ドコモメール送信の規制方法! 利用制限して使いすぎを防止しよう [iPhone/Android/ガラケー]

スポンサーリンク

親や企業の総務部門にとって、携帯を与えている子供や従業員による「使いすぎ防止」は広くニーズがある分野でしょう。

関連記事

[iOS] iPhone/iPadのSafariで特定のWebサイトURLのみ閲覧アクセスを許可する機能制限方法

機能を制限したいアプリや機能によってその方法は様々ですが、ドコモメールの場合、キャリア側の設定により「メール送信」自体を制限することができます。

そこで本記事では、iPhone / Android / フィーチャーフォン(ガラケー)に共通して、ドコモメールの送信を規制する方法を紹介します。

photo by Kārlis Dambrāns

スポンサーリンク

ドコモメールの送信を規制する方法

解決策①:キャリア側の設定でメール送信規制をする

iPhone / Android / フィーチャーフォン(ガラケー)共通の解決策として、ドコモ側のキャリア設定でメールの送信に規制をかけることができます。

ドコモの「dメニュー」より「お客様サポート」へ入り、「メール設定」を選択します。次に、「メール機能の停止」を選び、設定をすると、メールの送受信ができなくなります。

上記はスマートフォン(iPhone / Android)を例にした説明でしたが、ガラケーのiモードメールも同様に機能停止ができます。

メール設定を変更するためには、「spモード または iモードパスワード」が必要になるため、子供や従業員にパスワードを教えなければ、勝手に制限解除される心配もありません。

関連記事

[ドコモ] spモードパスワードを変更したりロック解除して初期化(リセット)する方法まとめ

解決策②:そもそもドコモメールのプロファイル設定をしない

2つ目の方法はiPhone限定の解決策となりますが、iOSの場合ドコモメールを利用するためには、専用プロファイルをインストールする必要があります。

そのため、手っ取り早い方法として、このプロファイルを削除してしまえば、ドコモメールは利用できないようになります。

プロファイルの削除は、「設定」 → 「一般」 → 「プロファイル」と進み、「ドコモメール利用設定」のプロファイルを選んで、削除すればOKです。

再設定についても、ネットワーク暗証番号という4桁の数字が必要になるため、この番号を子供に通知させなければ問題ありません。

関連記事

[ドコモ] 暗証番号系(ネットワーク / spモード / dアカウントPW等)の違いと確認(リセット)方法

解決策③:【スマホ限定】MDMでメールアプリを規制する

3つ目の方法はスマートフォン(iPhone / Android)に限定した解決策となりますが、MDM(スマートフォン管理アプリ)をインストールすることで、メールアプリを規制する方法もあります。

iPhoneなら「メール」アプリを、Androidなら「ドコモメール」アプリを制限することで、利用者はドコモメールを起動できないため、結果として送信もできません。

これは企業向けの解決策なので、個人利用者にとってはハードルが高いかもしれません。

〆:ドコモメール送信規制の方法はあまりない

以上、ドコモメール送信の規制方法! 利用制限して使いすぎを防止しよう [iPhone/Android/ガラケー] の説明でした。

記事を見れば分かる通り、ドコモメールの送信を制限する解決策は、あまりありません

受信に関しては、迷惑メール対策というニーズが多いため、規制手段は多いですが、送信については利用者本人の問題であるため、携帯キャリア側やメーカー側としても解決策を用意する必要性が薄いのでしょう。

今回はマニアックなテーマを取り上げました。ドコモメール送信規制を必要としている方は、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい