Googleフォトへバックアップした写真を端末から一括で削除してデバイス容量を確保する方法

スポンサーリンク

Googleフォト」を使っていますか?

スマートフォンで撮影した写真や動画を容量無制限でクラウド上へ保存できるため、長年愛用しているお気に入りのサービスです。

関連記事

Google フォト | あっとはっく

ボクの場合は撮影した写真を主に管理しており、カメラで撮った全ての画像が自動でGoogleフォトに保存されるため、バックアップできた写真から順番に端末本体より削除することで、スマートフォンの空き容量を確保しています。

ただ、Googleフォトへバックアップした画像を1つ1つ手作業でスマートフォン上から削除するのは面倒ですよね?

そこで本記事では、Googleフォトへバックアップが完了した画像や動画のみを、端末上から一括で削除する方法を紹介します。

この豆知識を知っておくだけで、スマートフォンの空き容量確保が超ラクになり便利ですよ。

記事中ではAndroid版Googleフォトを例に說明をしていますが、iOS(iPhone / iPad)版でも手順は同様です。

photo by Håkan Dahlström

スポンサーリンク

バックアップした写真を端末から一括削除する方法

手順①:「空き容量を増やす」を実行する

まずGoogleフォトを開き、左上メニューより「空き容量を増やす」をタップします。

するとすでにGoogleフォトへバックアップが完了していて、スマートフォン本体に残っている画像や動画ファイルが自動で検索された結果が出るので、「削除」を選択します。

削除後には増えた空き容量が表示されます。

手順②:ゴミ箱から完全に削除する(iOSのみ)

「空き容量を増やす」機能はAndroid版 / iOS版の両方に搭載されていますが、OSによって削除のされ方が異なります。

Android:「空き容量を増やす」で完全削除される

Android版Googleフォトの場合、「空き容量を増やす」の実行によって画像 or 動画ファイルがスマートフォンから完全に削除されます。

従って「ゴミ箱」フォルダにもファイルが残っていない状態となるため、スマートフォンの空き容量は確保されることになります。

iOS:「空き容量を増やす」で完全削除されない

一方、iOS版Googleフォトの場合、「空き容量を増やす」の実行によって画像 or 動画ファイルはスマートフォンから完全に削除されず、「ゴミ箱」フォルダへ移行されるだけです。

「ゴミ箱」フォルダとはいえ、スマートフォン本体にファイルが残っていることには変わりないため、空き容量は確保されたとは言えず、追加の作業が必要となります。

まず「写真」アプリを開き、下「アルバム」タブより「最近削除した項目」へ進むと、「写真」アプリ上で手動で削除した写真の他、Googleフォトアプリの「空き容量を増やす」の実行によって削除された写真が一覧で表示されます。

この中から、「空き容量を増やす」で削除した写真を個別に「完全に消去」するか、または全て一括で「完全に消去」することで、空き容量を確保することができます。

「最近削除した項目」にある写真は復元することも可能なため、安易に全て一括で「完全に消去」を実施すると取り返しの付かない可能性もあります。

iPhoneで一度削除した写真を復元する方法含め、別記事で詳細をまとめているのでご覧あれ。

関連記事

[iOS] 一度削除した画像を復元! iPhoneで撮影した写真や動画を元通りに戻す方法まとめ

〆:Googleフォトで賢く空き容量を確保しよう!

以上、Googleフォトへバックアップした写真を端末から一括で削除してデバイス容量を確保する方法 の說明でした。

Googleフォトの「空き容量を増やす」を実行すれば、自動的にクラウド上にバックアップした写真のみを検出して削除してくれるため、スマートフォン本体の容量確保に大変便利な機能です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい