FreshBackMac – 好みのテーマに合わせた壁紙を自動設定! 美しいデスクトップ背景画像へ切り替える無料アプリ

スポンサーリンク

Macの壁紙はどのように管理してますか?

ボクの場合、美しい画像を定期的に切り替えたいため、Macの内部ストレージに大量の風景画像を保存しておき、「システム環境設定」→「デスクトップとスクリーンセーバ」より、「ピクチャを変更」を設定していました。

が、この度、わざわざそのような手順を経ずとも、自動的に美しい壁紙を設定できるMac向け無料アプリ「FreshBackMac」を見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

FreshBackMac – 自動で美しい背景へ切り替え!

FreshBackMac – 特徴

まず、本記事で紹介する「FreshBackMac」アプリの特徴について解説します。

切り替わるタイミングも調整できる

壁紙の変化は、事前に設定した間隔で自動的に変化し、その調整も自由にできます。

もちろん、手動でも壁紙を切り替えることもできるので、自分の好きなタイミングで壁紙を変更可能です。

壁紙のカテゴリーも設定できる

また変化する壁紙のカテゴリーも設定できるため、例えば「自然」や「建物」など好きな分野を登録しておけば、その分野の中で壁紙を変化できます。

気に入った壁紙はすぐにダウンロードできる

自動的に変化していく壁紙の中には、「あ、これ保存したいな」という画像もあるはず。

そんなときは、Mac本体にダウンロードする機能もあるため、すぐに自分のものにできます。

無料で使える壁紙アプリをお探しならオススメ!

「Macの壁紙を美しい壁紙で変化させたい!でも画像を探してくるのは面倒・・・」という方にとって、「FreshBackMac」なら自動ですべて行ってくれるため、最高のアプリケーションとなっています。

さっそく下記より本アプリの使い方を說明します。

手順①:アプリを入手する

まず「FreshBackMac」をインストールします。

Apple Storeで配布されていないため、外部サイトよりZipファイルをダウンロード後、展開してインストールする必要があります。

ダウンロード FreshBackMac

インストールの際「開発元が未確認のため開けません」と表示される場合は、個別に許可するか、システム環境設定より設定変更が必要です。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリをインストールする方法

インストールに成功すると、自動的にアプリが起動し、壁紙が設定されます。

「FreshBackMac」を起動すると、メニューバーに常駐するようになり、アイコンをクリックすることで各種操作や設定変更が可能になります。

下記より、基本項目の解説をします。

手順②:アプリを操作 – 自動変更の間隔を変更する

初期設定では1時間毎に壁紙が変更されますが、もっと短くしたり長くしたり、間隔を調整することが可能です。

「Auto-Refresh」→「Auto-Refresh Interval」から設定ができ、最短2分毎の間隔もOK。

ちなみにボクは2分間隔にしてる。

手順③:アプリを操作 – 手動で壁紙を切り替える

設定した間隔に従って壁紙は自動的に切り替わりますが、自分のタイミングで次の壁紙へ切り替えることもできます。

control + shift + + W か「New Wallpaper」を選択することで、すぐに切り替わります。

手順④:アプリを操作 – 壁紙テーマを変更する

初期設定では、サイト「Unsplash」より「建物系」画像が壁紙テーマとして選ばれています。

このサイトは以前記事にした通り、ずっとボクが愛用している美しい画像を掲載しているサイトです。

関連記事

ボク流 iPad mini 2の利用用途ランキング! タブレットはこんな使い方が便利

設定されているテーマは「Change Source」より壁紙ソースを変更できます。

下記よりカンタンに各テーマの特徴を紹介します。

幅広い壁紙を楽しみたいなら「500px/Unsplash/pixabay」がオススメ

500px系」・「Unsplash系」・「pixabay系」は、一定のジャンルに囚われず幅広い画像を選択できるのが特徴です。

それぞれ大きな差はありませんが、「Unsplash系」は哀愁ただよう暗い画像が多いイメージで、「pixabay系」は明るめでポップな画像が多いイメージ。

参考 500px

参考 Unsplash

参考 pixabay

テーマ特化型なら「TMDB/NASA/Wikipedia」がオススメ

TMDB系」・「NASA」・「Wikipedia」はそれぞれ特定テーマに特化した壁紙が中心となっています。

「TMDB系」は「themoviedb」というサイトから画像を選択しており、映画に登場する壁紙を得意としているため、ハリウッド映画が好きな方にはピッタリのテーマです。

参考 themoviedb

NASA」は当然、宇宙に関わる壁紙が多く、幻想的な宇宙空間を楽しむことができます。

Wikipedia」はWikipediaにアップロードされている主に芸術作品に関わるの壁紙が選択されるので、その分野に興味がある人にオススメです。

個人的に「500px」の「Highest Rated」がオススメ

以上の通り、それぞれのテーマに特徴があるため、色々試してみてしっくりくるテーマを選んでみて下さい。

ちなみにボクは、「500px」の「Highest Rated」が高画質の美しい画像が多く、お気に入りになってます。

手順⑤:アプリを操作 – 気に入った壁紙をダウンロードする

現在表示している壁紙をダウンロードする場合は、「About Wallpaper」→「Copy image to」と選択することで、Mac本体に壁紙をダウンロードできます。

補足:アプリの自動起動設定をしておくと便利

ちなみに初期設定では、Macを再起動する際、自動でアプリは開始されないため、手動で起動させる必要があります。この点については、システム環境設定より自動開始の設定もできるため、調整しておくことをオススメします。

関連記事

[Mac] 再起動時に自動開始アプリのオン/オフを設定! ログインすると開くアプリを追加/削除しよう

〆:スマートに壁紙管理をしよう

以上、FreshBackMac – Macの壁紙を自動的に美しいデスクトップ背景画像へ切り替える無料アプリ の說明でした。

今まで手動で壁紙画像を集めていたことを考えると、ボクにとってめちゃくちゃ便利なアプリになりました。

「FreshBackMac」を使って、美しい画像をMacの壁紙として楽しんでみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい