[iPhone/iPad] アプリを勝手に消去されるのを防ぐ方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7280_04

iPhoneを友だちに貸したり、子供に渡したりすると怖いのが、勝手に意図しない操作をされてしまう点。

特にアプリのアンインストール(削除)をされると、大切なデータがなくなるリスクもあります

本記事では、iOSデバイスでアプリを勝手に消去されないようにする工夫を紹介します。

スポンサーリンク

[iPhone/iPad] アプリを勝手に消去されるのを防ぐ方法

その①:機能制限をオンに

「設定」→「一般」→「機能制限」と進み、「機能制限を設定」をタップします。

7280_01

その②:「Appの削除」をオフに

機能制限をオンにするのが初めてだと、最初に機能制限専用のパスワードの入力を求められます。

※セキュリティを考慮すると、iPhone本体のロック画面解除時のパスワードとは別にした方が良いでしょう。

後は、機能制限リストの中から「Appの削除」を見つけ、トグルをオフにすればOK。

7280_02

下記の通り、通常はアプリ長押しで「ぷるぷるモード」になり、削除を選択できますが、「Appの削除」をオフにすることで、「ぷるぷるモード」でも削除ができなくなっています

7280_03

機能制限は便利!

以上、説明でした。

機能制限はその他にも様々な設定があり、人にiPhoneやiPadを貸す際に大活躍します。

友人やお子さんにiPhoneを貸す機会があるなら、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする