Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 画面下ボタンの見た目や機能を変えよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、Androidの画面下に表示されるナビゲーションバーについて、カスタマイズ方法を紹介します。

見た目を劇的に変化させるアプリや、機能を自由に拡張できるユーティリティーまで幅広く記載しているので、ぜひご覧あれ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidの画面下を変える方法まとめ

前提:Androidのナビゲーションバーとは?

ナビゲーションバーとは、画面下部に表示されるバーの部分を指し、主に3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されます。

ナビゲーションバーの説明

ホーム画面はもちろん(左)、任意アプリ画面上も常に表示される(右)。

このデザインは、Android 4.0以降ずっと変わらずでしたが、Android 9で2ボタンナビゲーション、Android 10でジェスチャーナビゲーションが導入されました。

上から3ボタンナビゲーション、2ボタンナビゲーション、ジェスチャーナビゲーションのデザイン。

従って、現在Androidでは3パターンのナビゲーションバーが存在することになります。

名称特徴
3ボタンナビゲーション3つのボタン(◉ホーム/◀戻る/■最近)で操作
2ボタンナビゲーション2つのボタンと一部ジェスチャーで操作
ジェスチャーナビゲーションすべてジェスチャーで操作(ボタンなし)

どのナビゲーションバーを適用するか、Android設定アプリのアイコン設定より選択可能です。

例えばPixel 3a XL(Android 11)の場合、システムジェスチャー と進み、

システムナビゲーション より切り替えればOK。

2ボタンナビゲーションはAndroid 9以降、ジェスチャーナビゲーションはAndroid 10以降が条件です。またOS要件を満たしていても、端末メーカーの方針で非対応のケースもあります。

以降より3パターンのナビゲーションバー、それぞれの詳細について解説します。

3ボタンナビゲーション

Android 4.0以降、最もオーソドックスなナビゲーションバーであり、Androidを象徴するデザインとなっています。

その名の通り、表示される3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)をタップする馴染みやすい操作方法です。

ボタン操作機能
1回タップホームを開く
長押しGoogleアシスタント起動
1回タップ1つ前の画面へ戻る
1回タップアプリ履歴を表示する
2回連続タップ直近のアプリを開く
長押しマルチウィンドウ起動(関連記事)

なおGalaxyシリーズは伝統的に、◀戻る / ■最近ボタンの配置が逆です。

並びが異なるだけで、各ボタンの機能は同じです。

(左)通常の機種 (右)Galaxyシリーズ

2ボタンナビゲーション

Android 9.0より機能が刷新され、2つのボタンとジェスチャーを組み合わせて操作するデザインが採用されました。

具体的には、従来の◉ホームと■最近が1つのボタンに統合され、スワイプ操作に応じて複数の機能を使い分けるスタイルへ変わっています。

ボタン操作内容機能
1回タップホームを開く
上へスワイプアプリ履歴を表示する
左右スワイプ直近のアプリを開く
1回1つ前の画面へ戻る
※必要なシーンのみボタンが表示

ジェスチャーナビゲーション

Android 10では◉ホームボタン等は消え、すべてジェスチャーで操作するデザインが採用されました。

ボタンを配置するスペースが空いたため、画面を広く使えるのがメリットです。

一方、従来と操作手順がかなり異なるため、慣れるまで時間が必要です。

▼ホームを表示(従来の◉ホームボタンをタップに相当)

ジェスチャーナビゲーションでホームを表示する手順

画面下端から上へスワイプ

▼最近のアプリを表示(従来の■最近ボタンをタップに相当)

ジェスチャーナビゲーションで最近のアプリを表示する手順

画面下端から上へスワイプ&ホールド

▼戻る(従来の◀戻るボタンをタップに相当)

ジェスチャーナビゲーションで戻る手順

画面横端から左右へスワイプ

他にもジェスチャーナビゲーション特有の操作はあります。

またAndroid 10未満など非対応機種であっても、無理やり導入する方法があります。

このあたり詳細について、関連記事【Androidでジェスチャーナビゲーションを使う方法! スマホを下からスワイプ操作しよう】で解説しています。

Androidでジェスチャーナビゲーションを使う方法! スマホを下からスワイプ操作しよう
この記事では、ジェスチャーナビゲーションの使い方を解説します。細かいカスタマイズ方法も網羅しているので、ぜひどうぞ。

参考:ナビゲーションバーの補助ボタン

ナビゲーションバーでは、基本となる3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)以外にも、状況に応じて様々なアイコンが表示されます。

▼アイコン一覧(例)

ボタン表示条件機能
自動回転をオフ画面の向きを変更
ショートカットを設定中ユーザー補助のショートカットを使用
複数キーボードを設定中使用するキーボードを変更
キーボード表示中キーボードを閉じる
分割画面を表示中
※■最近ボタンが変化
マルチウィンドウをコントロール
設定より機能をオン
※一部機種のみ対応
通知ドロワーを表示
設定より機能をオン
※一部機種のみ対応
画面の文字を拡大

▼アイコン表示例

方法①:ナビゲーションバーの色やデザインを変える

Androidのナビゲーションバーは、サードパーティ製アプリを使うことでデザインをカスタマイズできます。

今回はその中でも、オススメのアプリを3つ紹介します。

Navbar Apps

Navbar AppsのアイコンNavbar Appsというアプリを使えば、ナビゲーションバーのカラーを変更できます。

Navbar Apps
Navbar Apps
Price:Free

ナビゲーションバーがLINEは緑(左)、Instagramは紅色(右)で表示される例。

さらにユニークな機能が搭載されます。

  • ナビゲーションバーの背景画像を変える
  • ナビゲーションバーに絵文字を表示する
  • 画面全体にデコレーションを加える

▼ナビゲーションバーの背景画像を変える

選択できる背景画像のデザイン例。

▼ナビゲーションバーに絵文字を表示する

選択できる絵文字のデザイン例。

▼画面全体にデコレーションを加える

選択できるデコレーションの例。

ナビゲーションバーの色を変えたいなら、まず第一候補としてあがるオススメアプリです。

Navigation Bar

Navigation BarのアイコンNavigation Barというアプリを使えば、ナビゲーションバーのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)含め、カラーを変更できます。

背景をオレンジ、ボタンを緑に変えた例。

さらにボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)のデザインも調整可能です。

編集できるボタンのデザイン例。

ナビゲーションバーの色のみならず、ボタンのデザインまで変えたいなら、試す価値アリです。

Muviz

MuvizのアイコンMuvizというアプリを使えば、再生している楽曲に合わせて、ナビゲーションバーにビジュアライザーを表示できます。

【ビジュアライザーとは?】 – visualizar。音楽を視覚的に表現する機能のことで、音の強弱やリズムに合わせて上下するバーを示す。

Muvizアプリでナビゲーションバーにビジュアライザーを表示する手順1

プリセットのデザインが豊富に用意されており、さらに自分で調整したオリジナルデザインを設定することも可能です。

Muvizアプリでナビゲーションバーにビジュアライザーを表示する手順3

ビジュアライザーのデザイン例。

音楽を流す機会が多ければ、個性的なデザインを実現できてオススメです。

方法②:戻るボタンの位置を入れ替える

ナビゲーションバーのボタン並び順は主に2パターンあり、機種によって異なります。

  • (左から)◀戻る→◉ホーム→■最近
  • (左から)■最近→◉ホーム→◀戻る
特にGalaxyシリーズは伝統的に、左端に■最近、右端に◀戻るという配置が多いです。

これは3パターンの方法で並び替え可能です。

方法メリットデメリット
①:
端末の標準機能を使う
  • 操作がカンタン
  • 一部機種のみ対応
②:
adbコマンドを使う
  • 機種依存なし
  • 幅など微調整可能
  • Android 10以降は非対応
  • 操作が少し難しい
③:
アプリを使う
  • 機種依存なし
  • OS制限なし
  • ナビゲーションバー自体
    に変更を加えることはできない

1. 標準機能でナビゲーションバーのボタンを入れ替える(一部機種のみ)

一部メーカーの端末であれば標準で、◀戻る / ■最近ボタンの入れ替え機能が搭載されます。

例えばGalaxyなら、Android設定アプリのアイコン設定から ディスプレイナビゲーションバー と進み、

Galaxyでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順1

「ボタンの順序」より切り替えればOK。

Galaxyでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順2

お使いの機種にも搭載されている可能性があるため、Android設定アプリのアイコン設定の検索機能で「ナビゲーション」などのキーワードで調べてみて下さい。

2. adbコマンドでナビゲーションバーのボタンを入れ替える(〜Android 9のみ)

パソコンからadbコマンドを実行する方法です。

いくつかパターンがあり、例えば次のadbコマンドを実行すれば、

adb shell settings put secure sysui_nav_bar "'space,recent;home;back,space'"

adbコマンドで直接ボタンを入れ替える手順1

ナビゲーションバーの◀戻る / ■最近ボタンが入れ替わります。

adbコマンドで直接ボタンを入れ替える手順2

ナビゲーションバーに注目。左と右で位置が違う。

説明がかなり長くなるため、詳細は関連記事【Androidで戻るボタンの位置を変える方法! 消えたボタンを逆に入れ替えよう】で解説しています。

Androidで戻るボタンの位置を変える方法! 消えたボタンを逆に入れ替えよう
この記事では、◀戻る/■最近ボタンを入れ替える方法を解説します。消えてしまった◀戻るボタンを再表示する手順も触れています。

3. アプリでナビゲーションバーのボタンを入れ替える(全機種対応)

サードパーティ製アプリを使う方法で、例えばNavigation BarのアイコンNavigation Barがオススメです。

画面に従って権限付与をしてから、トップ画面で Swap Back and Recent Button を有効にすればOK。

アプリでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順1

(左)画面に従って権限付与する (右)トップ画面からオンにする

これでナビゲーションバーの◀戻る / ■最近ボタンが入れ替わります。

アプリでナビゲーションバーのボタンを入れ替える手順2

ナビゲーションバーに注目。左と右で位置が違う。

方法③:ナビゲーションバーに新しいボタンを追加する

Custom Navigation BarのアイコンCustom Navigation Barを使えば、3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)とは別に、4つ目・5つ目のボタンを追加できます。

Custom Navigation Bar
Custom Navigation Bar
Developer:paphonb
Price:Free
【2019年10月追記】Android 10以降は非対応となりました。Android 9以前の端末のみ、アプリをインストールできます。
Custom Navigation BarのExtra buttonで新しいボタンを追加する手順1

Extra buttonというメニューから(左)、新しいボタンを追加できる(右)。

Custom Navigation BarのExtra buttonで新しいボタンを追加する手順2

例えば左端タップでライト点灯、右端タップでChrome起動としてみた。

また、3ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を別の機能へ置き換えできます。

Custom Navigation BarのExperimental tweaksでボタンの機能を変更する手順1

Experimental tweaksというメニューから(左)、ボタンの機能を変更できる(右)。

例えば◀戻るボタンを「Take screenshot」に変えると、Custom Navigation Barのスクリーンショットアイコンボタンタップでスクリーンショット撮影できます。

Custom Navigation BarのExperimental tweaksでボタンの機能を変更する手順2

さらに「Keycode」を選ぶと、より詳細に機能とアイコンをカスタマイズ可能です。

Custom Navigation BarのExperimental tweaksでボタンの機能を変更する手順3

「Media Play Pause」を選べば、1タップで音楽の再生/停止を操作できる。

Custom Navigation BarのExperimental tweaksでボタンの機能を変更する手順4

「Calendar」を選べば、1タップでカレンダーを開ける。

自分好みの組み合わせを探してみて下さい。

なおCustom Navigation BarのアイコンCustom Navigation Barは初期設定でadbコマンドが必要となり、少しハードルが高いです。

説明が長くなるため、使い方の詳細は関連記事【Custom Navigation Barの使い方! Androidのナビゲーションバーをカスタマイズする無料アプリ】で解説しています。

Custom Navigation Barの使い方! Androidのナビゲーションバーをカスタマイズする無料アプリ
この記事では、Custom Navigation Barの使い方を解説します。ナビゲーションバーの見た目や機能を劇的にカスタマイズできます。

方法④:画面上に仮想ホームボタンを設置する

次のような悩みに対して、仮想ボタンが有効です。

画面上の好きな場所に、フローティングボタン(オーバーレイボタン)を追加できます。

  • 片手操作ではナビゲーションバーに指が届かない
  • タッチパネルの故障でナビゲーションバーが反応しない
  • Xperiaのサイドセンスと似たようなアプリを探している

例えば、次のようなアプリがオススメです。

メニューボタンのアイコンメニューボタン

メニューボタンの使い方

最近ボタンをタップして(左)、マルチタスク画面を開く例(右)。

戻るボタンのアイコン戻るボタン

戻るボタンの使い方

3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を好きな場所に表示できる。

アプリの詳細な説明は、関連記事【Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう】で解説しています。

Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう
この記事では、Androidに仮想ボタンを常駐させる方法を解説します。消えたホームボタンを戻したい、画面上にフローティングボタンを設置したい、等のニーズに対応します。

方法⑤:ナビゲーションバーを透過/全画面表示する

ランチャーアプリ(ホームアプリ)によっては、ホーム画面上でナビゲーションバーを透明にできます。

例えばNova LauncherのアイコンNova Launcherなら、設定から 外観と操作感 より、通知バーの透過 を有効にすればOK。

Androidのナビゲーションバーを透過する手順1

Androidのナビゲーションバーを透過する手順2

(右)ナビゲーションバーが透明になる。

またナビゲーションバー自体を非表示にしたい場合、全画面表示への切り替えがオススメです。

例えばサードパーティ製アプリ(例:Immersive SettingsのアイコンImmersive Settings)を使えば、自由に全画面表示のコントロールが可能となります。

Androidのナビゲーションバーを透過する手順3

Chromeアプリの例。通常画面から(左)、フルスクリーンへ切り替えた(右)。

Androidの全画面表示は奥が深く、説明が長くなるため、詳細は関連記事【Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ】で解説しています。

Androidを全画面表示する方法! ステータスバー/ナビゲーションバー/ホームボタンを隠してフルスクリーンモードへ
この記事では、Androidを全画面表示する方法について解説します。ステータスバー/ナビゲーションバーを隠して、スマホをフルスクリーンで楽しみましょう。

方法⑥:ナビゲーションバーのボタンを無効化する

アプリに集中するためナビゲーションバーを無効化したい場合、画面の固定(ピン留め)が便利です。

下記のような特徴があるため、そのアプリ起動中は◉ホーム / ■最近ボタンが機能しなくなります。

◀戻るボタンは無効になりません。
無効化される機能使える機能
  • ナビゲーションバー
    (ホームボタン/アプリ切替ボタン)
  • ステータスバー
    (クイック設定/通知)
  • 画面ロック
  • 画面タップ
    (アプリ内の操作)
  • スクリーンショット撮影
  • スリープ/電源オフ/再起動
ほんらいは「誤操作を防ぐ」・「第三者が勝手に別アプリを操作するのを防ぐ」等の目的で用意された機能です。

操作例。ピン留め中はホームボタンやタスクボタンが無反応になる。

画面の固定(ピン留め)を設定する手順です。

事前にAndroid設定アプリのアイコン設定より セキュリティ画面の固定 と進み、機能を有効にします。

設定で画面の固定を有効にする手順1

あとはアプリ切替画面を開き、対象アプリアイコンをタップして 固定 を実行すればOK。

設定で画面の固定を有効にする手順2

Chromeアプリを固定する例。

ナビゲーションバーを一時的に無効化したいシーンはもちろん、家族や友人にスマホを貸与するときも活躍する機能です。

なお画面の固定(ピン留め)を使用するにあたり、いろいろと留意点もあります。より詳細な情報をまとめて、関連記事【Androidで画面をピン留めする方法! スマホで表示中のアプリを固定してキオスクモードを設定しよう】で解説しています。

Androidで画面をピン留めする方法! スマホで表示中のアプリを固定してキオスクモードを設定しよう
この記事では、Androidで画面をピン留めする方法を解説します。表示中のアプリを固定すれば、子供や友人に貸すシーンで便利です。

 

補足:

有機ELスマホの画面焼けを防ぐ対策まとめ

Androidで有機ELディスプレイの機種をお使いの場合、画面焼けのリスクがあります。

特にナビゲーションバーは表示される時間が長いため、焼き付き現象を引き起こしやすいです。

ナビゲーションバーの部分が焼き付きとなった例。

焼き付きは、画素の劣化が原因となっているため改善は難しく、修理または買い替えが必要となります。

従って、事前に焼き付きを防ぐ3つの対策を知ってることが重要です。

  1. 画面表示を黒系統に変える
  2. 同じ画面を長時間表示しない
  3. 必要以上に画面輝度を上げない

例えばAlways On Display(アンビエント表示)を使えば、スリープ中も画面上に次のような情報を表示できます。

  • 時計
  • カレンダー
  • バッテリー残量
  • 通知
  • アラーム
消灯中にわざわざ電源ボタンを押さずとも、これら情報をチェック可能となります。
Always On Displayの説明

Always On Displayの例。現在時刻やカレンダー情報を常に表示できる。

画面焼けの基本情報から対策まで、詳細な情報は関連記事【Androidで画面の焼き付きを直す方法! スマホの液晶や有機ELの画面焼けを改善しよう】で解説しています。

Androidで画面の焼き付きを直す方法! スマホの液晶や有機ELの画面焼けを改善しよう
この記事では、スマホの画面焼けについて解説します。画面の焼き付きが起こる原因やその対策、改善方法を説明しています。

通常とは異なる手順で基本3ボタンを操作する方法まとめ

本記事では「ナビゲーションバーのカスタマイズ」がテーマとなっていますが、ここに配置される基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)は、ナビゲーションバー上以外から様々な方法で操作することもできます。

例えば、「Fingerprint Quick Action」というアプリを使えば、指紋認証で「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」押下時と同じ動作を実行できるようになります。

Androidの指紋認証に新しい機能を割り当てる方法! ジェスチャーを追加してアプリ起動や設定切り替えをしよう
Androidに搭載される「指紋認証」機能は主にロック画面解除で活躍しますが、別途アプリを導入すれば別機能の割り当てが可能です。 そこで本記事では、指紋認証リーダーを超強化する便利なアプリを紹介します。 Fingerpr...

また、「Assistive Touch」というアプリを使えば、iOS標準の「AssistiveTouch」機能をAndroidでも使えるようになり、仮想の「ホームボタン」・「戻るボタン」・「タスクボタン」を実行できます。

AndroidでAssistiveTouchを使う方法! iPhone独自機能をすべてのスマートフォンで再現しよう
iPhoneやiPadの「AssistiveTouch」機能をご存知でしょうか? AssistiveTouch を利用して、デバイスをコントロールしたり、ピンチ、複数の指でのスワイプ、3D Touch といったジェスチャの実行に役立てたり...

ほかにも基本3ボタンを操作するワザについて、詳細は関連記事【[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行】で解説しています。

[Android] 通常とは異なる方法で基本3ボタンを操作する方法まとめ! ホームや戻るを素早く実行
本ブログでも過去、Androidの基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)を通常とは異なる方法で操作する豆知識を紹介してきました。 普通は基本3ボタンが表示される「ナビゲーションバー」上より実行するのが一般的ですが、様々なアプリを...

ステータスバーをカスタマイズする方法まとめ

Androidではナビゲーションバーと同様に常時表示される領域としてステータスバーがありますが、その機能性や見た目を大幅にカスタマイズすることが可能です。

例えば最新のスマートフォンでは、ディスプレイ上部のステータスバー付近が凹んでいる”ノッチ”が採用されています。

ノッチの基本的な説明

Galaxy A20(左)とHuawei P20 lite(右)のノッチ。

ディスプレイを広く使えるメリットがある一方、見た目については好みがはっきり分かれます。

このノッチは、様々な方法でオン/オフを切り替えることが可能です。

例えばNacho NotchのアイコンNacho Notchというアプリを使えば、ノッチが消えたようなディスプレイ表示へ変更できます。

(右)ステータスバー周辺が黒くなりノッチが目立たなくなる。

逆にNotch Phone XのアイコンNotch Phone Xというアプリを使えば、ノッチ非搭載機種でもディスプレイに再現できます。

Pixel 3a XLでノッチを再現した例。

より詳細な手順について、関連記事【Androidでノッチ表示を切り替える方法! スマホのステータスバーから切り欠きを隠そう】で解説しています。

Androidでノッチ表示を切り替える方法! スマホのステータスバーから切り欠きを隠そう
この記事では、Androidでノッチを隠す or 追加する方法を解説します。またノッチの基本情報やメリット/デメリットも説明しています。

 

〆:ナビゲーションバーを自由にカスタマイズしよう!

以上、Androidでナビゲーションバーのカスタマイズ方法まとめ! 画面下ボタンの見た目や機能を変えよう の説明でした。

Androidのナビゲーションバーは常時画面上に表示される場面が多いため、今回紹介したアプリで見た目や機能面を自分好みにカスタマイズすることで、より使い勝手が向上してオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Androidヘルプ – Androidスマートフォンを使いこなす

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして。いつも拝見させていただいております。
    当方,SH-M08を使っておりますが、最新版のAndroidバージョンにアップグレードするとナビゲーションバー自体がなくなりスワイプ操作(ホームに戻るは下から上など)になるようです。
    この場合でもバージョンアップしてもナビゲーションバーを再表示できるのでしょうか?

    • どのナビゲーションバーを適用するか、選択するメニューが設定内に存在すれば、再表示できると思います。

      ただ、この部分は端末メーカーの方針によって様々で、ボクがSH-M08を持っておらず未検証のため、確かなことはわかりません・・・

  2. マッチ より:

    とても丁寧な説明で、大変助かりました。

    本当にありがとうございます。

    また、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました