Android「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」を解決して削除する方法

スポンサーリンク

Androidを使っている中で、アプリを削除(アンインストール)しようとすると、

有効な端末管理アプリをアンインストールできません

このパッケージは現在デバイスを管理しているため、アンインストールできません

などと表示され、先に進めないケースがあります。

これは特殊な権限を与えているアプリであるため、通常とは異なる手順で削除が必要なアプリであることが原因です。

そこで本記事では、このような通知が表示されるアプリをアンインストールする方法を紹介します。

アプリを消せずに困っている方は、ぜひご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

端末管理アプリをアンインストールする方法!

端末管理アプリとは?

例えば「Power Button to Volume Button」というアプリを削除しようとすると、通知領域に「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」と表示され、先に進めなくなります。

他にも過去当ブログで紹介した「Gravity Screen」や「あんしんフィルター for docomo」なども、アンインストール実行時に同様の表示がされ、

これらは全てアプリ初期設定時に「端末管理アプリの有効化」を実施している共通点があります。

端末管理アプリとは、特定の機能を提供するためにAndroidの管理者としてのアクセス権限が必要となるアプリのことで、セキュリティ系の機能(例:MDM系アプリ / スリープを制御するアプリ)が該当するケースが多いです。

これらのアプリはAndroidにとって重要な役割を担っている(と認識される)ため、勝手に削除されるとセキュリティ上のリスクとなる理由より、カンタンにはアンインストールできない仕様となっています。

そのため、一度「設定」より「端末管理アプリの有効化」を解除した後、アンインストールを実行する手順が必要となります。

下記より解説していきます。

「端末管理アプリの有効化」を解除する

「端末管理アプリ」の設定画面への進み方は、Androidバージョンによって多少異なりますが、たいていは「アプリ」画面より「権限」設定へ進めば当該項目を見つけられます(一部機種やOSバージョンでは「機器管理機能」とも表現されます)。

参考として、下記にAndroid 8.0(Nexus 6Pを使用)とAndroid 7.0(Xperia Z5 Premiumを使用)の2ケースにおける手順を記載します。

Android 8.0の場合(Nexus 6Pを使用)

「設定」→「アプリと通知」より「特別なアプリアクセス」を選び、

「端末管理アプリ」へ進みます。

Android 7.0の場合(Xperia Z5 Premiumを使用)

「設定」→「アプリ」画面右上「歯車」アイコンをタップし、

「特別なアクセス」より「機器管理機能」へ進みます。

「端末管理アプリ」としての権限を無効化する

いずれの方法でも、「端末管理アプリ」の設定状態を確認できる画面が表示されるので、アンインストールしたいアプリのチェックを外せばOK。

以上の手順で対象アプリを「端末管理アプリ」として権限を無効化できれば、後は通常のアンインストール方法で消せるようになります。

関連記事

[Android] 不要アプリを削除(アンインストール)したり 標準プリインアプリを無効にする方法

アプリ上に「削除」項目が用意されているケースも

ちなみにアプリによっては上記手順を踏まずとも、当該アプリの設定上に「アンインストール」項目が用意されており、ここから実行することもできます。

Gravity Screen」の例。

アプリによって統一されていないのがややこしいですが、まずは対象のアプリ設定画面上に「削除」項目がないか探してみて、もしなければ「端末管理アプリ」の権限を無効にする手順を実行してみて下さい。

〆:「端末管理アプリ」とすると消すのが面倒になる…

以上、Android「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」を解決して削除する方法 の說明でした。

セキュリティ上仕方がない部分ですが、一度「端末管理アプリ」として有効にするとその後アンインストールが面倒になります。

通知領域に「有効な端末管理アプリをアンインストールできません」と表示され、先に進めず困っている方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい