[Mac] プレビューでPDFパスワードを外す方法! 面倒な暗号化ファイルも無料で解除&保存できる

スポンサーリンク

仕事上でPDFファイルを扱う機会は多いと思いますが、中には暗号化されたファイルとなっているケースもあり、毎回パスワードを入力するのが面倒に感じることもあるでしょう。

そこで本記事では、Macの標準アプリ「プレビュー」を使って、パスワードのかかったPDFファイルを解除する方法を紹介します。

サードパーティ製アプリのインストールも不要で、無料でカンタンにロック解除して保存することが可能です。

本記事の内容は、あくまでパスワードが分かっているPDFファイルの暗号化を解除して保存する方法となっています。パスワード不明のPDFの暗号化を無理やり外す方法ではないのでご留意下さい。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

Mac プレビューでPDFパスワードの解除方法

前提:PDFファイルにパスワードがかかっている状態

例えば仕事でPDF資料を受け取り、PCで開こうとするとパスワードがかかっている状況があります。

パスワードが分かっていれば入力することで解除可能ですが、以後このファイルを開く度に毎回パスワードを打つのは非常に面倒ですよね。

そこで下記からは、2回目以降にPDFを開く際はパスワード入力が不要となるよう、暗号化を解除して保存する手順を說明しています。

手順①:プレビューでPDFファイルを開く

まず、パスワードがかかっているPDF資料を「プレビュー」アプリで開きます。

拡張子「.pdf」と関連付けされたアプリが「プレビュー」アプリでない場合は、下記記事も参照下さい。

関連記事

[Mac] 指定拡張子ファイルの関連付けを変更し 開く標準(デフォルト)アプリを変える方法

手順②:プレビュー上で「書き出す」を実行する

プレビューで開くとパスワードが要求されるので入力します。

次に、上部メニューバーより「ファイル」→「書き出す…」を選択。

フォーマットはデフォルト通り「PDF」でOK。名前もそのままで次に進みます。

すると、上書きしても良いか、表示されるので、「置き換え」を選択します。

以上で完了。パスワードが解除された状態でPDF資料が保存されます。

補足:それ以外の方法

本記事で紹介したプレビューを使った方法以外にも、ネット上のフリーソフトをインストールしたり、有料のAdobe Acrobatを使うことで、PDFファイルのパスワードを解除できます。

ただ、カンタンかつ無料で実施したいなら、一番オススメなのがこのプレビューを使った方法になります。

補足②:PDFファイルにパスワードを設定する方法

本記事の目的とは逆パターンで、新たにPDFファイルにパスワードをかけたい場合は、同じくプレビューを用いて実現できます。

詳細な手順は別記事でまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

[Mac] プレビューで PDFファイルにパスワードを設定する方法

〆:PDFパスワードの解除はプレビューを使おう!

以上、[Mac] プレビューでPDFパスワードを外す方法! 面倒な暗号化ファイルも無料で解除&保存できる の說明でした。

事前にパスワードを把握しておく必要がありますが、Macのプレビューを使えばカンタンに暗号化の解除ができるため、2回目以降に同ファイルを開く際に面倒なパスワード入力が不要となります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい