[Android] 休日など指定した期間 自動でGmailの同期を止め 通知を非表示に「Quiet for Gmail」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8636_07

休日に仕事のメール受信に気付いてしまうことほど、不幸なことはないですよね。

ボクも会社から業務用携帯電話が貸与されていますが、休日は絶対に見ないようにしています。ただ、着信通知が来ると、ついついチェックしちゃいます。

そこで本記事では、休日など指定した期間 Gmail通知を受け取らないよう設定できる「Quiet for Gmail」を紹介します。

スポンサーリンク

「Quiet for Gmail」でできるコト

Quiet for Gmail」により、Gmail通知を受け取らない期間を設定すると、その期間内にメールを受信しても通知が来なくなります。

Gmailアプリの同期を止める

通知が「来なくなる」というのは、通知だけを無効にしているのではなく、そもそもスマホのGmailアプリの同期を止めています。

つまりユーザー自身の操作でGmailアプリを起動しても、新着メールを確認すること自体不可能となります。

8636_01

Gmailアプリの停止・再開を通知でお知らせ

Gmail通知を受け取らない時間帯に近づくと、通知に「もうすぐGmailが無効になるますよ」という旨の通知が表示されます。

8636_02

また、Gmailが有効になっている時間帯・無効になっている時間帯では、現在の状態が分かるように、通知領域に表示がされます。

8636_03

自動で有効・無効の切り替えができるのがメリット

実はGmailのデフォルト機能として、アカウント毎に通知をオン・オフの設定ができます。が、あくまでそれは手動で操作する必要があるため、休日や平日の時間帯変化で自動で変わってくれるものではありません。

その点、「Quiet for Gmail」は事前に時間帯や曜日を設定すれば、自動的にメールのオン・オフを切り替えてくれるため、管理が非常に楽になります。

「Quiet for Gmail」の使い方

手順①:「Quiet for Gmail」を入手

まず、「Quiet for Gmail」をインストールします。

Quiet for Gmail

Quiet for Gmail
開発元:SGarcia
無料
posted with アプリーチ

Android対応の無料アプリです。

手順②:「Quiet for Gmail」を設定

初回起動の際、各種権限の許可が求められます。

8636_04

初期設定が終われば、さっそくメールを受け取らない時間帯を設定していきます。

まず、設定を適用するGmailアカウントが上部に表示されているので、間違いないか確認します。もし複数のGmailアカウントを保有していて、設定したいアカウントを変更するなら、左上のアイコンをタップすることで、切り替えができます。

8636_06

アカウントに問題なければ、トップ画面より「ADD RULE」をタップし、Schedulerの時間帯を調整します。ここでは、「メールを受け取りたい時間帯と曜日」を設定します(受け取らない時間帯ではないので注意!)。

8636_05

例えば、業務時間が平日9:00〜17:30なら、「月曜日〜金曜日」の「Frome 9:00 → To 17:30」とすれば良いでしょう。

また、もしGmailをプライベートで利用していて、逆に業務時間中に受け取りたくないなら、土曜や日曜を「受け取りたい時間帯」とすればOKです。

以上で設定は完了です。

まとめ:仕事のオンとオフに活用しよう

以上、説明でした。

ついつい休日も仕事関連のメールをチェックしがちな人は、「Quiet for Gmail」でメール管理を自動化しましょう!

ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする