[iOS] iPhone/iPadのパスコード(パスワード)を忘れてロック解除できない時の解決策 [初期化]

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)を使っていて、万が一ロック画面の解除パスワード(=パスコード)を忘れてしまった時、できることは何でしょう?

本記事では、そのようなケースで対処できる3つの選択肢を紹介します。

photo by Yuri Samoilov

スポンサーリンク

iOSのパスコードを忘れた時できるコト

まず最初に結論として、iOSでパスコードを忘れたしまった場合、「何とかして思い出す」か「強制的に初期化する」かの2択しか選べません。

下記よりiOSパスコードの特徴を紹介した上で、その対処法を說明しています。

記事中ではiPhoneを例に說明をしますが、iPadでも同様です。

iPhoneのパスコードには入力できる回数が決まっている

まずiPhoneで設定している画面ロック解除用のパスコードは、連続して間違えて入力をすると一定時間再入力ができなくなるセキュリティ機能が搭載されています。

間違えた回数と起動するセキュリティ機能の組み合わせは下記の通り。

6回連続で失敗:1分間使用が不可能

7回連続で失敗:5分間使用が不可能

8回連続で失敗:15分間使用が不可能

9回連続で失敗:60分間使用が不可能

10回連続で失敗:60分間使用が不可能

11回連続で失敗:iTunesに接続しない限り復旧が不可能

従って、もしパスコードを忘れてしまった場合に、無闇にパスコード入力を繰り返すと最終的に「iTunesに接続しない限り復旧が不可能」となるため注意が必要です。

関連記事

「iPhone / iPad / iPodは使用できません。iTunesに接続」となる原因と復旧する解決方法

その①:落ち着いてパスコード候補を思い出してみる

まず、普段からiPhoneのバックアップをしておらず、かつ本体に保存されたデータを残したい場合は、何よりパスコードを思い出すしかありません。

自分は忘れていても、両親や兄弟、親しい友人なら、ヒントを持っているかもしれませんので、聞いてみるのもアリでしょう。

iOSでは連続してパスコードを間違え続けると、途中から入力すらできない状態になるので、慎重にパスコード候補を選んでから入力をして下さい。

その②:強制的に初期化する

もしパスコードが分からない場合、残念ながら取り得る選択肢は「初期化(復元)」しかありません。初期化をすると、iPhoneが工場出荷状態へ戻り、本体のデータは全て削除されます。

iPhoneのデータを初期化する方法は、基本的に下記3通りです。

「設定」アプリから初期化する

PCに繋いでiTunesから初期化する

iCloudを使って遠隔で初期化する

関連記事

スマートフォンやタブレットの個人情報を完全に消去する方法まとめ [iPhone/iPad/Android]

ただ今回はパスコードが分からなくなっているので、強制的に初期化(復元)処理をする必要があります。詳細な手順は別記事でまとめています。

関連記事

[iOS] パスコードを忘れたor電源が入らないiPhone/iPadをiTunesの強制復元で初期化する方法

結論:思い出すか、初期化するしかない

以上、まとめると、「パスコードを頑張って思い出す」か、本体に保存されたデータを諦めて「iPhoneを初期化する」しか選択肢はありません。

そもそも、アメリカのFBIが、iPhoneのパスコード突破をAppleに依頼するくらいですから、素人がカンタンに解除できる仕組みにはなっていないのです。

もし、定期的にiPhoneをバックアップしているなら、初期化をしても、ある程度データを戻すことができます。

〆:定期的なデータバックアップが大切

以上、[iOS] iPhone/iPadのパスコード(パスワード)を忘れてロック解除できない時の解決策 [初期化] の説明でした。

いつパスコードを忘れてしまい、初期化することになるか分かりません。

特に指紋認証に普段頼っている方は、iPhoneを再起動した際はパスコードが必要となるため、「自分は大丈夫」と思っているなら要注意です。

なるべくクラウドにデータを保存できるサービスを利用したり、iCloudをオンにしたり、定期的にiTunesへバックアップを作成したり、などなど、iPhoneデータをいつでも取り戻せる環境を築いておくことは大切です。

パスコードを忘れてしまったら、参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい