Google Chromeで新しいタブを自動でミュートにする方法! 操作不要で消音設定にできる

スポンサーリンク

Google Chromeでは開いている各タブごとに音声のミュート(消音)設定が可能です。

音が流れているタブではスピーカーアイコンが表示され、右クリックメニューよりカンタンにミュートへ変更できるため、操作は難しくありませんが、頻繁に変更処理を行っているなら、最初から自動で消音状態としてタブを開きたいですよね。

そこで本記事では、Google Chromeで新しいタブを自動でミュートにする無料拡張機能「MuteTab」を紹介します。

操作不要で消音設定にできる便利な機能を提供してくれますよ。

photo by Nan Palmero

スポンサーリンク

MuteTab – Chromeで新しいタブを自動でミュートに!

記事中では、Mac版Google Chromeを例に說明をしています。

前提:Chromeでタブのミュート設定方法 – 基本

Google Chromeでは、音が流れているタブではスピーカーアイコンが表示され、

例:YouTubeとニコニコ動画で再生中の場合。

各タブで右クリックメニューより、

個別にタブの消音設定が可能です。

例:YouTubeのみタブをミュート状態とした場合。

複数のタブで同時に動画や音楽を再生していても、表示されているスピーカーアイコンでどのタブから音が出ているかひと目で判別できる便利な仕様となっています。

例:動画を流している4タブのうち、YouTubeとAmazonで消音状態となっていると分かる。

前提:Chromeでタブのミュート設定方法 – 応用

さらに、Google Chromeの試験運用機能を活用することで、右クリック不要でタブ上のスピーカーアイコンをクリックでミュートのオン / オフ切り替えが可能となります。

まずアドレスバーに下記を入力して試験運用機能一覧を開きます。

続いて「Tab audio muting UI control」項目を見つけ、「有効にする」をクリックします。

最後に左下に表示される「今すぐ再起動」よりブラウザの再起動をします。

関連記事

Google Chromeをすぐに再起動する方法! 魔法のアドレスを入力してブラウザを開き直そう

再起動後に音が流れているタブを開くと、いつも通りスピーカーアイコンが表示されますが、このアイコンをクリックすることでミュート状態のオン / オフ変更が可能となります。

タブのミュート変更を頻繁に切り替えするなら、わざわざ右クリックメニューを開かずとも素早く実施できるため便利な機能です。

Chromeでタブを自動でミュートとする設定方法

以上2つの方法でもタブをミュート状態とできますが、どちらも手動での操作が必要であるため、最初から消音状態としたいニーズには応えられません。

そこで本記事では「MuteTab」という拡張機能を使って、その要望を実現します。

まず、Chromeに拡張機能をインストールします。

MuteTab
MuteTab
Developer: www.mutetab.com
Price: Free

拡張機能一覧への追加を確認します。

そして「MuteTab」アイコンをクリックして設定を開き、「Privacy Mode」を選択して有効にします。

すると、現在Chromeで開いているタブが全て自動的にミュート状態となり、以後新しく表示するタブも自動的に消音状態で開かれます。

全てのタブが自動でミュート状態へ切り替わる。

参考:複数タブでYouTubeを視聴する機会が多いなら

もし複数のタブで同時にYouTubeを開き、タブを切り替えて動画の再生 / 一時停止を繰り返す機会が多いなら「Smart Pause for YouTube」という拡張機能がオススメです。

Smart Pause for YouTube
Smart Pause for YouTube

この機能により、Google ChromeでYouTube再生中のタブを表示しているときだけ動画を再生し、違うタブを開いているときは自動的に動画を停止してくれるようになり、切り替えがラクになりますよ。

詳細は別記事でまとめているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Google ChromeでYouTube再生中のタブを表示/非表示で動画を自動再生/停止する無料拡張機能

〆:Chromeタブのミュート管理をラクにしよう!

以上、Google Chromeで新しいタブを自動でミュートにする方法! 操作不要で消音設定にできる の說明でした。

Google Chromeでミュート変更を行う機会が多いなら、今回紹介した「MuteTab」はオススメできる拡張機能ですよ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい