[iOS] ホーム画面のアプリ削除を制限! 勝手にアンインストールされるのを防ぐ方法 [iPhone/iPad]

スポンサーリンク

iPhoneやiPadを友人や子供に渡したりすると、勝手に意図しない操作をしないか心配ですよね。

特にホーム画面上に並んでいるアプリのアンインストール(削除)をされると、大切なデータ消失のリスクもあり、取り返しの付かないケースになることもあり得ます。

そこで本記事では、iOS(iPhone / iPad)上のアプリ削除を制限して、勝手にアンインストールされるのを防ぐ方法を紹介します。

photo by ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

スポンサーリンク

iOSでアプリ消去を制限する方法

本記事ではiOSの標準機能の1つ「機能制限」を設定することで、アプリのアンインストールを規制します。

機能制限とは?

iOSの「機能制限」は「ペアレンタルコントロール」とも呼ばれ、iPhone / iPad / iPod touch で特定のアプリや機能を使えないようにブロック/制限することができます。

本記事で取り上げる「アプリの削除」を制限できる他、特定アプリの起動を禁止したり、特定サイトのみ閲覧を許可する設定なども用意されています。

引用 Apple – 機能制限を使う

関連記事

[iOS] iPhone/iPadのSafariで特定のWebサイトURLのみ閲覧アクセスを許可する機能制限方法

下記より実際に「機能制限」をオンにして、「アプリの削除」を制限する手順を說明しています。

その①:機能制限をオンに

まず「設定」→「一般」→「機能制限」と進み、「機能制限を設定」をタップします。

その②:「Appの削除」をオフにする

機能制限をオンにするのが初めてだと、最初に機能制限専用のパスワードの入力を求められます。

セキュリティを考慮すると、iPhone本体のロック画面解除時のパスワードとは別にした方が良いでしょう。

後は、機能制限リストの中から「Appの削除」を見つけ、トグルをオフにすればOK。

通常はアプリ長押しで「ぷるぷるモード」になり削除を選択できますが、「Appの削除」をオフにすることで「ぷるぷるモード」でも削除ができなくなっています

〆:削除されては困るアプリがあればぜひ!

以上、[iOS] ホーム画面のアプリ削除を制限! 勝手にアンインストールされるのを防ぐ方法 [iPhone/iPad] の説明でした。

「機能制限」では、このように特定のアプリや機能を使えないよう様々な設定ができるので、iPhoneやiPadを第三者に貸す際に大活躍します。

また高度なカスタマイズの一種であるiOSの「脱獄」を施せば、ゲストモードを追加して起動できるアプリを制限することもできます。合わせてどうぞ。

関連記事

GuestMode – iPhone/iPadを友人や子供に安心して貸せるゲストモードを追加するJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい