Gravity Gestures – シェイクや回転でスマホを操作! 動きに反応して指定機能を起動できる無料アプリ [Android]

スポンサーリンク

「特定のアプリを開く」・「Wi-Fiのオン/オフを切り替える」など、スマートフォンで使う頻度の高い機能は、わざわざディスプレイを操作して起動するのも面倒ですよね。

そこで本記事では、シェイクや回転など、スマートフォンの特定の動きに反応して、指定機能を起動できるAndroid向け無料アプリ「Gravity Gestures」を紹介します。

Androidに搭載される「近接センサー」と「重力センサー」を利用して、本体の傾きや向きを感知して機能する面白いアプリです。

スポンサーリンク

Gravity Gestures – シェイクや回転でスマホを操作!

Gravity Gesturesの特徴

「Gravity Gestures」アプリでは、特定の4つの動きを検知して、アプリを起動したり、特定機能をオン / オフ切り替えたり、など、任意のスマートフォン動作を設定できます。

4つの動きとは、「X・Y・Z軸」方向の3次元の動きに「シェイク」を加えた、下記4種類となります。

スマートフォンを前後に倒す(=X軸の動作)

スマートフォンを回転させる(=Y軸の動作)

スマートフォンを左右に倒す(=Z軸の動作)

スマートフォンをシェイクする

例えば、「シェイクする」と「ライトを点灯する」と設定できたり、「前後に倒す」と「LINEを起動する」と設定できたり、自由にカスタマイズ可能です。

Androidの画面をタップせずとも本体を動かすことで、利用頻度の高い機能をカンタンに起動できる点が、この「Gravity Gestures」の魅力です。

下記よりさっそく本アプリの使い方について說明をしています。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Gravity Gestures」をインストールします。

Gravity Gestures
Gravity Gestures
Developer: TinoooApp
Price: Free+

Android 要件:4.1 以上

価格:無料

インストール後、「Gravity Gestures」を起動するとアプリ紹介動画のリンクがあり、タップするとYouTube上で説明を見れます。

続いて画面を進んでいくと、「Gravity Gestures」のトップ画面へ移り、アプリ設定手順のチュートリアルが始まります。

まず、上部にあるトグルをオンにすると、「Gravity Gestures」の設定をオンにできます。次に、右下の「+」ボタンより新しい動作を追加できます。最後に、設定した動作は左右へスワイプすることで削除ができます。

以上が基本動作の説明となりますので、さっそく実際に設定してみましょう。

手順②:新しい動作機能を設定してみる

先ほどのチュートリアル通り、まず右下の「+」ボタンをタップすると、4つの動きの選択ができるので、設定したい動きを選びます。すると、選んだ動きに対し、どのような機能を起動させるか、を設定します。

起動させる機能は、「アプリを開く」・「電話をかける」・「Wi-Fiをオン / オフ」・「ライトを点ける」などなど、たくさん用意されています。

例えば、ボクの場合、「シェイクする」という動作に対し、「ライトを点ける」という機能起動を設定しています。

以上のように、4つの動きに対し、幅広い機能を設定できるため、自由にカスタマイズできて面白いです。

手順③:アプリを使いこなす

最後に「Gravity Gestures」のその他設定について解説します。

「Gravity Gestures」のトップ画面右上の歯車アイコンをタップすると、その他設定となります。

Auto Start – アプリの自動起動を設定

「Auto Start」をオンにすると、Android再起動時、自動的に「Gravity Gestures」機能がオンとなります。

Screen off – スリープ状態でもアプリを有効に

「Screen off」をオンにすると、Androidがスリープ状態でも「Gravity Gestures」機能がオンとなります。

Vibration – アプリが機能した際にバイブ

「Vibration」をオンにすると、「Gravity Gestures」機能が動作した際にバイブするようになります。

Sensitivity – 動きの反応速度を調整

「Sensitivity」では、4つの動きの反応感度を調整できます。

「High」だとよりわずかな動きで反応するようになり、「Low」だとより大きく動かないと反応しなくなります。

調整後は、一度「Gravity Gestures」を再起動する必要があります。

補足:

最後に、今回紹介した「Gravity Gestures」アプリに関連する補足情報を記載します。

近接/重力センサーを用いたその他のアプリ

本記事の「Gravity Gestures」は、Androidに搭載される「近接センサー」と「重力センサー」を利用して、本体の傾きや向きを感知して指定機能を起動する仕組みとなっていますが、同様にこれらセンサーを利用したアプリとして「Gravity Screen」があります。

Gravity Screen - On/Off
Gravity Screen - On/Off
Developer: Plexnor
Price: Free+

うまく使えば、ディスプレイのオン / オフやスリープ解除を自動化することができます。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Gravity Screen – 画面オンオフを様々な条件で制御! 電源ボタン不要でスリープ解除できる

その他物理ボタンを活用する豆知識

本記事は「Androidのセンサー機能」に着目した内容でしたが、それ以外にもAndroidの物理ボタンや指紋認証リーダーを有効活用するアプリ等は沢山存在します。

例えば、「ボリュームキーランチャー」というアプリを使えば、Androidのボリュームアップ / ダウンキーに対し様々な機能を付与できます。

関連記事

音量ボタンでAndroidを操作する方法! ボリューム物理キーでアプリ起動やシステム変更ができる

また、「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、Androidの一部機種で搭載される「指紋認証リーダー」を使って、指定アプリを開いたり通知領域の表示ができるようになります。

関連記事

Fingerprint Quick Action – Androidの指紋認証を超強化する方法! ジェスチャー機能を追加して便利にしよう

それ以外にもAndroidの物理ボタンや指紋認証リーダーを有効活用する豆知識を下記記事でまとめているので、ぜひご覧あれ。

関連記事

Androidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する豆知識まとめ! タッチパネル不要で操作できる

〆:Androidの動作をカスタマイズできて楽しい!

以上、Gravity Gestures – シェイクや回転でスマホを操作! 動きに反応して指定機能を起動できる無料アプリ [Android] の説明でした。

「Gravity Gestures」をインストールすることで、Androidの動作の拡張性が増し、自分だけの動きを自由にカスタマイズできるのが楽しくなります。

ぜひ、試してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい