スリープしないYouTubeを画面オフする方法! スリープタイマーで寝落ち対策しよう

スポンサーリンク
YouTube

この記事では、YouTubeのアイコンYouTubeの寝落ち対策についてまとめます。

朝、目が覚めたら、スマートフォンの画面がつけっぱなしだった経験があれば、ぜひどうぞ。

iPhone、Androidそれぞれ解説しています。
YouTubeのアイコンYouTubeを想定した内容ですが、YouTube MusicのアイコンYouTube MusicやAmazon Prime VideoのアイコンAmazon Prime Videoなど、音楽・動画アプリなら同様に対応しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寝落ち後にYouTubeをスリープさせる方法

本パートでは、YouTubeのアイコンYouTubeの寝落ち対策として、スリープタイマーを設定する具体的な手順を解説します。

最初にYouTubeのアイコンYouTubeのスリープ仕様や、画面を点灯したままのリスクについて触れます。

説明の流れ
  • 前提
    YouTubeをつけっぱなしにするデメリット
  • 説明①
    iPhoneでおやすみタイマーを設定する方法
  • 説明②
    Androidでおやすみタイマーを設定する方法

前提:YouTubeをつけっぱなしにするデメリット

通常、スマートフォンの画面消灯までの時間は、自由に変更できます。

▼iPhoneの例

iPhoneでスリープ時間を変更する説明

設定の「画面表示と明るさ」→「自動ロック」より変更できる。

▼Android(Xperia 10 II)の例

Androidでスリープ時間を変更する説明

設定の「画面設定」→「画面消灯」より変更できる。

が、この設定が例外的に適用されないシーンがあり、その1つがYouTubeのアイコンYouTubeです。

動画が再生されるかぎり、端末のスリープ設定に関わらず、いつまでも点灯し続けます。

一部のAndroid機種は、動画停止後もYouTubeのアイコンYouTubeアプリを開いてるかぎり、ずっと点灯します。
YouTube再生中はスリープしない説明

YouTube再生中は、いつまでもスリープに入らない。

YouTubeのアイコンYouTubeをつけっぱなしにするデメリットは、主に2点です。

  • バッテリーが悪化する
  • 画面焼けのリスクが高まる

1つ目が、バッテリーの悪化です。

単純にディスプレイ点灯時間が増えるため、電池もたくさん消費します。
ディスプレイの常時表示によりバッテリーが悪化する説明

HUAWEI P20 liteの例。電池消費量ランキングの上位に”画面”がある(右)。

2つ目に、画面の焼き付きも注意が必要です。

【画面の焼き付きとは?】 – スマートフォンのディスプレイに長時間同じイメージを表示し続けることにより、画面に残像が残る現象を指す。特に有機ELディスプレイ搭載の端末で見られる。

例えばAndroidホーム画面の場合、「ステータスバー」・「ナビゲーションバー」・「ドック」の3つが表示される時間が長いため、

ディスプレイの常時表示により画面焼けが起こりうる説明1

これら3つのイメージが、焼き付き現象を引き起こしやすいです。

ディスプレイの常時表示により画面焼けが起こりうる説明2

Nexus 6Pの例。画面全体を白くすると、ナビゲーションバーとドックの焼き付きがはっきりわかる。

以上のとおり、YouTubeのアイコンYouTubeで動画を流したまま寝落ちすると、様々なリスクがあります。

以降より紹介するスリープタイマーを使いこなして、うまく対策しましょう。

iPhoneでおやすみタイマーを設定する方法

iOS 15.4.1で検証しています。

時計アプリのアイコン時計アプリを開き、タイマー終了時の設定を 再生停止 とします。

iPhoneでおやすみタイマーを設定する手順1

あとはYouTubeのアイコンYouTubeを止めたい時間でタイマーセット、開始すればOK。

iPhoneでおやすみタイマーを設定する手順2

15分後にYouTubeを止める設定例。

YouTubeのアイコンYouTube再生中、タイマーで指定した時間が経過すると、自動で動画停止、そのままスリープします。

iPhoneでおやすみタイマーを設定する手順3

YouTube再生中にタイマー起動→画面消灯の動作例。

iPadも同じ手順で使えます。

またYouTube MusicのアイコンYouTube MusicやAmazon Prime VideoのアイコンAmazon Prime Videoなど、音楽・動画アプリであれば同じようにタイマー設定可能です。

iPhoneでおやすみタイマーを設定する手順4

iPadの時計アプリで設定した例。

ちなみに時計アプリのアイコン時計アプリのアラーム音は、タイマー音とは独立しているため、鳴らなくなってしまう心配はありません。

一方、普段からタイマーを別用途で使っている場合、タイマー終了時の設定を都度 再生停止 から変更する必要があります。
iPhoneでおやすみタイマーを設定する手順5

アラーム設定の画面。サウンドはタイマーと独立して指定できる。

以上、iPhoneの時計アプリのアイコン時計アプリを使う方法でした。

サードパーティ製アプリ不要で実現できてカンタンです。お試しあれ。

Androidでおやすみタイマーを設定する方法

スリープタイマーのアイコンスリープタイマーというアプリを使います。

YouTubeのアイコンYouTubeを止めたい時間でタイマーセット、開始すればOK。

ダイヤルをまわして1分単位で調整します。1周まわると60分、2周以上まわすと2時間、3時間とさらに長い時間を設定できます。
Androidでおやすみタイマーを設定する手順1

15分後にYouTubeを止める設定例。

YouTubeのアイコンYouTube再生中、タイマーで指定した時間が経過すると、自動で動画停止、そのままスリープします。

YouTube MusicのアイコンYouTube MusicやAmazon Prime VideoのアイコンAmazon Prime Videoなど、音楽・動画アプリであれば同じようにタイマー設定可能です。
Androidでおやすみタイマーを設定する手順2

YouTube再生中にタイマー起動→画面消灯の動作例。

またスリープタイマーのアイコンスリープタイマーの特徴として、デフォルトでフェードアウト機能が有効になっています。

少しずつ音が小さくフェードアウトしていき、最終的に停止します。

このようなタイマー終了時の細かい仕様について、タイマーの終了 設定より調整可能です。

Androidでおやすみタイマーを設定する手順3

以上、スリープタイマーのアイコンスリープタイマーを使う方法でした。

ほかにも、PlayストアアプリのアイコンPlayストアでは類似アプリがいろいろ配信されてます(例えば、Super Simple Sleep TimerのアイコンSuper Simple Sleep Timerコージータイマーのアイコンコージータイマーがオススメ)。

“スリープタイマー”等で検索するとヒットするので、試してみて下さい。

 

YouTube動画が停止しても画面が消えない原因(Android向け)

Androidの一部機種では、YouTubeのアイコンYouTubeの動画を停止しても、なぜか自動で画面消灯しないケースがあります。

本パートでは、主な原因と解決策を紹介します。

原因解決策
画面消灯までの時間が長い適切な時間へ調整する
YouTubeと機種の相性が悪い動画停止と合わせて
画面消灯もスケジュールする
アンビエント表示が有効になっている機能をオフにする
画面の常時オン設定が働いている機能をオフにする

原因①:画面消灯までの時間が長いため

そもそもですが、画面消灯までの時間を正しく設定できているか確認しましょう。

通常、Android設定アプリのアイコン設定から自由に変更できます。

Androidでスリープ時間を調整する説明

Xperia 10 IIの例。設定の「画面設定」→「画面消灯」で調整できる。

YouTubeのアイコンYouTubeの動画停止後、ここで指定した時間を過ぎたにも関わらず、なせかスリープへ切り替わらない場合、以降の原因をチェックして下さい。

原因②:YouTubeと機種の相性が悪いため

機種によって、YouTubeのアイコンYouTube起動中はずっとスリープが動作しない症状があります。

一部のGalaxyシリーズで特に報告されています。

解決策として、YouTubeのアイコンYouTubeの動画停止と合わせて、画面消灯もスケジュールしましょう。

例えば前パートで紹介したスリープタイマーのアイコンスリープタイマーの場合、設定タイマーの終了アクションを実行します画面をオフにする を有効にします。

YouTubeの動画停止と画面消灯をタイマー設定する手順1

YouTubeの動画停止と画面消灯をタイマー設定する手順2

また初期設定として、スリープタイマーのアイコンスリープタイマーに端末管理アプリ(デバイス管理アプリ)の許可が必要です。

Xperia 10 IIを例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定の アプリと通知特別なアプリアクセスデバイス管理アプリ より、スリープタイマーのアイコンスリープタイマーへ権限付与します。

YouTubeの動画停止と画面消灯をタイマー設定する手順3

YouTubeの動画停止と画面消灯をタイマー設定する手順4

以上で準備OK。

YouTubeのアイコンYouTubeの動画停止と合わせて、画面消灯すれば成功です。

Android設定アプリのアイコン設定のスリープ時間に関わらず、すぐ画面オフになります。

なぜか画面消灯しない場合、先述のとおりスリープタイマーのアイコンスリープタイマーに端末管理アプリの権限付与されているか確認して下さい。

YouTubeの動画停止と画面消灯をタイマー設定する手順5

動画の停止後(左)、すぐに画面も消灯となる(右)。

なお端末管理アプリには2つの留意点があります。

  • スリープ直後は画面ロック解除で生体認証を使えない
  • アプリのアンインストール時に権限の解除が必要

▼スリープ直後は画面ロック解除で生体認証を使えない

端末管理アプリの注意点1

直後の1回のみ、指紋認証等は不可で、パターン等の入力が必須となる。

▼アプリのアンインストール時に権限の解除が必要

端末管理アプリの注意点2

アプリを削除する際、端末管理アプリの解除を求められる。

以上、スリープタイマーのアイコンスリープタイマーを使った説明でした。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信される類似アプリによっては、同様の機能が搭載されます(例えば

コージータイマーのアイコンコージータイマーなど)。合わせてどうぞ。

コージータイマーでYouTubeの動画停止と画面消灯を設定する説明

コージータイマーの画面例。オプションより「画面オフ」を選択できる。

なお以前は問題なく、最近になってスリープが動作しない症状が起きているなら、YouTubeのアイコンYouTubeアプリバージョンをダウングレードする手段もあります。

YouTubeのアイコンYouTubeのアプリ情報を開き、右上メニューより アップデートのアンイストール を選択すればOK。

この操作でアプリは初期化されます。
YouTubeをダウングレードする説明

YouTubeをダウングレードする例。

アプリダウングレードに関する詳細は、関連記事【Androidアプリをダウングレードする方法! apkファイルをダウンロードして元の旧バージョンへ戻そう】で解説しています。

Androidアプリをダウングレードする方法! apkファイルをダウンロードして元の旧バージョンへ戻そう
この記事では、Androidアプリのバージョンダウン手順をまとめています。apkファイルを用意できればダウングレードは簡単です。もしアプリデータを保持したい場合、adb環境またはroot環境が必要です。

原因③:アンビエント表示が有効になっているため

アンビエント表示(別称:Always On Display)が有効だと、スリープ状態でも常に、時刻や天気、バッテリー残量などの情報が表示されます。

アンビエント表示の説明

Pixel 3a XLのアンビエント表示の画面例。

似たような表示が出ていて困っている場合、機能をオフにしましょう。

Pixel 3a XL(Android 12)の画面を例に説明します。

Android設定アプリのアイコン設定の ディスプレイ → ロック画面 より、時間と情報を常に表示 を確認すればOKです。

アンビエント表示を無効にする説明1

お使いの機種でうまく見つからない場合、Android設定アプリのアイコン設定から検索してみて下さい。

アンビエント表示を無効にする説明2

AQUOS sense3の例。”時計”と検索すれば、メニューが見つかる。

アンビエント表示(Always On Display)の詳細は、関連記事【Always On Displayの使い方! Galaxyのアンビエント表示をAndroid全機種で設定しよう】で解説しています。

Always On Displayの使い方! Galaxyのアンビエント表示をAndroid全機種で設定しよう
この記事では、AndroidでAlways On Displayを設定する手順を解説します。非対応の機種も、アプリを使えばアンビエント表示が可能となります。

原因④:画面の常時オン設定が働いているため

AndroidではAndroid設定アプリのアイコン設定のスリープ時間を無視して、常に画面を点灯する機能が存在します。

意図せず働いている可能性があるため、チェックしてみて下さい。

例えば開発者向けオプションで スリープモードにしない が有効になっていると、充電中は、ディスプレイが常時オンとなります。

開発者向けオプションのスリープモードにしない設定

この状態でYouTubeのアイコンYouTubeを視聴している場合、スリープタイマーで動画を停止しても、ずっと点灯し続けます。

充電中にYouTubeがスリープしない説明

充電しながらYouTubeを再生する例。

その他ディスプレイ常時点灯の詳細は、関連記事【Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう】で解説しています。

Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう
この記事は、画面を常に消灯させない方法を解説します。スリープ時間になっても、なぜか画面が消えない症状についても触れます。

以上、YouTubeのアイコンYouTubeの動画を停止しても、なせかスリープとならない原因でした。

同じような事象が起きていれば、ぜひチェックしてみて下さい。

 

補足:YouTubeの自動再生に関するアレコレ

本パートでは、YouTubeのアイコンYouTubeの自動再生に関する細かい情報を補足します。

興味のある方は、どうぞ。

説明の流れ
  • 補足①
    次の動画の自動再生をオフにする方法
  • 補足②
    検索画面のフィードで自動再生をオフにする方法
  • 補足③
    動画をバックグラウンド再生する方法
  • 補足④
    「おやすみ時間の通知」を設定する方法
  • 補足⑤
    スマホを自動再起動する方法(Android向け)

次の動画の自動再生をオフにする方法

YouTubeのアイコンYouTubeでは、動画の終了後に別の関連動画が自動的に再生する、動画の自動再生がデフォルトでオンになっています(一部年齢のユーザー除く)。

興味がある動画を自動でレコメンドしてくれるため、次の動画を探す手間が省けます。
YouTubeの次の動画の自動再生をオフにする手順1

「●秒後に次の動画を再生」と表示され(左)、自動で動画が始まる(右)。

ただ延々と関連動画が流れ続けるため、寝落ちしてしまうと大変です。

一応、YouTubeのアイコンYouTube側の対策として、モバイルネットワーク接続時は30分間、Wi-Fi接続時は4時間、それぞれ何も操作しないと自動的に停止する仕様となってます。

この動画の自動再生は、動画プレーヤー上部にある自動再生の切り替えスイッチをタップして、YouTube自動再生切り替えオンのアイコンオンまたはYouTube自動再生切り替えオフのアイコンオフできます。

YouTubeの次の動画の自動再生をオフにする手順2

(左)オンの状態 (右)オフの状態

これで1つの動画が最後まで流れれば、Android設定アプリのアイコン設定のスリープ時間に従って画面消灯します。

YouTubeの次の動画の自動再生をオフにする手順3

動画が終われば(左)、自動的にスリープへ移行する(右)。

検索画面のフィードで自動再生をオフにする方法

YouTubeのアイコンYouTubeでは、動画検索中にサムネイル画像がそのまま動き出す「フィードで再生」機能があります。

検索画面上で自動再生されるため、動画を探す上で便利です。
YouTube検索画面のフィードで自動再生をオフにする手順1

動画を開いていなくても、画面がそのまま動き出す。

ただフィードで再生されている間は、端末のスリープ設定に関わらず、いつまでも点灯し続けます。

無効にしたい場合、アカウントメニューから 設定全般 と進み、

YouTube検索画面のフィードで自動再生をオフにする手順2

フィードで再生オフ にすればOK。

YouTube検索画面のフィードで自動再生をオフにする手順3

これで検索画面上であっても、Android設定アプリのアイコン設定のスリープ時間に従って画面消灯します。

YouTube検索画面のフィードで自動再生をオフにする手順4

フォード画面で動画が再生されないため(左)、自動的にスリープへ移行する(右)。

動画をバックグラウンド再生する方法

YouTubeのアイコンYouTubeをBGMとして視聴するなら、バックグラウンド再生を知ってると便利です。

ディスプレイ消灯中もサウンドが流れ続けるため、寝落ちして画面がつけっぱなしだった、という事態は避けれます。

YouTube動画をバックグラウンド再生する説明

ロック画面(左)やスリープ画面(右)でもYouTubeが流れ続ける。

バックグラウンド再生の手順として、一番手っ取り早いのは、YouTube公式の有料サービス「YouTube Premium」に加入することです。

ただお金をかけずとも、様々な代替手段があります。

説明が長くなるため、詳細はiPhone・Androidそれぞれ関連記事で解説しています。

iPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法! iOS 12で動画をBGMとして流し続けよう
この記事では、iPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法を解説します。ブラウザ上で流す方法や専用アプリを使う方法など、4パターンに分けて説明しています。
AndroidでYouTubeをバックグラウンド再生する方法! 動画をBGMとして流し続けよう
この記事では、AndroidでYouTubeをバックグラウンド再生する方法を解説します。ブラウザ上で流す方法や専用アプリを使う方法など、5パターンに分けて説明しています。

「おやすみ時間の通知」を設定する方法

YouTubeのアイコンYouTubeには標準機能として、「おやすみ時間の通知」設定があります。

指定時刻になると、就寝するよう促す通知が表示され、動画も自動で停止します。

YouTubeの「おやすみ時間の通知」を設定する手順1

(左)表示される通知 (右)自動で動画が止まる

設定手順として、アカウントメニューから 設定全般 と進み、

YouTubeの「おやすみ時間の通知」を設定する手順2

おやすみ時間になったら通知する で時刻を決めればOK。

動画を自動停止したい場合、「動画の再生が終了してから通知を表示する」のチェックは外して下さい。

YouTubeの「おやすみ時間の通知」を設定する手順3

なお「おやすみ時間の通知」で動画が停止すると、Android設定アプリのアイコン設定のスリープ時間に従って画面消灯されますが、バックグラウンドで動画再生が再開するケースがあります。

機種によって仕様はマチマチで、いくつかのAndroid端末で確認しました。

以上より完全なスリープタイマー機能ではない点、ご留意下さい。

スマホを自動再起動する方法(Android向け)

Androidであれば、端末を定期的に自動再起動するスケジュールを組めます。

YouTubeのアイコンYouTube再生中に寝落ちしても、再起動をかけることで動画を止めることが可能です。

例えばMacroDroidアプリのアイコンMacroDroidというアプリを使えば、すべての機種で定期的に電源オン/オフを実行できます。

Androidを自動再起動する説明1

設定したマクロ例。

Androidを自動再起動する説明2

Xperia 10 IIで設定した例。指定日時になると画面がつき、自動で再起動される。

再起動までするのは少し大げさですが・・・ここまで紹介した方法でうまくいかなければ、YouTubeのアイコンYouTubeの寝落ち対策としてお試し下さい。

詳細は関連記事【Androidを定期的に自動再起動する方法! 時間になったら電源オン/オフしよう】で解説しています。

Androidを定期的に自動再起動する方法! 時間になったら電源オン/オフしよう
この記事では、スマホで自動電源オフする方法を解説します。すべての機種で、時間になったら定期的に再起動できます。

 

〆:YouTubeの寝落ち対策でしっかり画面オフしよう!

以上、スリープしないYouTubeを画面オフする方法! スリープタイマーで寝落ち対策しよう の説明でした。

YouTubeのアイコンYouTubeの再生途中で寝落ちしてしまうケースが多いなら、今回紹介したスリープタイマーで対策しましょう。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 YouTubeヘルプ – 動画の自動再生

参考 YouTubeヘルプ – おやすみ時間の通知を設定する

YouTube
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました