

参考 NTTドコモ – Xperia Z3 SO-01Gの製品アップデート情報

そしてXperia Z3(SO-01G)は2019年5月末を持って修理受付の期限を迎えたため、現在はOSアップデートを実行することはできません。

この仕様の注意点として、本来は最新OSが提供される機種であってもソフトウェア更新が停止するため、期限を超えてしまうと古いOSバージョンのまま過ごすことになります。

実際にボクのXperia Z3はAndroid 5.0.2で、6.0.1へアップデートできるはずでしたが、ソフトウェア更新が停止されたため「アップデートの必要はありません」と表示が出るようになりました。

Xperia Z3のソフトウェアアップデート画面

「ソフトウェアアップデート」を実行しても「必要ありません」と表示される。

「最新OSのFTFを用意すればいいじゃん」という声も聞こえてきそうですが、OTAアップデート限定のOSバージョンは「FTF」が存在しないため、「Flashtool」ではバージョンアップできません。

同様に、Xperia Z3の場合はメーカー独自のソフト「Xperia Companion」を使用してもAndroid 5.x.xまでしかアップデートできず、Android 6.x.xはOTAアップデートに限定されています。

参考 ソニー公式HP – Xperia Companionを使ったOSバージョンアップのサポートについて

ちなみに、念のためドコモのメール窓口にOTAアップデート停止について問い合わせたところ、見解は変わりませんでした。

ドコモのメール窓口に問い合わせた内容

以上より、国内キャリア版の古い端末では、修理受付の期限を過ぎた後にOSのダウングレードを実行すると、元の最新バージョンに戻せない可能性もあるため、くれぐれも注意して下さい。

 

補足:

元のAndroid OSバージョンに戻す方法

ダウングレード後に元のAndroid OSバージョンへ戻したい場合、2つ方法があります。

  • 通常のOTAアップデートを実行する
  • 最新ファームウェアのFTFを読み込む

前者は一般的なOSバージョンアップの手順でOKです。

後者は「Flashtool」を使ったダウングレード手順と同じ流れで、最新ファームウェアの「FTF」を用意して読み込むことでAndroid OSバージョンが元通りになります。

FTFを焼くと、Androidのデータは初期化されます。
先述の通り、通信事業者の修理受付期限を過ぎていると最新OSバージョンへ戻せないケースもあります。

アプリのバージョンをダウングレードする方法

インストールしているアプリ個別のバージョンをダウングレードしたい場合、旧バージョンのapkから復元する方法があります。

詳細は関連記事【Androidのアプリをダウングレードする方法! Google Play配布ソフトを元の旧バージョンへ戻そう】で解説しています。

Androidのアプリをダウングレードする方法! Google Play配布ソフトを元の旧バージョンへ戻そう
Androidでは日々多くのアプリがアップデートによって最新機能が追加されています。 ただ、「新バージョンがうまく動作しない」・「更新後のデザインが好きになれない」など、様々な理由で「以前の旧バージョンのアプリに戻したい!」と...

 

〆:Xperiaを好きなOSバージョンへ落とそう!

以上、XperiaのOSをダウングレードする方法! アップデートしたソフトウェアバージョンを下げて元に戻そう の説明でした。

PixelシリーズなどGoogle公式モデルを除き、通常のメーカー端末ではOSダウングレード手段が用意されない中、Xperiaは世界的にも人気モデルであるため、「Flashtool」のような便利ツールが存在します。

OSアップデート後に後悔したら、今回の手順で元のバージョンへ戻してみて下さい。

ご参考あれ。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました