Audio Swipe – 車の運転中でも簡単&安全にスマホの音楽再生を操作できるアプリ[Android]

スポンサーリンク

車を運転中にスマートフォンを操作するのは危険と理解していても、ついつい触ってしまう経験はないでしょうか?

特にスマートフォンに入れている音楽を車の中で流している場合、次の曲を再生したり、一時停止させたり、などの操作を運転中に行うのはかなり危険です。

そこで本記事では、そんな運転中でも簡単かつ安全にスマートフォンのミュージックプレイヤーを操作できるAndroid向けアプリ「Audio Swipe」を紹介します。

スマートフォンの画面を見ずとも、カンタンに楽曲再生や次の曲へ移動ができるため、ボクにとって運転中に必須のアプリとなっています。

photo by WIRED

スポンサーリンク

Audio Swipe – 運転中でも簡単&安全に音楽を流せる

まず最初に、本記事で紹介する「Audio Swipe」アプリの特徴を說明します。

画面全体が音楽プレーヤーの操作機に

「Audio Swipe」は簡潔に説明すると「画面全体が音楽プレーヤーの操作機になる」というのが特徴です。

画面全体が操作機になるということは、画面を見ずとも音楽プレーヤーの操作が可能になる、という点がメリットになります。

以下より、各操作の特徴を記載します。

特徴①:どこをタップしても再生/一時停止できる

まず、画面のどこをタップしても、音楽の再生 / 一時停止ができます。

そのため、運転中にスマートフォンの画面上にある再生 / 一時停止ボタンを目視で確認せずとも、適当にどこかしらをタップすれば操作が可能となっています。

特徴②:どこでも左右のスワイプで楽曲変更できる

さらに、画面のどこを左右にスワイプしても、次の楽曲 or 前の楽曲へ移動ができます。

右へスワイプで次の楽曲の再生、左へスワイプで前の楽曲の再生となります。

特徴③:どこでも上下のスワイプで音量変更できる

そして、画面のどこを上下にスワイプしても、音量の増 or 減の調整ができます。

「Audio Swipe」は運転中の音楽操作に最適なアプリ

つまり「Audio Swipe」アプリを使えば、運転中にスマートフォンの画面を見ながら小さな「再生」アイコンや「音量バー」を探すことなく、適当に画面のどこかをタップ or スワイプするだけで、音楽プレーヤーの操作ができるのです。

そのため、スマートフォンを見ずとも操作ができる点で、運転中でも簡単&安全に音楽プレーヤーの操作ができるのが本アプリの魅力となっています。

Audio Swipe – アプリの設定手順

以上ここまでが「Audio Swipe」の魅力紹介でした。

下記からはさっそく、本アプリをインストールする手順と、カンタンな初期設定の解説をしています。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Audio Swipe」アプリをインストールします。

Audio Swipe
Audio Swipe
Price: Free+

Android 要件:3.0 以上

価格:無料

手順②:アプリを初期設定する

インストール完了後、さっそくアプリを起動します。

最初にアプリのストレージアクセス許可が求められます。

続いて、普段Androidで使っている音楽プレーヤーアプリを設定します。上部にある「音符」アイコンをタップし、「Control Media Player」を選択します。

すると、Androidにインストールされているアプリのうち、音楽プレーヤーとして設定できるアプリ一覧が表示されます。この中から、普段自分で利用しているアプリを選びます。

例えばボクは普段使っているGoogle Play Musicを設定した。

関連記事

クラウドで曲を保存&再生! Google Play Musicを音楽専用のオンラインストレージにする方法

以上で設定は完了。

画面上のどこでもタップすれば楽曲が再生され、スワイプで操作ができるようになります。

〆:運転中にAndroidで音楽を流すなら必須アプリ

以上、Audio Swipe – 車の運転中でも簡単&安全にスマホの音楽再生を操作できるアプリ[Android] の說明でした。

たまにレンタカーで長距離を旅行する機会があるので、その際に大活躍しているアプリです。

運転中のAndroid音楽プレーヤーの操作に困っていたら、ぜひぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい