iPhoneで通話中に声がこもる原因! 電話で自分の声が相手に聞こえず「小さい/遠い」理由と解決方法 [iOS]

iOS

iPhoneで通話中、自分の声が相手に聞こえず「声がこもる」現象に困った経験はないでしょうか?

特に下記に該当する場合、iPhoneの通信状況ではなく、マイクに問題が発生している可能性があります。

相手の声はしっかり聞こえるのに、自分の声だけ向こうへ届かない

そこで本記事では、iPhoneで通話中に声がこもる原因を紹介します。

電話で自分の声が相手に聞こえず、「小さい / 遠い」を言われたらぜひチェックして下さい。

逆のパターンで「自分の声はしっかり伝わってるのに、相手の声だけコチラへ聞こえない」場合、別記事を参照下さい。

関連記事

iPhoneで通話中にレシーバーから相手の声が聞こえない原因! 電話でスピーカーなら音が出る理由と解決方法 [iOS]

photo by Yanki01

 

iPhoneで通話中に声がこもる理由と解決策!

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.3)を例に説明しています。

 

基本:iPhoneのマイクについて

iPhoneには基本となる3つのマイクが搭載されています。

前面マイク(インカメラ付近)

背面マイク(メインカメラ付近)

底面マイク(充電差込口付近)

各iPhoneシリーズによってマイクの正確な位置は異なりますが、おおむね役割は共通しています。

前面マイク(インカメラ付近)

iPhoneディスプレイ側のインカメラ付近にマイクがあります。

通話においては、主に「受話用マイク(=相手の声が出る場所)」として機能します。

iPhone 8 Plusの例。

背面マイク(メインカメラ付近)

iPhone裏側のメインカメラ付近にマイクがあります。

通話においては、主に「ノイズキャンセリング(=周囲の雑音を軽減)」として機能します。

iPhone 8 Plusの例。

底面マイク(充電差込口付近)

iPhone底面のLightning端子付近にマイクがあります。

通話においては、主に「送話用マイク(=自分の声を送る場所)」として機能します。

iPhone 8 Plusの例。

参考 Apple – iPhoneの仕様

 

自分の声が相手に聞こえない:解決方法

ここまで紹介した3つのマイクに関して、いずれか1つでも正常に音が拾えないと通話で不具合が生じます。

そこで本記事では、下記順番での原因切り分けを紹介しています。

①:マイク自体に故障はないか

②:マイクを覆ってないか

③:ソフトウェア的な不具合はないか

それぞれ順番に解説します。

①:マイク自体に故障はないか

iPhoneのマイク機能自体に問題がないか確認します。

プリインストールアプリ「ボイスメモ」を起動し、Lightning端子付近の底面マイクに声を発して録音します。

ボイスメモ
ボイスメモ
Developer: Apple
Price: Free

この結果より、マイクの状態を下記に分類できます。

波状の録音結果が表示される(=マイクは機能している)

波状の録音結果が表示されない(=マイクが壊れている)

もし「波状の録音結果が表示されない」の場合、修理が必要かもしれません。Appleサポートへ問い合わせましょう。

あらかじめiPhoneのシリアル番号を控えておくと手続きがスムーズです。

関連記事

[iOS] iPhoneのシリアル番号や製造番号(IMEI)を調べる方法! 型番(モデル)も表示しよう

一方、「波状の録音結果が表示される」という結果にも関わらず、iPhoneで「自分の声が相手に聞こえない」事象が起きている場合、下記2点が考えられます。

②:マイクを覆ってないか(=物理的にマイクを塞いでいる)

③:ソフトウェア的な不具合はないか(=システム上のエラーが発生している)

②:マイクを覆ってないか

iPhoneの3つのマイクを覆っている可能性がある、下記ポイントをチェックします。

ケースに問題はないか

フィルムの位置は正しいか

持ち方は正しいか

ケースに問題はないか

iPhoneの「保護ケース」には様々な種類がありますが、その中でも「手帳型ケース」は通話中に折りたたむと「背面マイク」を覆ってしまう場合があります。

心当たりがあれば、まずケースを取り外した状態で通話してみて下さい。

フィルムの位置は正しいか

ディスプレイに貼る「液晶保護フィルム」は、iPhoneのボタンやセンサー等の仕様を考慮した設計になっていますが、貼る位置がズレて「前面マイク」を覆っていないか確認して下さい。

ボクがiPhone 8 Plusに貼ってる保護フィルムの例。

また全てのiPhoneで購入時点で貼られているフィルムはマイクを覆った状態なので、剥がしましょう。

photo by YouTube

持ち方は正しいか

通話中のiPhoneの持ち方によって、背面マイク(=ノイズキャンセリング機能)と底面マイク(=自分の声を送る場所)いずれかに音が届いていない可能性があります。

いずれかのマイクを指で覆った状態で通話していないか

通話中に口から離してiPhoneを持っていないか

③:ソフトウェア的な不具合はないか

ここまで紹介した方法でも解決できない場合、下記点も参考にして下さい。

iPhoneを再起動する

サイドボタンの長押しでiPhoneを再起動し、事象が回復しないか確認して下さい。

関連記事

[iOS] 電源を落とす方法まとめ! iPhoneのシステム終了と起動を様々な手順でオンオフしよう

何らかの理由で再起動がうまくいかない場合、強制再起動も試しましょう。

iPhone XやiPhone 8シリーズの強制再起動の手順例。

関連記事

[iOS] 強制的に再起動する方法まとめ! iPhoneを強制終了で電源を落としてリセットしよう

iPhoneを初期化する

「iTunes」や「iCloud」でデータを事前にバックアップした上で、

関連記事

iOSのデータをバックアップする方法! iTunesとiCloudの特徴と使い方まとめ [iPhone/iPad]

iPhoneを初期化し、事象が回復しないか確認して下さい。

関連記事

iOSを初期化する方法まとめ! iPhoneやiPadの個人情報を消去しよう

マイクに汚れが溜まっていないか

相手に届く自分の声の音質が悪い場合、マイクに不純物やほこりなどの汚れが溜まっている可能性があります。

エアダスターで掃除することで解決できるかもしれません。

 

〆:順番に原因を切り分けよう!

以上、iPhoneで通話中に声がこもる原因! 電話で自分の声が相手に聞こえず「小さい/遠い」理由と解決方法 [iOS] の説明でした。

特に「手帳型の保護ケース」が原因となっている事例が多いため、ケースを外した状態で事象再現の有無をチェックして下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Apple公式サポート

参考 Appleサポートコミュニティ

iOS
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント