Wildfire – Google Chrome上の操作を記録・再生してルーチンタスクの自動化ができる拡張機能

スポンサーリンク

過去、当ブログでも様々な自動化アプリを紹介してきました。

関連記事

MacroDroid – Androidでカンタンにマクロを組んで自動化!デザインもクールで使いやすい無料アプリ

関連記事

IFTTT – 複数端末の通知を1台に統一できる! 2台持ち必須の無料自動化アプリ [レシピ / 使い方]

そこで本記事でも同系列の内容として、Google Chrome向けのタスク自動化の無料拡張機能「Wildfire」を紹介します。

この拡張機能を使えば、Chrome上で操作したカーソルやタブ、キーボードの動きなどワークフローを記録し、忠実に再現することができます。

そのため、例えば毎回Chrome上で同じ作業を行っている場合に生産性を向上できますし、Chrome上の操作を第三者に說明する際に、画面キャプチャ動画としての役割も果たすことができる、など色々使い道がある便利な機能となっています。

photo by barnimages.com

スポンサーリンク

Wildfire – できるコトと使い方

下記より「Wildfire」の使い方について說明をし、その中で合わせて拡張機能の特徴も紹介します。

記事中ではMac版Google Chromeを例に說明をしていますが、他OSでも操作性は大差ありません。

手順①:アプリを入手する

まず、「Wildfire」をインストールします。

Chrome ウェブストア Wildfire

インストール完了後、Google Chrome右上の拡張機能一覧にアイコンが追加されます。

手順②:操作(ワークフロー)を記録する

「Wildfire」インストール完了後は、特に初期設定は不要ですぐに使い始めることができます。さっそくChrome上の操作を記録してみましょう。

まず、記録開始の準備ができたら、拡張機能一覧にある「Wildfire」アイコンより「Start Recording」をクリックします。

するとアイコン上に赤い「REC」の文字が表示され、撮影中であることを示します。この瞬間からChrome上の操作(例:マウスクリック・キーボード入力)はすべて記録されます。

記録を終えたいときは再びアイコンをクリックし、「Stop Recording」をクリックすればOK。

記録されたフローがタスクの種別ごと順番に表示されます。

手順③:記録を再生 / 編集する

記録されたフロー上部に表示されるアイコンのうち「Start Simulation」をクリックで、撮影した動作を再現(再生)することができます。

気に入らない動作があれば、再度記録し直すか、個別に該当の動作を削除することもできます。

その他、保存したワークフローを書き出してバックアップしたり他のChromeブラウザで再現することもできますし、記録した動作を指定した日時にスケジュールさせることもできます。

〆:Chromeのルーチン作業を自動化しよう!

以上、Wildfire – Google Chrome上の操作を記録・再生してルーチンタスクの自動化ができる拡張機能 の說明でした。

Google Chrome上で定期的に実施しているルーチン作業があれば、拡張機能「Wildfire」を使って自動化してみましょう。

例えばボクの場合、毎日特定のサイトを開いたり、ログインしたりする動作を今まで手動で行っていましたが、現在では「Wildfire」がすべて完了した状態でChromeをセッティングしてくれるので、その分時間に余裕ができました。

Chromeユーザーなら、ぜひ一度お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい