KeyboardCleanTool – Macでキーボード入力を無効に!掃除のとき便利な無料アプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9784_11

先日、使用しているMacBook Airのキーボードを掃除しました。

キーボードを拭く作業の中で意図せずキーが押下されてしまうため、電源をオフにした状態で実施するのが理想ですが、いちいち掃除の度に電源を落とすのは面倒ですよね。

そこで本記事では、Macのキーボード入力を一時的に無効にする無料アプリ「KeyboardCleanTool」を紹介します。

キーボードの掃除など、意図しないキー操作を発生させたくないシチュエーションで便利です。

スポンサーリンク

KeyboardCleanTool – できるコト

キー操作が一切無効に

無料アプリ「KeyboardCleanTool」を使うと、すべてのキー操作が一切無効になります。

※トラックパッドは有効のままです。

無効⇔有効の切り替えもラク

キー操作を無効にしたり、有効にしたり、の切り替え操作もカンタンで、アプリ画面上にあるボタンをクリックするだけで実行できます。

9784_07

他アプリを終了させる必要もなし

「KeyboardCleanTool」は、Macで起動中の他アプリを終了させることなく、キー入力を無効にしてくれます。

そのため、キー操作を無効にする環境を作るため、いちいち電源をオフにする必要もなくなります。

キーボード掃除で重宝するアプリ

以上の說明の通り「KeyboardCleanTool」は、

  • カンタンな操作でキー入力を完全無効
  • 起動中に他アプリを終了させる必要なし

という特徴を持つため、「あ、ちょっとキーボードが汚れてるから掃除したい」と気付いた瞬間にすぐ掃除ができます。

9784_10

無料で使うことができるので、Macでキーボードを掃除する際、非常に便利です。

KeyboardCleanTool – 使い方

手順①:アプリを入手

まず、「KeyboardCleanTool」を下記サイトよりダウンロードします。

※いくつかソフトが掲載されているので、「KeyboardCleanTool」を見つけダウンロードします。

その後、アプリケーションフォルダへ移動します。

9784_01

手順②:初期設定

続いてさっそくアプリを起動すると、最初に初期設定として「アクセシビリティ権限の許容」が必要となります。

まず「Click to start cleaning mode / lock the keyboard !」をクリックし、

9784_02

「Accessibility Required」とポップアップが出るので、OKをクリックし、

9784_03

「システム環境設定」を開きます。

9784_04

「プライバシー」タブ内「アクセシビリティ」にて、左下の鍵アイコンをクリックするとパスワード入力が求められます。

9784_05

ロック解除後、「KeyboardCleanTool」にチェックを入れればOKです。

9784_06

以上で初期設定は完了です。

手順③:使い方

「KeyboardCleanTool」の基本的な使い方を解説します。

キー操作を無効にする

改めてアプリを起動し、「Click to start cleaning mode / lock the keyboard !」をクリックすると、

9784_02

この通り、画面上のキーボードアイコンが赤く変わり、同時にキー操作が一切無効化されます。

9784_07

キー操作を有効にする(元に戻す)

キー操作を元の使える状態に戻す場合は、「Click to stop cleaning mode / unlock the keyboard !」をクリックすると、

9784_07

この通り、画面上のキーボードアイコンが元の緑色に変わり、同時にキー操作が再び有効化されます。

9784_08

アプリ起動と同時にキー操作を無効にする

ちなみに、アプリ画面上にある「Start cleaning mode immediately after starting this app」にチェックを入れると、アプリ起動と同時に最初からキーボードアイコンが赤くなり、キー操作が無効な状態となります。

9784_09

〆:キーボード掃除の際 使ってみよう!

以上、說明でした。

頻繁にMacのキーボードを掃除するなら、「KeyboardCleanTool」を使うことで作業中のアプリを終了させることなく、すぐにMacを「掃除モード」にすることができます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする