Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidに搭載される「指紋認証」機能は主にロック画面解除で活躍しますが、別途アプリを導入すれば別機能の割り当てが可能です。

そこで本記事では、指紋認証リーダーを超強化する便利なアプリを紹介します。

  • Fingerprint Quick Action
  • Finger Scanner Gestures

例えば指紋認証で「スクリーンショットを撮影する」・「指定アプリを起動する」など、好きな機能の割り当てが可能となります。

ぜひ、ご覧あれ。

photo by Pixabay

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fingerprint Quick Action – 使い方

指紋認証を搭載した機種であることがアプリ要件です。

初期設定をする

アプリを起動し最上部にある「Enable Fingerprint Quick Action」にチェックを入れると、初期設定として「ユーザー補助」権限付与が求められます。

画面に従って有効にして下さい。

以上で初期設定は完了。再びトップ画面に戻り、最上部の「Enable Fingerprint Quick Action」にチェックが入っていることを確認できれば、アプリは有効となっています。

指紋認証ジェスチャーに機能を与える

デフォルトでは指紋認証にジェスチャー機能は何も付与されていないので、個別にカスタマイズを実施します。

まず「Single tap action」では下記機能の割り当てが可能です。

  • Sleep – スリープ状態に入る
  • Go back – 戻るボタン押下と同じ動作
  • Go home – ホームボタン押下と同じ動作
  • Show recent apps – タスクボタン押下と同じ動作
  • Show power menu – 電源ボタン長押しと同じ動作
  • Toggle split screen – タスクボタン長押し(=マルチウィンドウ起動)と同じ動作
  • Expand/Toggle notifications panel – 通知領域の表示
  • Expand quick settings – クイック設定の詳細画面を表示
  • Take screenshot – スクリーンショットの撮影
  • Launch app or shortcut – 指定アプリやショートカットを起動

Launch app or shortcut(指定アプリやショートカットを起動)選択時は、さらに該当のアプリやウィジェットのショートカットを設定する項目が表示されます。

なお一部機能割り当て時には「システム設定を変更できるアプリ」として「Fingerprint Quick Action」を有効にしたり、内部ストレージへのアクセスを許可する必要などがあります。それぞれ画面に従って設定しましょう。

以上の設定により機能割り当て後、実際に指紋認証ジェスチャーを実施してしっかり実行されることを確認できれば成功です!

指紋認証リーダーのジェスチャーを変える

「Fingerprint Quick Action」では、指紋認証リーダーのシングルタップに加え、下記2つのジェスチャーに対しても機能付与が可能となります。

  • Fast swipe&Quick tap action – 素早く指紋認証リーダーを指でスワイプ
  • Enable double tap – 2回連続で指紋認証リーダーを指でタップ

割り当て可能な機能は先述のシングルタップ同様で、「Enable double tap」については「Double tap interval time(=連続タップする速度間隔)」まで調整が可能となります

以上より指紋認証リーダーでの3ジェスチャー(=シングルタップ / ダブルタップ / スワイプ)それぞれに別の機能を割り当て可能となるため、Android操作性の幅が非常に広がります。

 

Finger Scanner Gestures – 使い方

ダウンロード Finger Scanner Gestures – apk

指紋認証を搭載した機種であることがアプリ要件です。

初期設定をする

アプリを起動すると初期設定として「ユーザー補助」の権限付与が求められます。

画面に従って有効にして下さい。

以上で初期設定は完了で、アプリトップ画面が表示されますが、この状態ですでに機能は有効となっています。

試しに指紋認証リーダーを使ってみて下さい。

デフォルトで設定されている「ホームへ戻る」が機能すれば、アプリが正常に動作していると確認できます。

好きな機能を指紋認証に割り当てる

さっそく自分の好きな機能を指紋認証リーダーに割り当てましょう。

トップ画面「Settings」の「Gestures」にて、「Touch」と「Fast swipe」それぞれに機能を設定できます。

「Touch」が通常の指紋認証ジェスチャーで、「Fast swipe」は素早く指紋認証リーダーを指でスワイプするジェスチャーとなります。

各ジェスチャーに割り当てが可能な機能は下記通りです。

  • Home – ホームボタン押下と同じ動作
  • Back – 戻るボタン押下と同じ動作
  • Recent – タスクボタン押下と同じ動作
  • Volume – 音量調節スライダの表示
  • Notification – 通知領域の表示
  • Lock screen – 画面消灯してロック状態へ切り替え
  • Capture screen – スクリーンショットの撮影
  • Open an application – 指定アプリを開く
  • None – 何も割り当てない

「Touch」に「Notification」を、「Fast swipe」に電卓アプリを割り当てた例。

後は実際に指紋認証ジェスチャーを実施して、設定したアプリや機能が動作すれば成功です。

ボクの環境では「Touch(=通常の指紋認証ジェスチャー)」に対し、「アプリを開く」を割り当ててもうまく動作しませんでした。Android 7.0と8.0の複数端末にて同様の症状だったため、アプリ側の問題かと考えています。

ちなみに、「Fast swipe(=指紋リーダーを指でスワイプ)」では「アプリを開く」も正常に動作しました。

 

補足:

そのほか指紋認証リーダーを活用する方法まとめ

今回紹介した方法以外にも、Androidの指紋認証リーダーを活用するワザは色々あります。

例えば、「ノートン アプリロック」というアプリを使えば、Androidで指定アプリを起動する際にパスワードを設定し、指紋認証で解除できるようになります。

Androidでアプリにパスワードを設定して指紋認証で解除する方法! 個別にロックして誤入力でこっそり顔写真の撮影もできる
Androidではアプリごとパスワードを設定するアプリが充実しています。 ただセキュリティを意識するあまり、アプリを起動する度にパスワードを入力するのは正直面倒です。 そこで本記事では、アプリのロックを指紋認証でサクッと解除でき...

このような指紋認証を有効活用する情報はまとめて、関連記事【Androidの指紋認証をカスタマイズする対応アプリまとめ! 機能やセキュリティを強化する裏ワザ的方法】で解説しています。

Androidの指紋認証をカスタマイズする対応アプリまとめ! 機能やセキュリティを強化する裏ワザ的方法
本記事では、Androidの指紋認証をもっと便利にする過去記事をまとめて紹介しています。 基本的に指紋認証リーダーはスリープ状態のロック解除の用途で使われますが、様々なアプリを活用して新しい機能を付与できます。 例えば利用頻度の...

そのほか物理ボタンを活用する方法まとめ

本記事は「指紋認証リーダー」に着目した内容でしたが、それ以外にもAndroidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用するアプリ等はたくさん存在します。

例えば「Cursor Control」というアプリを使えば、Androidのボリュームアップ / ダウンキーで文字入力カーソルを操作できるようになります。

Cursor Control
Cursor Control

[Android] 音量キーで文字入力カーソルを操作する方法! ボリューム物理ボタンで位置移動を快適に
Androidのブラウザで検索をしたり、メモアプリで文章を入力する際、文字の入力カーソル移動がうまくできず、イライラした経験はないでしょうか? 利用するキーボードアプリによっては、仮想キーボード上でカーソル移動ボタンが表示される場合も...

それ以外にもAndroidの物理ボタンやセンサー機能を有効活用する情報をまとめて、関連記事【Androidで物理キーやセンサー機能をカスタマイズする方法まとめ! ボタンを活用してタッチパネル不要で操作しよう】で解説しています。

Androidで物理キーやセンサー機能をカスタマイズする方法まとめ! ボタンを活用してタッチパネル不要で操作しよう
Androidに搭載される物理キーやセンサー機能を有効活用する過去記事をまとめて紹介します。 「音量ボタン」・「指紋認証リーダー」・「近接センサー」・「重力センサー」を有効活用すれば、ディスプレイのタッチパネルに触れずとも利用頻度の高...

通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作するワザまとめ

今回のアプリを応用することで指紋認証に「ホーム / 戻る / タスク」を割り当てることもできますが、それ以外にも通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作するワザはいろいろあります。

例えば「Assistive Touch」というアプリを使えば、iOS標準の「AssistiveTouch」機能をAndroidでも使えるようになり、仮想の「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」を実行できます。

Assistive Touch OS 11
Assistive Touch OS 11
Developer: Flash Alerts
Price: Free

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

ほかにも基本3ボタンを操作する情報をまとめて、関連記事【[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行】で解説しています。

[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行
本ブログでも過去、Androidの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)を通常とは異なる方法で操作する豆知識を紹介してきました。 普通は基本3ボタンが表示される「ナビゲーションバー」上より実行するのが一般的ですが、様々なアプリを...

 

〆:指紋認証の機能をカスタマイズしよう!

以上、Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう の説明でした。

通常の指紋認証機能では、ロック画面の解除やアプリ課金の認証など、主にセキュリティ面の用途で活用されますが、紹介したアプリを使えば様々な機能追加ができるようになります。

指紋認証リーダーが搭載されるAndroidをお持ちなら、ぜひ一度お試しあれ。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました