iPhoneの写真を一括で削除する方法! iOSの画像や動画を複数枚まとめて整理/消去しよう

スポンサーリンク

iPhoneのカメラやスクリーンショットで撮影した画像を整理していますか?

本体のストレージ容量を考慮すると、定期的に不要な写真は削除すべきですが、1つ1つ画像を選択してゴミ箱に入れる作業は面倒ですよね。

さらに、もし何らかの事情でこれら写真 / 動画を全て削除したい場合、「写真」アプリ上では個別に1つずつしか消せないため、数が多いと非常に時間がかかります。とはいえ、iOSを初期化してしまうと、画像以外のデータまで全て削除されてしまいます。

そこで本記事では、iPhoneの写真だけ一括で削除する方法を紹介します。

加えて、複数枚まとめて消去する整理術も解説しているので、iOSの画像管理に悩んでいる方は、ぜひご覧あれ。

iOSの連絡先の情報をまとめて削除したい場合は、下記記事を参考あれ。

関連記事

iPhoneの連絡先だけ一括で削除する方法! iOSの電話帳はiCloudと結合解除でまとめて消せる

photo by Pixabay

スポンサーリンク

iPhoneの写真を一括で削除する方法

まず前提として、iOSの写真アプリ上でデータを消したい場合、画像や動画ごと個別に右下の「ゴミ箱」アイコンより削除するのが標準的な方法となります。

複数枚を選択した後に「ゴミ箱」アイコンよりまとめて削除もできますが、1枚ずつタップが必要となるため、数が多いと煩わしい作業となります。

そこで下記より、これをカンタンにまとめて消去する豆知識を解説します。

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)を例に說明しています。

その①:日付ごとまとめて削除する

もし写真を一部の日時にまとめて撮影(保存)していれば、日付ごと一括で削除する方法が便利です。

「写真」アプリ内「モーメント」で右上「選択」をタップすると、さらに写真を撮影した日付ごと「選択」ボタンが表示されます。

この中から一括で削除したい日付のまとまりで「選択」をすると、全ての写真 / 動画が自動で選択されるので、後は右下「ゴミ箱」アイコンより実行するだけ。

一部の写真は消したくないなら、当該画像 / 動画をタップしてチェックを外せばOK。

その②:スワイプでまとめてチェック→削除する

削除したい写真が日付ごとまとまっていなければ、結局対象外の画像 / 動画のチェックを外す作業は発生するため、煩わしさは変わりません。

そんな時便利なのが、選択中にスワイプすることでまとめて複数枚にチェックを入れるというワザ。

まず右上「選択」をタップして、写真にチェックを入れる状態をスタンバイします。

その後、左右にスライドすると流れるように選択ができ、さらに上下へスライドすると各行の写真もまとめてチェックが入ります。

消したい写真を選択できれば、後は右下「ゴミ箱」アイコンより削除を実行するだけ。

ちなみにこのワザ、その①で紹介した方法と組み合わせるとさらに便利で、日付のまとまりで「選択」をした後、対象外の写真に対してスライドでチェックを外すことで、より素早く整理ができてオススメです。

その③:PC経由でまとめて削除する

以上ここまで紹介した方法は「複数選択を素早く行う方法」となるため、写真の枚数が膨大だとやはり時間がかかってしまいます。

そこでもしPCをお持ちなら、WindowsやMac経由でiPhoneの写真を全て削除する方法がオススメです。

記事中では、Mac(macOS 10.13.1)を使った手順例を說明しています。

まずiPhoneとMacをケーブルで繋ぎ、Mac側で「イメージキャプチャ」アプリを起動します。

そして左メニュー上に表示される接続したiPhone名をクリックすると、iPhoneに保存されている画像類の一覧をMac側で確認ができます。

後は A で写真を全選択し、下側にある削除ボタンをクリックすると、

「選択した◯項目を完全に削除してもよろしいですか?」と出るので、実行すると全ての画像類を消すことができます。

PCとケーブルを用意するのが面倒ですが、iPhone内の写真の枚数が多いなら試す価値アリです。

その④:クラウドアプリよりまとめて削除する

もしiPhoneに保存した画像や動画をオンラインストレージに自動バックアップをしている場合、クラウドサービスによってはアップロードしたファイルをまとめてiPhone上から削除する機能が搭載されています。

例えば「Googleフォト」の場合、「設定」より「端末の空き容量の管理」へ進み、

「空き容量を増やす」を実行すると、「Googleフォト」へバックアップ済みの写真のみ、まとめて削除することができて大変便利です。

もし「Googleフォト」をお使いならお試しあれ。詳細は別記事でまとめています。

関連記事

Googleフォトへバックアップした写真を端末から一括で削除してデバイス容量を確保する方法

参考:

最後に、本記事の内容に関連する参考情報を記載します。

写真のExif情報が気になる場合

iPhoneで写真を撮影すると、Exif(イグジフ)と呼ばれるデータが自動記録されます。

この情報は撮影した日時や場所も含まれるため、流出すると個人情報上リスクがあり、適切な管理が求められます。詳細は下記記事で紹介しています。

関連記事

写真のExifを確認/削除する方法! 画像のイグジフやジオタグを編集/消去し個人情報を守ろう [iPhone/Android]

写真を消去してもストレージ容量が改善しない場合

今回紹介した方法でiPhoneから写真を消しても完全に削除された状態とはならず、一部データは残ったままとなります。

これはiOS 8以降に搭載された「最近削除した項目」機能が関係しており、削除してから30日以内であれば画像や動画を元通りに戻すことが可能です。

もし今すぐにでもiPhoneのストレージ容量に空きが欲しい場合は、完全削除の作業も必要となります。詳細は下記記事で紹介しています。

関連記事

[iOS] 一度削除した画像を復元! iPhoneで撮影した写真や動画を元通りに戻す方法まとめ

〆:サクッとiPhoneの写真をまとめて消去しよう!

以上、iPhoneの写真を一括で削除する方法! iOSの画像や動画を複数枚まとめて整理/消去しよう の說明でした。

iPhone本体に保存される写真の管理に悩んでいる方は、ぜひお試し下さい。

また、もし画像や動画のバックアップ対策を行っていないなら、記事中でも紹介した「Googleフォト」もオススメなので、合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい